筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No. Rod - 001 (tackle)

Category        Rod (tackle)
Name       GAME AR-C S1006L 
Produce     株式会社シマノ

Spec          自重220g  適合ルアー 6~35g  継数3本 
          グリップ長さ340mm  先径/元径1.5/13.0mm
          ステンレスフレームSiCガイド
         



「筑後川主力ロッド」
 

どの釣り具屋さんでも取扱いがあり汎用性抜群で入手しやすい製品をたくさん持ち、特にリールについての精密さはピカイチの株式会社シマノ。

ちょうど1年使い込んだこの相棒のロッド「GAME AR-C S1006L」もそのひとつ・・・!


RodAR-C.jpg 


慣れるまでには何度か折れたりというトラブルを抱えながらも、この1年の酷使に十分耐えてくれています。
ロッドとしての高弾性カーボンの特性は、この1年の酷使で、すでに失われている可能性が高いのですが、これから枯れて「いいカンジ」に道具として更に馴染み、その機能を発揮してくれるものと思います。

道具は使い倒してこそ、その真価が発揮され良くも悪しくも本当の意味での理解ができるものだと・・・考えていると同時に、自分自身が道具に馴染まされる現実も実感しています。


このロッドについては、たびたび本ブログ内でも印象は記述しているが、簡単にまとめると・・・

3本継の#1と#2でベントを形成しているようなファーストテーパーのロッドできれいなベントカーブではない癖のある感じのロッドだが、軽くキャストしてもそこそこ飛距離が出てくれる。

キャストにおいては、ガイド絡みなどのトラブルが少ない。
キャスト以外のところでは、ガイド数が多くラインのガイド絡みが多い。

別売りの可変式(2分割)バランスウェイトで持ち重りの軽減とタックルバランスの調整が可能。

リールシートがダウンロック式であり、リールの安定がよい。

グリップが比較的「細く」「短い」ので、慣れが必要である。

総評すると、サーフでの遠投用投竿のようなテイストで一般的なシーバスロッドのテイストとは少し違うカンジがしている。
一応、ライト設定なので、#1は追随性がよく、かつ#3は「M」クラスのバットパワーを持ち合わせており、筑後川の平均70cm 3.0kgの有明鱸相手ではちょうどいいくらいのバランスを持ち合わせている。

実際のキャストでは、20gくらいのミノー、ジグミノーやバイブレーションが一番いいカンジで飛び、30gくらいまではロッドが負けることはあまりカンジられない。

しかしながら、24g以上のヘビーウェイトバイブレーションの水中での操作性にはさすがに疑問が残る。
もちろん、底取りして「リフト&フォール」くらいは楽々こなしてくれるのですが・・・!?

正直に言えば、ここ数年挑んできた筑後川フィールドに対しては、それぞれの季節及びフィールドの特性によって、それぞれ個性と特性の違うロッドを専用に使い分けたいと思うのだが、最終的に、筑後川での1本で攻略するためのロッドとしては、費用対効果を考慮しても「GAME AR-C S906L」とあわせて十分にお勧めできるレベルであると考えている。

たとえば、冬の「バチ」抜けのパターンでは、9.6フィートくらいの港湾専用設計のような柔らかでしなやかなロッドが適合すると思う。
具体的には、「UFMウエダのSPS」や「ダイワのモアザン」など・・・。
また、足場が低く小場所でバックスペースが取れないようなところでは、8.6フィートくらいでMLくらいのロッドが欲しくなる。
具体的には、「シマノのAR-C S806L」など・・・。

もっと強いロッドで飛距離が欲しければ「FCLLABのUC」など・・・・。

現状のスタイルならば「UFMウエダのCPS」など・・・。

ただ、現状でオールシーズンの筑後川筑後大堰下流域全域をターゲットとして考えている中では、すべてに専用ではなく、ある程度対応できるロッドが必要であり、追々、必要なロッドを導入していくことになるのだろう。
そのひとつが、今年より導入した「メジャークラフトのトリプルクロス962M」である。
掛かった有明鱸を障害物から引っ剥がしたり、ヘビーウェイトバイブレーションを引き倒したり、陸っぱりからの中小型青物狙いなどといった「パワーゲーム」を目的としての導入だが、その印象などは、また次の機会としたい。


ただ「釣り」の初源的なことは何よりも「フィールドに立つ」ことであり、「フィールドに立ち続ける」ことだと思っている。

掲示板「筑後川 鱸(シーバス)紀行」2009年5月22日の投稿に至っては、\3,000-のロッドに\2,000-のリールにての筑後川の有明鱸70cmのキャッチ。

こうしたことが、道具云々ではないことを雄弁に物語ってくれているのではないか・・・?と自戒を込めて思う。





あくまで2009年5月現在の個人的な印象ですので悪しからず・・・!
 
 



八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合

もちろん、国内工場生産の青汁!

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑



にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。 
Blog Ranking 

 

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/05/29(金) 18:00:00|
  2. Impression(Tackle)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2009年5月の回顧 | ホーム | File No.2009.05.007>>

コメント

ARCはイイRODですね~、
3ピースであるのにも訳有りですので面白いと思います、
ただ、どうしてもシマノは外してしまうんですよね・・・
イイのは判ってますが、ただ単に変わり者なんですわ。
  1. 2009/05/30(土) 09:21:13 |
  2. URL |
  3. びぅぃ #t50BOgd.
  4. [ 編集]

「びぅぃ」 さん

Blog「入道に出逢いたくて」の「びぅぃ」さん

いつもコメント ありがとうございます。

いづれにしてもマイナーなロッドですから・・・(笑)
「シマノ」でなくてもいいんですが、具体的に記述しないとわかりづらい面が多いのでメーカー名及び商品名を挙げて紹介しています。
「筑後川」は恒常的にキャッチするとなると、一般的なシーバスカテゴリーよりは強めのセットになりますね。

「がまかつ」「チータ」もきれいなベントカーブでいいロッドですよね!
費用対効果も高い実用的で実戦的なロッドという印象です。

どうしても実釣においてハードな使用で酷使してしまうことを考えると費用対効果を考えてしまいます。
  1. 2009/05/30(土) 11:13:09 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/243-57671131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ