FC2ブログ

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No.2009.06.002

Field Date                      07.June.2009
Field Time                  00:00 ~ 03:30  
Sea Bass Size         74cm  3.8kg
 
Field Place                   筑後大堰下流域 筑後川
Field Information             大潮 ↘
 
三池)  

 


「お久しぶりの一本」・・・?!

この3週間、釣友が遠征できる環境にあった(笑)ので、糸島サーフや有明海沿岸などに遠征を重ねていた。
結果は、釣友の60cm台の鱸(シーバス)のキャッチと筑後川での少々の「鰻」などと撃沈遠征・・・?の連続。(笑)
そして、ルアー開発の塗装設定をみんなで試行錯誤し時間を取られ、おまけに少し体調を崩し長引かせてしまっています。

例年6月に入ると筑後川水系では田植がはじまり、ますますの筑後川本流の水質の悪化が考えられるため、本当にまとまった雨がほしいところ。
筑後川フィールドが深いラグだったこともあって、温故知新で結果を出すために2年くらい前から使い込んでストックの無くなったバイブレーションを釣り具屋さんで取り寄せて戦闘準備を整備完了。

昨日(6/6)の朝から糸島サーフを徘徊していたのだが結果が伴わなかったこともあって、体調をおして単独で筑後川フィールドにフィールドイン。
フィールドは相変わらず水色は最悪なのだが、大潮の下げで適度に流れがでていた。

取り寄せたバイブレーションを投入するが、思った以上に潮圧と流れがあり、ミノーの方がいいようなカンジ。
しかしながら、今日から投入した取り寄せたバイブレーションと今日は心中しようと決めてた。
我慢して使い続けると、そのうちに流れが緩んでバイブレーションにちょうどいいカンジの潮圧になってきた。
「エツ」を意識してのバイブレーションの中層リトリーブにロッドワークで切り返しを加えることを試してみる。

何度も何度もキャストを重ねるが反応はない。
そのうちコウモリの猛攻がはじまる。

たまに雲の切れ目から顔をのぞかせる月の光にコウモリの乱舞が照らしだされていた。
生々しい「コウモリバイト」の連続。
そのたびにリトリーブの手が止まる。

「今日も駄目かぁ・・・?」

と諦めかけながらも、リトリーブに切り返しを入れたその時・・・
岸から30mくらいのところでコウモリバイトのような生々しいカンジじゃない違和感・・・!?
「ガツッ・・・」としたカンジではない。

ゆっくりとアワセをいれると、水面で「ジュボッ・・・」と反転。
グングン引き込むがドラグテンションをかけてもジャンプもヘッドシェイクもしない。
テンションをかけているので、すぐに手前に走ってくる。
そのうちに、「ガクッガクッ・・・」とフックが外れたり移動したりするカンジが伝わってきた。

ドラグを緩めてラインを出して走らせる。
それにしても魚の位置が近い。
そして相変わらず、目立ったジャンプもヘッドシェイクもしない。
しかし、その引きは紛れもなく「有明鱸」・・・!
引きがその重みよりも強いカンジ。

「これたぶん、スレ・・・?!」

それにしても魚種だけでもきちんと確認したかったので、ドラグを締めて浮かせにかかる。
水面に何とか浮かせた魚体は「有明鱸」で一安心・・・!
テールフックが鰓の下へ移動し、フロントフックが胸鰭の付根にしっかりフッキングした微妙なスレ掛り。
そこからお決まりの沖への突込みをかわしていなすとゆっくりと浮いてきた。
スレ掛りなので口を開かないことを予想したが、わずかに開いた口にオーシャングリップを捻じ込み一発ランディング・・・!
キャッチの後に激しいヘッドシェイクが待っていた・・・(笑)


20090600201.jpg 


74cm 3.7kgの丸々としたパワフルな「筑後川の有明鱸」。
たまに見かける頭の小さく筋肉質でアカメのような個体。
おそらく頭が小さいことからも74cmの魚体に対比すると年齢の若い急成長した個体と思われる。
ランディングしてからも元気いっぱいだった。


20090600202.jpg 


テールフックが鰓の下へ移動し、フロントフックが胸鰭の付根にしっかりフッキングしたちょっと微妙なフッキング。
しかしながら、ルアーヘッドが尾っぽを向いていることからも、十分反転しきってアワセを入れていることがわかる。

撮影を済ませてリリースしようとすると激しく暴れてのリリース。
リリース後はさすがに少し「くたっ~」としていたが、ゆっくりと筑後川へ帰って行ってくれた。

「ほっ」とする間もなくタックルの点検。
一本キャッチした後にアワセ切れするケースが多かったので、ラインは入念に点検する。
「やっぱり、擦ってた・・・!」
予想通り、3mくらいのところでPEが毛羽立っていた。
両手でテンションをかけると「プチンッ」と切れた。
「よかったぁ・・・!?」

この点検、習慣化しないといけないと痛感・・・!

今回は、うまく狙い通りに「有明鱸」に出逢えた。
これがコンスタントに続けることができるように筑後川フィールドに体調を見ながらもできる限り立ち続ける。





ホームページ「陸っぱり疑似漁研究所」改め「陸っぱり疑似餌研究所」「筑後川 鱸(シーバス) 研究」を2009年5月1日に更新しました。

筑後川 鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 鱸(シーバス) 紀行」への釣行投稿を引き続き募集しています。


 

Blog Ranking 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 

Tackle
Rod                 Shimano Game AR-C S1006L
Reel                Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool
PELine             UNITIKA SilverThread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Duel Sea Bass Leader 20Lbs. Fluoro Carbon
Lure                Vibration 
    
 


最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
 

 

 

 

スポンサーサイト



テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/06/07(日) 13:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<File No.2009.06.003 | ホーム | File No.2009.06.001>>

コメント

これはかなり僕好みのプロポーションです。
75cm前後で体高があって。背鰭が大きくてトゲトゲしていれば文句無しです。
僕もプロポーション問わず募集してるんですが…
なかなか返事がありません(涙)
  1. 2009/06/07(日) 23:48:06 |
  2. URL |
  3. さやはる #okk6IYws
  4. [ 編集]

「さやはる」 さん

毎度です。

珠に出逢うことのできるこのヒラスズキみたいで体の幅もあるこうした個体は他の地方では、ほとんど見た事がないので、有明鱸特有の個体ですかね・・・?

自分も、このタイプが魚齢的にも若いのか・・・?やんちゃでよく引いてくれるので、有明鱸の中で一番好きなタイプのひとつですよ。
  1. 2009/06/08(月) 20:01:14 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/246-e3ecfe03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ