筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No.2009.09.005

Field Date                      27.September.2009
Field Time                  01:00 ~ 05:00    
Sea Bass Size         75cm    4.0kg 
 
Field Place                   筑後大堰下流域 筑後川
Field Information             小潮  ↘ 
(三池)   晴    



 


執念の一本 !
「ランカーショック」から Come Back 
 

土曜日(9/26)の午前中に釣具屋さんに立寄り、そのまま潮まわりの悪い夕方の仮屋湾に立ち、予想通り2バイトノーキャッチにて撃沈。
リフレッシュのため途中で立寄り湯に寄って、そのまま筑後川へ・・・。
潮汐差のない上げの時合は何事も起こらず撃沈・・・!
下げの時合で釣友と合流し、何度かのショートバイトを経て、釣友が60cm台をキャッチ後に何とかキャッチ・・・!

執念の一本。
早く「ランカーショック」からの立ち直りを掴みたかった。
今の自分にとっては、70も80も90も100も貴重な一本であるのだが、通過点でしかないのも事実。
どうしても意識はしていなくても、ランカーキャッチ後にはキャッチできないラグが存在することが多い。
今回もそんなカンジだった。

それを払拭するためには何とかどうしても今日はキャッチしたかった。

上げの時合は潮変わり前の小潮で潮汐差が少なく上げ圧力が弱く、上流から下流の弱い流れが主で、珠に澱み、思い出したように少し上げてすぐに下げに変わるような掴みづらい流れ・・・(泣)
結局、潮を掴み切れないまま上げの時合は何事も起こらずに終了してしまった。

下げの局面に入り、釣友と合流する。
下げは比較的素直に上流から下流への素直な下げの流れが主体で珠に澱んではまた下げるを繰り返していた。

フィールドをよくよく観察すると、水面に弱いベイトの波紋が出ていた。

ジグミノーを通すと、自然で綺麗なトレースラインを描いた時だけショートバイトで反応してくるが、のらない。
「居る・・・!」
フローティングミノーなどに変更しても同様で、自然で綺麗なトレースラインを描いた時だけショートバイトで反応してくるが、のらない。

そんなショートバイトでのらない状況を経て、釣友がフローティングミノー???でバイトに持ち込み、60cm台を無事、キャッチする。

そんな状況で自分のタックルボックスを見直すと、3~4年前の10月中旬によく使用し、よく釣ったシンキングミノーが目にとまる。

20090900504.jpg 


「タイトスラローム」
港湾用に開発された移動重心を備えたシンキングミノーだが、そのフォルムから飛距離がイマイチなところで最近、疎遠になっていたルアー。

このシンキングミノーをチョイスし、ドリフトをかけてみる。
「コツン」とショートバイトでのらない。
上流側からゆっくりと動かしながらリトリーブするも無反応。
そんな形で4投してもバイトが拾えず、そろそろスレたか・・・?と思い、思い切って、ダウンストリーム気味に流して水噛みさせて動かしながらトレースをとると・・・

「コツンッ・・・」

反射的にラインテンションを緩めると、ラインが走った。
「バイト・・・!」
意識的に「短く」「強く」「一発」アワセを入れると・・・
「ゴクンッ・・・」 とのった。
次の瞬間に、有明鱸はゆっくりと浮上し始め、
「ザバ ザバ ザバッ・・・・」と派手なファーストジャンプ。
すぐに手前に寄って走って来ると、ライトに反応して横走りを始める。
岸寄りでこちらを確認すると、暴力的な沖への突込みをみせる。
何度も何度もその暴力的な沖への突込みをみせる。
その1スパンの距離が半端なく長い。
「凄い、パワー・・・」 と感心しきり・・・。
やっと、一旦、浮きかかって岸寄りに詰めたのにゆっくりと反転してまた沖へと突込む。
「スタミナも半端じゃない・・・ね」
パワフルな消耗戦を制して、やっと浮いてきた有明鱸をオーシャングリップでがっちりキャッチした瞬間・・・フックアウト(汗)

「よかった・・・?!」 何とか無事、キャッチ

20090900501.jpg 


75cm  4.0kgの筑後川の有明鱸。
その真っ黒な尾鰭は有明海から溯上してきたばかりを示してくれている。

20090900503.jpg 


75cmもありながら微かにダップル(黒点)を残す個体。
そのフォルムは見ようによっては、ヒラスズキにも見える。

20090900502.jpg 


そのバランスのとれた美しい魚体は惚れ惚れする。
真に「秋の有明鱸」
コンディション抜群である。

かなりの消耗戦だったので、リリースを試みるも難航するかと予想したが、割合とスムースに筑後川へ帰って行ってくれた。

「ランカーショック」からの立ち直りも然ることながら、最近の筑後川のもう一度チャンスがありそうな胎動は嬉しい限りである。 

それにしても、今年の筑後川の有明鱸は筑後川と有明海の行来きが本当に激しい。

これも都合のいい時だけ、フィールドに通ってはわからないことであり、釣れずともフィールドに立ち続けることでしか総合的に理解も判断もできないことである。

これからも「わかったような」気になる事なく、謙虚にフィールドに立ち、この筑後川フィールドの「真実」を見極めていきたい。

釣れずとも、短時間でも、時間の許す限り、この筑後川
フィールドに立ち続け、佇んでいこうと思う。





Tackle
Rod                 Shimano Game AR-C S1006L 
Reel                Shimano 09 TwinPower Mg 4000
PELine             UNITIKA SilverThread SaltWater-PE 25Lb.(♯1.5 ) 200m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Daiwa Morethan ShockLeader Type F 25Lb. 

Lure                Sinking Minnow






最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

 


筑後川 鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 鱸(シーバス) 紀行」への釣行投稿を引き続き募集しています。

2009年5月1日 ホームページ「陸っぱり疑似餌研究所」更新。




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 

スポンサーサイト
  1. 2009/09/27(日) 16:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<File No.2009.09.006 | ホーム | File No.2009.09.004>>

コメント

はじめまして!
ブログの訪問暦から来てびっくりしました。

某釣具屋のクボケンさんから
シンペンしか使わない筑後川に特化した凄いシバス師がいる!というウワサを聞いて、そんな凄い人どんな人だろう。。。とずっと思っていました^^

ブログの写真を見てびっくり!
釣具屋に貼ってあったメーターシバスは
筑後次郎さんの釣ったヤツだったんですね。。。

アタクシも筑後川シーバスはたまにやるんですが
1バラシで結局まだつれていません。。

どちらにせよちょくちょくお邪魔させていただきます^^
できればリンクもしていただくとうれしいです。

アタクシはまだペーペーですが
例の釣具屋・現地でお会いできたら
色々とお話きかせてください^^
  1. 2009/09/28(月) 18:38:22 |
  2. URL |
  3. よっすぃ #-
  4. [ 編集]

「よっすぃ」 さん

こんにちは・・・。
Blog「Run!Gun!行こうぜ!~福岡でシーバスを釣れ!~」の「よっすぃ」 さん
コメント ありがとうございます。

> 某釣具屋のクボケンさんから
> シンペンしか使わない筑後川に特化した凄いシバス師がいる!というウワサを聞いて、そんな凄い人どんな人だろう。。。とずっと思っていました^^

いくつか・・・? 確認を・・・(爆)
結果として、筑後川に拘ってはいますが、「シンペン」しか使わないことはありません・・・(笑)
ルアーにはあまり拘りはなく何でも使いますよ。

また、「凄いシバス師」ではありません・・・。


> ブログの写真を見てびっくり!
> 釣具屋に貼ってあったメーターシバスは
> 筑後次郎さんの釣ったヤツだったんですね。。。

たぶん、それはそうだと思います。


> できればリンクもしていただくとうれしいです。
こんな拙いブログでよければ・・・。


> 例の釣具屋・現地でお会いできたら
> 色々とお話きかせてください^^
フィールドでお会いできればいいですね。

こちらこそ、よろしくお願いします。

  1. 2009/09/29(火) 06:40:00 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集]

経験から以前使っていたシンペンの選択は凄いですね
たまには、お蔵入りしたプラグも見直さなきゃいけないですね

因みに筑紫次郎さんは釣行時にプラグを何本持参されますか?

私の場合は、プラグボックスごと持っていって、現場でプラグとカラーをチョイスして10本前後です。
  1. 2009/09/29(火) 16:03:18 |
  2. URL |
  3. びぅぃ #t50BOgd.
  4. [ 編集]

そうですね・・・?

「びぅぃ」さん

コメント ありがとうございます。


> 経験から以前使っていたシンペンの選択は凄いですね
> たまには、お蔵入りしたプラグも見直さなきゃいけないですね

本当にそうですね。
見直さないと・・・(汗)
何やかんやで、自宅にはルアーは200~300個くらいは貯蔵されている模様です。


> 因みに筑紫次郎さんは釣行時にプラグを何本持参されますか?
> 私の場合は、プラグボックスごと持っていって、現場でプラグとカラーをチョイスして10本前後です。

そうですか・・・?
なるほど・・・。

私の場合は、フローティングベストに入る大きめのルアーケース2個です。
それに詰め込めるだけ・・・ということになります。
大まかに季節によって入替えしていますが、ざっと30本くらいだと思います・・・(笑)
実際にフィールドで投入するのは、5~10本程度ですね。
  1. 2009/09/29(火) 22:51:04 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/277-f411b79d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ