FC2ブログ

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

2009年12月の回顧

2009年の12月は、筑後川ではノーキャッチという厳しい結果。 

毎日のリバーウォッチは続けている中で、まったくいないという訳ではないにしてもかなり魚影が薄いのは確かのようである。
有明鱸はどのタイミングで有明海から筑後川へ帰ってくるのか・・・? 
このことは来年早々にはきちんと確認すべきことのひとつだと考えている。


2009年を振り返ると筑後川本流での有明鱸のキャッチは約50本を超えたくらいのところだろう。
例年よりも10~20本程度は少ないかもしれないが、振り返ると今年はそんなにガツガツ釣ってはいない。

フィールドインする前の自分のプランとフィールドの状況が完全に一致した「必然」の釣行自体が堪らない快感であり、そんな時は数よりも「一致」の確認のために一本が出た時点で満足であり、それ以上は釣ったとしても惰性であり、初めの一本でフィールドアウトすることも多かったように思う。
とは言え、フィールドの状況と自分のプランが完全に一致した釣行は年間でも5回程度と言ったところでまだまだ少ない。
少しずつ筑後川フィールドのパズルが解明されつつある途中と言ったところなのだろう。

そして掲示板「筑後川 鱸(シーバス)紀行」を立ち上げたことで仲間とのフィールドのバトンが繋がり、パズルの解明に大いに役立つと同時に仲間との意識の共有が図れたと思う。

2009年シーズンでもっとも印象に残ったことは、「さやはる」さんの「Rapara F9」でキャッチした90オーバーの一本である。
もちろん、自分がキャッチした2本の100cmもインテンショナルにキャッチした90オーバーもあるのだが、ある程度は遠投しないとゲームにならないと言われるこの筑後川フィールドの今までのそうした常識を完全に覆す、筑後川本流での「Rapara F9」でキャッチした90オーバーの一本は自分にとってもさすがに驚愕だった。
と同時に、今まで自分達がやってきたテーマのひとつでもある「遠投しなくても釣れる」ということを完全に立証した大いなる価値ある一本だった。

「さやはる」さんは多くを語らない。
語る前にフィールドに立ち続けている。
嘆かわしい事実だが、最近の風潮なのか?フィールドには立つことなく「あれこれ」言う方々が何と多いことか・・・?

「答えはフィールドにしか存在しない。」 

フィールドでの気付きやフィールドからのフィードバックからしか学ぶものなどない。
それをスポイル(省く)していくら釣ってもそして語っても無駄なのである。


最近、つくづく思うことは、釣りの技量を計る上でもっとも重要なのは高価なロッドやリールや装備ではなく、お金では買えないような経験値に基づいて身に付けた「技」なのだということ・・・。
たとえダラダラと10年やそれ以上「釣り」の歴だけを重ねていても、僅か2年の中身の濃い釣り歴に敵わない。
そうしたことが顕著にみられる現象のひとつが「結束」なのだと思う。
そう、針を結ぶ・ルアーとの結束・ノットを組むなどなど、結び方は何でもいいがそうした「結び目」、リールをはじめとした道具の手入れやキャストなどに表れるフィールドでの所作などお金をかけても獲得することはできない身に付いて修得したことこそがそのアングラーの力量を計る唯一のバロメーターであり財産なのである。

ステラやイグジストなどいくら高級機種のリールを使っていても明らかなオイル切れでキコキコさせているのはみっともないことこの上ない。

2009年も今日が大晦日である。
賛否様々あると承知している自分の考え方やスタンスを記述したこんな拙いブログをお読みいただいた読者の皆様に感謝するとともに、来たるべき2010年も有明鱸との出逢いの機会を得るためにも、引き続き、フィールドに対しては「謙虚」に筑後川の朽ちかけた一本の杭のようにできる限りフィールドには立ち続けたいと思っています。

皆様、よいお年を・・・!






2009年5月1日にホームページ「陸っぱり疑似餌研究所」「筑後川 鱸(シーバス) 研究」を更新しました。

筑後川 鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 鱸(シーバス) 紀行」への釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑

 


Blog Ranking 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。 
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
スポンサーサイト



テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/31(木) 22:00:00|
  2. Comment
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<File No.2010.01.001 | ホーム | File No.2009.12.005>>

コメント

明けましておめでとうございます

2009年はたいへんお世話になりました。
大晦日から元日にかけて筑後川にフィールドイン
してきましたが、特に異常も無く、いつの間にか年越ししてました(笑)
今年も納得の一本を求めてフィールドに立ち続けましょう。
今年も宜しくお願いします。
  1. 2010/01/03(日) 00:03:07 |
  2. URL |
  3. さやはる #okk6IYws
  4. [ 編集]

こちらこそ・・・

新春早々 コメントありがとうございます。

先ほど「鷹島」から帰還しましたが、
何とか「エソ」キャッチできただけで、異状ナシでした・・・(笑)

ほとんどはこんなんばっかりですが・・・(笑)
今年もよろしくお願いします。
  1. 2010/01/03(日) 22:22:48 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/299-106b24ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ