筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

File No.2010.05.007

Field Date                   28.May.2010
Field Time                   22:00 ~ 02:00 
Sea Bass Size              70cm 2.0kg  68cm 2.0kg  
     
Field Place                  筑後大堰下流域  筑後川

Field Information          大潮 ↘
 (三池)  晴



満月の月光の下での連発・・!! 


ジグメソッドを確立させて、すぐに30cm程度のエツを釣友がスレで釣っていたので、今年のエツの溯上を実際に確認できていた。
そのエツ溯上を実感すべく3連発後にはバイブレーションゲームを敢行した。
2夜連続でヒットはさせたが、残念ながら一夜目には久しぶりに眼前で見ることができたスパイラルジャンプ(有明鱸が魚体を捻りながら垂直に高いジャンプをおこなうこと)で見事にフックアウト!!
二夜目は足元で止めたバイブレーションにヒット!!
十分に送り込んで、渾身のアワセ・・・が強すぎて最悪のアワセ切れ・・・!?

そんなことを行っているところに最近の大雨と増水・・・!!

釣友はその増水のおさまり際に5連発を叩き出していた。
(掲示板:「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」とタックルハウス 参照)

http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php

こちらは増水時はフィールドインするタイミングを計ってはいたが、思うようにフィールドインできずにいた。
ほぼ、増水が収まった頃に、大潮でなかなか掴みづらいフィールドコンディションの中でやっとフィールドに立てるようになったのが、晴れの満月の夜。
某雑誌で満月の月光下では何故か釣果があがらないようなことを実しやかに記述していたが、残念ながら、ここ筑後川ではそんなことはない・・・(笑)

晴れの満月の夜なので、恐ろしく明るい。
ライトが不要なくらいだった。

フィールドは大潮の潮の下がり具合から決め撃ちし、メソッドもジグ・メソッドと決めてフィールドインする。

フィールドは増水がおさまりかかっており、ほぼ平静を取り戻しつつある状態。
しかしながら、水面は至って静かであって有明鱸がいる気配がない。

ふと水温を見ると最近より2℃程下がっていた。

「必ず、ここにいる・・・!!」

と確信を持って、ジグで撃つ。

リトリーブで抵抗をかけると、比較的大きめのジグはバタバタと波動を出しながら、比較的表層を泳いできている。

「思った通りのレンジキープ・・・!」

自分がルアーを操るうえでいくつかのファクターはあるが、だいたい主要なファクターは以下の4つと考えている。
 ① レンジ  
 ② スピード
 ③ トレースコース(進入角度とルアーヘッドの向きなど含む)
 ④ ルアーの持つ基本機能(アクション)

①がマッチングすれば反応することもあるし、すべてが揃わないと反応してこないシビアな状況もある。
それはその時のフィールド状況による。

そういう意味では、自分の感覚的には本日は①②③が自分の思ったとおりに揃っていた。

そしてフィールドはそれに応えてくれた。
流れのヨレに差し掛かったジグが不意に止まった。

「レンジは浅い。根掛かりの可能性はない・・・!」

次の瞬間に、ヘッドシェイクの感覚が50m先のラインから伝わってきた。
大きくアワセを入れると「グンッ・・・!」と引き込んだ。
何度かの派手なジャンプと元気のいい突込みを捌いて、ランディングポイントへ誘導。

がっちりとオーシャングリップでキャッチ。

20100500701.jpg


70cm 2.0kgの筑後川の有明鱸・・・!!
少し痩せたカンジだったが、元気いっぱいで楽しませてくれた。

20100500702.jpg 


アシスト2本ががっちりと下顎に掛かっていた。
草の上で撮影すると温度差が少ないためか、有明鱸は不思議と暴れることが少ない。
魚体への影響も少ないようである。
そのため、自分の画像の背景は草の上であることが多い・・・というより草の上を選んでいる。

さっさと撮影して、さっさとリリース。
もともと元気なので、さっさと帰って行ってくれた。

無事、有明鱸が筑後川へ帰っていってくれた満足感に満たされながらフィールドに戻ると時合が終わっていたような気配。
数投してみて、フィールドを移動する。

次のフィールドも状況的には何も変わらず、目立った気配はなかった。
しかしながら、数投目のジグの着水からのスイムへの立ち上がりに早速、ヒット。
何とか足元まで誘導したが、掛かりが浅く、無念のフックアウト!!

気を取り直して、ジグを変えて、少しジグを暴れさせ気味にリトリーブするとダウンストリームの流れのヨレでまたジグが止まった。
アワセを入れると「ジャバジャバジャバ・・・!!」と水面が割れた。
元気よく派手なジャンプとヘッドシェイク、突込みをみせて楽しませてくれる。
このくらいのサイズが「楽しむ」という意味では、もっとも安心して楽しめる・・・(笑)
そうした「楽しみ」を噛みしめながら、オーシャングリップでがっちりキャッチ。

20100500704.jpg


アシストフックを装着するのを忘れていた・・・(爆)
68cm 2.0kgの筑後川の有明鱸!!

20100500705.jpg


少しやせ気味だが、綺麗な魚体である。

20100500706.jpg


珍しく上唇に2本フックが貫通していた。少し危ないフッキング・・・(汗)
すぐにリリースすると少し回復に手間取ったが、ゆっくりと筑後川へ帰っていった。

少し時間オーバーだったが、本日は有明鱸の引きを「楽しめた」。

そしてその後は、ゆったりとした流れを横たえる筑後川を眺めつつ、ゆっくりとフィールドアウトした。


少し眠いカンジでの帰りの車の運転中には、道路を横切る「狸」と「狐」・・・!!
そうこの筑後川と筑後川河川敷周辺には有明鱸も含め様々な野生動物が生息できている。

「昔に比べると魚が減った」など聞き及ぶこともあるが、
こうしたまだ豊かな環境がこれからも守られていくことを切に願いながら、
そして「狸」や「狐」、「鼬」や「猫」などを事故にあわせないように気をつけながら、車を走らせて帰路についた。



Tackle
Rod                 Shimano GAME AR-C S906L 
Reel                Shimano 08 Stella SW 4000 PG + 10 Stella 4000S Spool 
PELine             UNITIKA SilverThread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Duel Sea Bass Leader 30Lbs. Fluoro Carbon
Lure                Jig    
  




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日にブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更。
2010年1月1日に掲示板名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更。


筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  
スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/29(土) 15:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<File No.2010.05.008 | ホーム | File No.2010.05.006>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/329-9c53b733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。