FC2ブログ

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No.2009.05.003

Field Date                      05.May.2009
Field Time                  02:30 ~ 05:00 
Rock Fish Size        15~20cm  3

Sea Bass Size        30cm     2本 
 
Field Place                  有明海沿岸
Field Information            若潮 ↗
 
三池)  

 


今月3回目の有明海沿岸調査 「甲烏賊」は何処へ・・・?

本日は、若潮まわりで単独で出撃。
ほぼ3日連続で出撃・・・。
それほど「甲烏賊」が食べたいのか・・・(笑)
またまた出遅れた「感」もあって、しばしのドライブをこなしてフィールドに到着。

いつもながら、毎日毎日フィールドの状況は違う。
本日は少しだけ「バチ」が出ていたのだが、「高速バチ」ではなく普通の「バチ」・・・!
3日前は大量の「高速バチ」、今日は少量の普通の「バチ」・・・?
「何が違うんだ・・・?」
何がファクターなのか・・・そして何がトリガーなのか・・・? 
自然とは本当にまだまだわからない・・・!

戸惑いながらもキャストをはじめると程なく上げの流れの切れ目で
「ググッ・・・」とジグヘッドを抑え込むような魚信(アタリ)。
一拍おいてアワセを入れると・・・
「バシャッ・・・バシャッ・・・」と水面が割れた。

20090500301.jpg 


お決まりの綺麗な30cmのシーバス。
そして足元のピックアップ寸前のジグヘッドを「コツンッ・・・」と引き込んだ。
そしてキャッチしたのは・・・

20090500302.jpg 


20cmの本命メバル・・・。

どうも有明海沿岸は、本格的に上げの潮が効いてくる前のモヤモヤしたカンジの時や上げの潮が中だるみした時から上げが効く寸前とかの時合がいいようにカンジる。
そうすると、やっぱり出遅れてしまっているのだ・・・(泣)

案の定、満潮近くまで魚信(アタリ)もなく過ぎていく。
そして、満潮前に中だるみした潮が再び動き出す寸前に、
ジグヘッドに「コツンッ・・・」と魚信(アタリ)・・・。
のってこないのだが、ジグヘッドのワームは思いっきりズレている。

「う~ん、何・・・?」

再度、同じコースをトレースすると、
同様な「コツンッ・・・」と魚信(アタリ)。
また、ワームだけズレてのらない。
同じコースをスローでドリフト気味で流すと
ジグヘッドを「コツッ・・・」と抑え込んだ。
一拍置いてアワセを入れるとのった。
何回も反応してくれる奴は・・・

20090500303.jpg 


やっぱり、15cmのタケノコメバル。
タケノコメバルは終了したと思っていたのに・・・。
有明海は本当によくわからない。
毎日毎日、状況が違う。
そして、同様のジグヘッドスロードリフトに

「コツンッ・・・」と小さく抑え込む魚信(アタリ)
アワセを入れるとだいぶ抵抗してくる。
下へ下へ引き込む。

20090500304.jpg 


キャッチしたのは、綺麗な20cmの良型タケノコメバル・・・。
まだ、タケノコ終わってないの・・・?

そして、満潮際にジグヘッドのスロードリフトに
「ググッ・・・」と割合、明確な魚信(アタリ)。
一拍置いてアワセを入れると水中で銀色の魚体が「ギラッ」と光る。
そして、「バシャッ・バシャッ・・」と水面を割った。

20090500305.jpg 


そう、30cmの黒点が鮮やかなダップラーシーバス。
有明海のシーバスは、氷河期の頃にまだ「タイリク」と「マル」が「種」として近い頃の交雑によって独自の生態系を創りだした「亜種」と考えられている。遺伝情報的には、≠「マル」であり、≠「タイリク」なのである。
少し解りにくいかもしれないが、
「マル」でない=「タイリク」ならば「タイリク」であり、
「タイリク」でない=「マル」ならば「マル」ということである。
簡単に言えば、「マル」でも「タイリク」でもない鱸の亜種の「有明鱸」と考えるのが一番順当なのだろう。
今回の1本目はダップルがほとんどない「マル」っぽいシーバス。

今回の2本目はダップラーの「タイリク」っぽいシーバス。
まったく同じ場所・同じサイズでキャッチした今回の2本の鱸の全く違う身体的特徴が顕著にあらわしてくれていると思える。
そしてこの「有明鱸」が筑後川の鱸なのである。

そして、今日もほぼ満潮 潮止りにて終了。
ウルトラライトのメバルロッド「エアライツ」では十分に楽しめたのだが・・・?
タケノコメバルはまだ終わっていない・・・の?

甲烏賊は何処へ・・・
今回は回遊すらなかった・・・(泣)

まだまだよくわからない有明海沿岸。
多種多様な魚種に翻弄され有明海沿岸調査も続くようである。




ホームページ「陸っぱり疑似漁研究所」改め「陸っぱり疑似餌研究所」「筑後川 鱸(シーバス) 研究」を更新しました。
ホームページ「陸っぱり疑似餌研究所」「筑後川 鱸(シーバス) 研究」は前回の「陸っぱり疑似漁研究所」の内容を踏襲しつつ、より確実にキャッチするための「Detail to catch」などを新たにコンテンツに加え、参照できるリンクをより緻密にしたりしています。
あくまで、我々の現時点での見解として編集しています。
御興味のある方は参照してみてください。
  
   
  

 
 

Blog Ranking 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 



Tackle
Rod                    MajorCraft AirLights AL-T762PE
Reel                    Shimano  07 Stella C3000S
PELine                Gosen GL-701 剛戦®Xsw 14Lb.(♯0.8 ) 150m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       FloroCarbon 6Lb.
Lure                   Jig Head + Soft Lure




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
 

 

スポンサーサイト



テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/05/05(火) 17:00:00|
  2. 有明海沿岸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<File No.2009.05.004 | ホーム | File No.2009.05.002>>

コメント

タ、タケノコメバルー!
なつかしの我が相棒~糸島を去ってこんな所に~
ってそんなことはないでしようが、いる所にはいますね。
ホントに海は分からないことだらけですね。

コウイカ。
エギ☆キラー!はいかがですか(爆)
  1. 2009/05/06(水) 10:39:49 |
  2. URL |
  3. shallowsniper #-
  4. [ 編集]

「shallowsniper」さん

いつもコメントありがとうございます。

そうなんです。
タケノコメバルなのです。
例年は4月中旬から甲烏賊が産卵を意識して中空を舞い、最後はペアリングしてたのが、今年はまだ舞ってこない。
そして、その頃になるとタケノコメバルは魚信(アタ)ってこないことが多かったんですが、今年はまだ魚信ってきますね。???
たぶん、甲烏賊は下げでもいいと思うのですが、メバル・タケノコは確実に上げですね。
下げだと途端に魚信ってこなくなる。

まだまだ、わかっているつもりなだけで何にもわかっていないようです(汗)

エギ☆キラー! の真価も含めて、有明海沿岸で検証遠征 お願いします(爆)




  1. 2009/05/06(水) 11:56:42 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集]

近いフィールドでも全く違う時合いってよく有りますね、こちらでも遠州灘に続く浜名湖は今までの概念が通用しない程の生態系が構築されているようです、自然って偉大だなぁと思う今日この頃です。
  1. 2009/05/06(水) 19:58:40 |
  2. URL |
  3. びぅぃ #t50BOgd.
  4. [ 編集]

「びぅぃ」さん

いつもコメントありがとうございます。

そうなんですよ・・・!
こんなに通う「筑後川」でさえ、毎年毎年違って読みきれませんから・・・(笑)
本当に自然は偉大で、謙虚にフィールドに立ち続けないと・・・と思います。
人智の及ぶ範囲など、たかが知れている・・・。

いつもフィールドに立ち続ける朽ちかけた一片の杭のようにありたいと思ってます・・・。
それにしては「邪念」と「殺気」が漲り過ぎてますね・・・(爆)
  1. 2009/05/06(水) 20:55:20 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集]

甲烏賊 行って来ました 有言実行w
 4名ほどで 5月5日 夜19時 出発 
場所 唐津 
アタック エギ エサ(撒餌 アンド あおむし) ルアー バイブ

20時30分 頃 到着 

さすがに GW 親子が多いし キャンプまでしてるw
 既に アジ子を付けて 釣ってる方 防波堤の先端に向けての ポイントなど あるはずなくw
一番 浅くて嫌なポイントに おっさんら 4人は 陣取ったw (会話表示 オイラ A氏 B氏 C氏としますw

エギ 初挑戦者が 二人 誘い方を 教え トライ
 30分程経過した時に ヒット ビギナーズラック
お おもい・・・ と 叫ぶ でかいおっさん(A)
 オイラが ひいてんのかぁー A ひいいてる B どうせ 根かってるべ C 走って見に行く
オイラ ビール飲んで 遠くから見てる。・・・・

なかなか あがってこず B ねがかりだってw
 A・・・・無言で格闘 C みてるw
バスロッドが これでもかって 曲がってるが 竿が動かないので オイラも ねがかってると 思い放置してたが 水面が 波打つ・・・ おや・

慌てて見に走る ヤジウマも 集まっており 見てると 甲烏賊でつねw Aおおおおおおおお Bおおおおおお Cおおおおお ヤジウマ おおおおおお
オイラ アセンナ 待て 引くな A 強引に引く
 まてって おい オイ A 強引に竿を立てる
完全に パニック 人の話を 聞かない・・・Bも 静止を促すが 関係無し
 案の定 バラシタ Aあぁ Bあぁぁ だから まてって
オイラも 待てっていってんだろ 水面に顔を出したら ゆっくり 寄せないと 重みがかかり ゲソ足だけ 釣れたりするのでつw

( こういった 会話を 車の中では 行いシュミレーションしてたのでつが まったく 人の話を聞かない Aはバカなのでw)

このあと シカトされましたwwwwww
 一方 C氏は エサづり ふかせづり 専門w
ハリは 二段で 青虫を付けて 遠投w
 しかし 時合が短い 最近の潮・・・ 相当むづかしいw 23時頃だろうか アジ子がヒット 時合いかと おもったが 続かず・・・

A氏が 来て 反省し話を聞き ようやく 釣り上げ方 道具を見て なるほどと 納得し エギングを 楽しんでましたw 

オイラはと言うと 腹黒www 時合いを見てましたw
 朝方に集中して行う事を 決めており 寝酒をのんでましたw

すると ヤジウマが 数人 話してきたなか 面白い青年が やってきましたw 24時頃ですw

聞くと 近くの飲食店で働いており 地元は唐津で松浦川の近くだと聞き おおおおっと シーバスの 話に もりあがったのですw 青年Dは さすがに 地元で かなり 詳しい漁師さんとも 知り合いが多くて 最近は まだ 烏賊きてないって 言ってました。 そして オイラ達が釣ってる場所も毎日みてるので 上げてる人が まだまだですよだってw
 
まぁーがんがるしか ないねって 話になり ところで 筑後川って 知ってますか? D有名ですよ
唐津の人間も わざわざ 遠征にいき チャレンジを 行っていると 話はじめましたwwwww
 結果は みんな撃沈だってwwww 
マツウラガワとは 違うんでつよw マツウラではみんな ガンガン上げてると 携帯を見せ写真を見せる 証拠だと いわんばかりにwww

いや 筑後川は 常識が通用しませんw
 一度 シーバス通信サイトがあるから ネット検索を かけてみてくださいと サイトを紹介しときましたw(オイラもまだ 釣ってないのに 偉そうに知っている情報を提供し)

結構話してましたね25時30くらいまで 話たでしょうかw オイラ以外は 釣りしてましたし。

そろそろ 寝ようかと 思ったら やはり 朝方狙いの 釣り人が どんどん 車で 来ます。 
 みんなも 眠くなり 車で仮眠・・・ 6時・・・・
熟睡してんなよ オイ みんなぁーー Cだけ 起きて早速 フカセヅリw サクラダイ20cmくらいでしょうかw
 時合い残ってる いけると 思ったのですが 乗せきれず そのあと 7時頃には 全員でエギ まわりも エギエギ 場所取してたところまで づかづか 入ってくる アホもおり あえなく 撃沈しましたwww

UPしたかったのに・・・無念・・・・・・ 話長いってなw
 長い=釣ってないからだねw 写真ないからだねw
スミマセンwww

しかし 時合い時間が 短い。。。まわりも 全然つってなかったし・・・ まだまだっていってた D氏の予想は 的中w

昼前に唐津を出発し 帰還14時 そのまま 眠り20時ころ 起きて ご飯食べて このサイトみたら UPしてんじゃんって 見ながら 睡魔に勝てず 22時頃には 就寝し今日の朝9時過ぎまで 爆睡してましたw

次から アジ子でも なんでも 釣ったら UPするように しますねw でも 言い訳なんでつがw 人が多くて 写真を撮るほどの 物じゃないじゃないですかw

恥ずかしいのでつよw 烏賊なら まだいいけどでつねw 

しかし 当分皆で海もいけないだろうし 個人でも いけないだろうなw
 今回の経験を次に いかしたいと 思う次第ですw

釣りって 金も時間も体力も知恵も いりますよねw
 まして 負けないド根性ねw (これ いるw
あと 食欲ねw(オイラ達みんなで 刺身くうぞーーって 釣りに行く前のテンションったらw

帰りの 無言と反省と 睡眠・・・・ この繰り返しも 大事にしたいでつw

長々と スイマセンでしたw

 では またw 

ちいさい おっさんよりw
  1. 2009/05/07(木) 10:59:41 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

「ちいさい おっさんw」さん

いつもコメントありがとうございます。

> 甲烏賊 行って来ました 有言実行w
> 思い放置してたが 水面が 波打つ・・・ おや・
> オイラ アセンナ 待て 引くな A 強引に引く
>  まてって おい オイ A 強引に竿を立てる
> 完全に パニック 人の話を 聞かない・・・Bも 静止を促すが 関係無し
>  案の定 バラシタ Aあぁ Bあぁぁ だから まてって
> オイラも 待てっていってんだろ 水面に顔を出したら ゆっくり 寄せないと 重みがかかり ゲソ足だけ 釣れたりするのでつw

残念でしたね。


> すると ヤジウマが 数人 話してきたなか 面白い青年が やってきましたw 24時頃ですw
> 聞くと 近くの飲食店で働いており 地元は唐津で松浦川の近くだと聞き おおおおっと シーバスの 話に もりあがったのですw 青年Dは さすがに 地元で かなり 詳しい漁師さんとも 知り合いが多くて 最近は まだ 烏賊きてないって 言ってました。 そして オイラ達が釣ってる場所も毎日みてるので 上げてる人が まだまだですよだってw
> まぁーがんがるしか ないねって 話になり ところで 筑後川って 知ってますか? D有名ですよ
> 唐津の人間も わざわざ 遠征にいき チャレンジを 行っていると 話はじめましたwwwww
>  結果は みんな撃沈だってwwww 
> いや 筑後川は 常識が通用しませんw
>  一度 シーバス通信サイトがあるから ネット検索を かけてみてくださいと サイトを紹介しときましたw(オイラもまだ 釣ってないのに 偉そうに知っている情報を提供し)

当ブログの宣伝 ありがとうございます。


> UPしたかったのに・・・無念・・・・・・
> 次から アジ子でも なんでも 釣ったら UPするように しますねw でも 言い訳なんでつがw 人が多くて 写真を撮るほどの 物じゃないじゃないですかw

「筑後川 鱸(シーバス) 紀行」への投稿は、筑後川でのルアーでの鱸(シーバス)釣行のみでお願いします。
逆に、筑後川 鱸(シーバス) 釣行であれば、釣れなくても投稿OKです。


> しかし 当分皆で海もいけないだろうし 個人でも いけないだろうなw
>  今回の経験を次に いかしたいと 思う次第ですw

そうです。筑後川でも同じです。


> 釣りって 金も時間も体力も知恵も いりますよねw
>  まして 負けないド根性ねw (これ いるw

「お金」はどうか?わかりませんが、フィールドに立つ「時間」を創って、挑む「体力」は必要ですね。
筑後川の場合ははじめは「ド根性」も必要です。
常識 通じないみたいですから・・・(笑)

くれぐれも、「筑後川 鱸(シーバス) 紀行」への投稿は「筑後川」での「ルアー」での「鱸(シーバス)」の釣行でお願いします。
筑後川よりの吉報をお待ちしています。
  1. 2009/05/07(木) 12:20:31 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/236-8701ecba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ