筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

File No.2009.08.004

Field Date                      13.August.2009
Field Time                  19:30 ~ 22:30    
Sea Bass Size          75cm 3.5kg 
 
Field Place                   筑後大堰下流域 筑後川
Field Information             小潮  ↗ 
(三池)   曇    

 



「盆」も「正月」もなく・・・!


8月5日に西日本一といわれる筑後川花火大会の1万8千発の花火が夜空を舞って以来、調子の出ないというか・・・?全体的に筑後川に溯上してきていた有明鱸が何らかのトリガーによって有明海に抜け筑後川での魚影が薄いカンジで結果に繋がらない日が続いていた。
たぶん、そのトリガーのいくつかのファクターとしては「花火の爆音」「冷夏による例年に比べての有明海の海水温の上昇抑制」「大雨による有明海の塩分濃度の低下」などが類推されるのだが、そんな中にも何度かチャンスはあった。
しかしながら、悉くの無念のフックアウト・・・!
魚のサイズも50~60cm程度と小ぶりのようなカンジだったのだが、しっかりキャッチできないのはいかがなものか・・・?

悩み・・・そして考え始めると夜も眠れない・・・(笑)

地方によって多少は異なるのかもしれないが、北部九州地方は本日8月13日より「お盆」に入るということになる。
そんな「お盆」も「お正月」も関係なく筑後川フィールドに出撃してしまうのはまったくいかがなものなのだろうか・・・?と思いつつも単独で出撃・・・!(爆)

「今日こそは・・・!」との意気込みでフィールドインする。
小潮の干潮からのスタートであり、昨日まで吹き荒んでいた風は幾分、マシになっていた。
いつものバイブレーションを取り出して、ひたすら信じて投げ倒す。
流れやヨレを感じながら、バイブレーションを撃ち込む。
丹念に撃ちこむ・・・!

「釣り」は「釣れない」ものであり、ほとんどの場合は「釣れない」ところからスタートする。

そのうちに、たまたま「ヒット」し「ファイト」し「キャッチ」してしまう訳だが、次が続かないものだ。
特にこの筑後川は如何に「一本」をキャッチするかのゲームでありやすく、続かないことが当たり前・・・。
「今年は筑後川で有明鱸を釣る」と覚悟を持って臨んでも、ほとんどはあまりの釣れなさに諦めて「辞めるか」「他のフィールドへ移るか」のどちらかであることが多い。
この筑後川フィールドを難しくしているファクターは有明海の最大5m超の潮位変動や独特の生態系の中の固有種など数限りなくあげられる。

それ程、この筑後川フィールドの敷居は高い。

そんな事がほとんどなので、自分はこれから威勢良く「これから覚悟してはじめます。」的な決意表明はあまり信じない。

それよりも
「昨日も筑後川で3時間キャストし続けましたが釣れませんでした。」
「今日も筑後川で4時間キャストし続けましたが釣れませんでした。」
といった方が個人的にははるかに好感が持てる。

そうしたことがこの「筑後川フィールド」の現実であり真実だからである。

「釣れない」ことを恥じる必要は微塵もない。

それよりも「釣れなく」てもフィールドに立ち、その時間にフィールドから何かを掴み獲ることの方が大切なのである。
そしてそうした積み重ねの中で釣れた「一本」の有明鱸はサイズや大きさや本数ではない。
そのキャッチできた有明鱸が「自分にとってどうであったか・・・?」が大切なのであって「この筑後川では大きい方ではない」としてもそんなことは関係ないはずなのである。

背伸びする必要はない。

めげずに諦めずに続ければ、そのうち必ず有明鱸と出逢えるはずなのである。

そして今日もめげずに諦めずに撃ち続けた沖目のバイブレーションが僅かに上昇した時・・・
「ガツッ・・・」とひったくられたような待望の魚信(アタリ)。
ゆっくりラインをたぐって大きくアワセを入れると「ドンッ」と止まった。
ほんの一瞬だけ「時間」がとまった・・・!
そしてゆっくりと動き出した。
程なく水中でのヘッドシェイクが伝わってくる。


そしてラインテンションが少し強くかかった時・・・
「ジャバッジャバッジャバッ・・・ン!」
と空中で魚体を捻りこむ派手なファーストジャンプ。

PEラインは新品に巻き替えたばかり・・・何の不安も問題もない。
あとの懸念はフックアウトのみ・・・。
少しドラグを緩めて慎重にヤリトリをおこなう。
非常に元気で右に左に走りまわり、同時に沖への突込みを何度も繰り返す。
何度かの派手なジャンプを経て、やっと浮いてきた口元には上顎の固いところにフロントフックが引っ掛かっているだけのバイブレーションが確認出来た。
危ういフッキングでもちろん貫通などしていない。
ランディングポイントに誘導し、浮いた魚体を一気に足元に寄せてオーシャングリップで一発ランディング・・・!

20090800401.jpg 


75cm 3.5kgの筑後川の有明鱸。
真っ黒な尾鰭が有明海から溯上してきて間もないことを示している。

20090800404.jpg 


相変わらずメタボでパンパンのお腹である。
他の地方の鱸よりもはるかに重量があり、それに比例してのスタミナと激しいファイトは人を「虜」にさせるものがある。

20090800405.jpg 

撮影をすませ、リリースを試みるとヨタヨタと筑後川へ帰って行った・・・筈だった???

タックルチェックをすませ、キャストを再開する。

しばらくすると人影が近づいてきた。
「誰だろう・・・?」と少し警戒していると「さやはる」さんだった(笑)
「さやはる」さんと話をしていると少し下流で有明鱸らしい魚が浮いてきているとのこと・・・???

確認すると、さっきリリースした有明鱸だった。

「蘇生が甘かったか・・・?」

すぐにもう一度、蘇生処置を施す。

20090800406.jpg 


比較的元気だったのですぐに筑後川へ再度帰って行ってくれた。
きちんと蘇生処置したつもりでも生死をかけた有明鱸の消耗は予想以上に激しいことを再認識させられた。

その後はもう一本ヒットしたが、ヤリトリの途中でロッドティップが障害物に当たり、ラインテンションが緩んだその瞬間にファーストジャンプで敢え無くフックアウト・・・(泣)

相変わらず、
「バラシ病」は完治せず・・・・(汗)
にて小潮上げのフィールドをフィールドアウトした。

色んなことを教えてくれた久しぶりのこの一本。
こうしたフィールドでしか学べないことを積み重ねながら、できる限りこの筑後川フィールドに立ち続け、佇んでいきたいと思う。

 


筑後川 鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 鱸(シーバス) 紀行」への釣行投稿を引き続き募集しています。

5月1日にホームページ「陸っぱり疑似餌研究所」を更新し、
8月8日に「筑後川 鱸(シーバス) 研究」「Data Length Record」を更新しています。




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 


Tackle
Rod                 Shimano Game AR-C S1006L
Reel                Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool
PELine             UNITIKA SilverThread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Duel Sea Bass Leader 20Lbs. Fluoro Carbon
Lure                Vibration






最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/08/14(金) 01:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<File No.2009.08.005 | ホーム | File No. Rod - 002 (tackle)>>

コメント

まいどです。
僕はバイブレーション引きたい症候群になっています。
ぼちぼち帰ってきたのかもしれませんねぇ。
でも日照不足に違いは無さそうな雰囲気の天気です。
仕事を終えて週明けには戦闘モードです。ガツガツ釣りますよ。
  1. 2009/08/15(土) 00:01:37 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集]

全開・・・

毎度です。

今回は入れ違いになりそうですが・・・
週明けは、「ガツガツ・・・」 「ガツガツ・・・」 全開で釣っちゃってください・・・(爆)

昼にもっと夏らしく 「ジリジリ・・・」 「カンカン・・・」 照ってほしいところですが・・・???
  1. 2009/08/15(土) 10:55:04 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/268-c8518ab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。