筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No.2007.10.002

Field Date                    16.October.2007  
Field Time                    20:30 ~ 23:30  
Sea Bass Size               -  
Field Place                   筑後大堰下流域 筑後川  
Field Information          中潮 
(三池)  晴



昨日10月の1本目を何とか上げて少し気分が上向きでフィールドイン。中潮の最後の潮でゆっくりと上がってくる非常にいいカンジの潮周り。しばらくキャストするも反応なし。例年よりもボラなどベイトの数が極端に少ないように思える。急に秋らしくなって水温が急激に低下したからなのか、筑後大堰の佐賀県側の第1ゲートが改修中で水の落下がなく水流が変わったからなのか?ちょっと図りかねる。(まあ、自然とはそもそも図りかねるものなのですが・・・)しばらく膠着状態が続いたが、バイブレーションを沖へ向けてキャストし、上中層を意識しながらリトリーブすると、着水から3分の1くらいのところで、「コツン」とした小さな違和感。すぐにリトリーブを止めて、一拍おいて、大きくアワセると、「バシャバシャバシャ」とファーストジャンプ。何とかかわせた。「70UP確定・・・」と思える手応え。すぐに岸側へ走ってきながら、頻繁にジャンプを繰り返す。岸側でステイしながら、ヘッドシェイクと沖へ突っ込むことを繰り返すが、なかなか浮いてこない。本当になかなか浮いてこない。これは「80cmオーバー!」と確信。そうこうしているうちに、友人にもヒット。久々のダブルヒットとなった。友人は80cm 3.5kgを無事キャッチ。こちらは、やっと浮いてきてライトに照らしだされた魚体は、間違いなく80UPのものだった。もしかしたら、「90に届くかも・・・」。しかし、フロントフック1本が口角に辛うじて刺さっているのを同時に確認していた。最期の力を振り絞って連続のジャンプ。足元まで寄せて、フィシュホルダーを口に入れようかとした、その瞬間、渾身のジャンプ。ラインスラッグがでてしまい、そのまま、外れてしまった。しばらく、そこに魚も漂っていた。「はあ・・・」放心状態。最後の最後で痛恨のフックアウト!そのまま沈没して戦意喪失。原因は手前でのやり取りで、右に左に動かれたことによる切返しが多かったことと、フロントフック1本だったこと。もしかしたら、テールフックも口の中だったのかもしれないが、やりとりの途中で外れたのだろう。大きな代償を払ったが、フィールドはたくさんのことを教えてくれた気がする。(かなり負け惜しみでしょうか・・・?)逃げた魚は限りなく大きく、いずれにしても大きなショックと喪失感を引きずり、考えさせられる一戦だった。



Tackle   
Rod                     Daiko Premier PRST-113L  
Reel                    Shimano TwinPower 4000  
PELine                Gosen GL-716B Arche PE SaltWaterGame 20Lb.(♯1.5 ) 150m   
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size8  
Shock Leader       Daiwa Morethan Shock Leader Type N 20Lb. Nylon Line  
Lure                    Vibration



スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/10/16(火) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<File No.2007.10.003 | ホーム | File No.2007.10.001>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/55-d3c95f9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ