筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

File No.2009.05.001

Field Date                      02.May.2009
Field Time                  00:00 ~ 04:00 
Rock Fish Size        18cm  
2本
Sea Bass Size        30cm  4本
 
Field Place                  有明海沿岸
Field Information            小潮 ↗ ↘
 三池)  

 


月1回の有明海沿岸調査・・・?

本日は、小潮まわりで「東洋式疑似餌釣研究所」「Megaceryle lugub」氏とその奥様と有明海沿岸調査に向かう。

この季節、当初の狙いは「甲烏賊」「メバル」「タケノコメバル」だったのだが・・・? 

しばしのドライブの後、フィールドに到着すると何か変・・・?
確か、前回の有明海沿岸調査の際は、「東洋式疑似餌釣研究所」「Megaceryle lugub」氏がジグヘッドやワームを忘れ、戦意喪失気味だったのだが、今回は不覚にも自分が忘れた・・・。
さすがに、かなり凹んだ。
フィールドインする前から、戦意喪失気味・・・。

フィールドは風もなく適当に濁りがあって絶好のカンジ。
ゆっくり、潮もあがってきて適当に流れも出てきていた。

「Megaceryle lugub」氏からいただいた(ありがとう!)ジグヘッドにワームで攻めるも反応がない。
これは・・・と思い、スリットだけをピンポイントに撃つと程なく・・・

20090500101.jpg 


18cmの狙い通りのメバル。
そして同様に、丹念にスリットをピンポイントに撃つと小気味良い魚信(アタリ)。

20090500102.jpg 


同型の18cmのメバル・・・
しかし、何か変なのだ。
フィールドの状況及び季節もこの上なくいい筈なのにショートバイトでのってこない。
メバルは居るはずなのに、スリットなどにへばりついているカンジ。

「何だか変・・・?」

そう思って水面を観察すると見つけた・・・。
「バチ・・・!」
しかも、高速で移動している。
そして、大きさも長さも様々・・・。
筑後川で見る「バチ」は15~25cm程度の単一の「淡水バチ」なのだが、ここ有明海沿岸では様々な「バチ」を見ることができる。
そもそも、有明海は干潟の海なので、多種多様の「バチ」が大量にいることは容易に想像できる。
そして、その「高速バチ」を大量に見ることができるようになると、水面で微かなライズやボイルを確認出来た。

「何かいる・・・」

たぶん、この「高速バチ」を捕食しているフィッシュイーターが近くにいるから、メバルは警戒してバイトしてこないのだ。

そしてすぐに、その答えは出た。

「Megaceryle lugub」氏のジグヘッドとワームの表層引きに反応してきた。
水面で「バシャバシャ・・・」と暴れている。
そして「Megaceryle lugub」氏がキャッチしたのは・・・

20090500103.jpg 


約30cmのダップラーシーバス。
筑後川で釣れずにこんなところでシーバス・・・。
この後、「Megaceryle lugub」氏は同型のシーバスを5本ほどキャッチしていた。

そして、すぐに自分のジグヘッドとワームの表層引きにも・・・

20090500104.jpg 


同型30cmのシーバス。

そして、ジグヘッドとワームを忘れたので、60mmのシンキングペンシルにルアーチェンジすると・・・

20090500105.jpg 


またまた、同型30cmのシーバス。
満潮潮止りで、しばしの沈黙の後、下げの流れが出ると60mmのシンキングペンシルにまたまた魚信(アタリ)

20090500106.jpg 


30cmのシーバス。
さすがに少し魚が散ったカンジだったが、最後にもう一本。

20090500107.jpg 


30cmのシーバス。
ウルトラライトのメバルロッド「エアライツ」では十分に楽しめたのだが・・・?
何とも想定外のシーバスだった(笑)


しかし、もう筑後川では「バチ」は抜けていないが、やはり有明海では大量の「バチ」が抜けている。
今回は「高速バチ」を確認したのだが、容易に捕食できるこれら「バチ」を捕食するために冬に筑後川に入ったアフタースポーンの鱸(シーバス)が有明海に下ってもおかしくない。
今回は、そんなことを裏付けてくれるような有明海沿岸フィールドの「バチ」抜けの現場だったと思う。


ホームページ「陸っぱり疑似漁研究所」改め「陸っぱり疑似餌研究所」「筑後川 鱸(シーバス) 研究」を更新しました。
ホームページ「陸っぱり疑似餌研究所」「筑後川 鱸(シーバス) 研究」は前回の「陸っぱり疑似漁研究所」の内容を踏襲しつつ、より確実にキャッチするための「Detail to catch」などを新たにコンテンツに加え、参照できるリンクをより緻密にしたりしています。
あくまで、我々の現時点での見解として編集しています。
御興味のある方は参照してみてください。
  
   
  

 
 

Blog Ranking 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 



Tackle
Rod                    MajorCraft AirLights AL-T762PE
Reel                    Shimano  07 Stella C3000S
PELine                Gosen GL-701 剛戦®Xsw 14Lb.(♯0.8 ) 150m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       FloroCarbon 6Lb.
Lure                   Jig Head + Soft Lure      SinkingPencil




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
 

 

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/05/03(日) 13:00:00|
  2. 有明海沿岸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<File No.2009.05.002 | ホーム | 2009年4月の回顧>>

コメント

私はまだ「バチ抜け」を見たことがありませんe-263
想像するとキモそうですが、それが「高速」となると…v-12
ちょっとUMA的な物を想像してしまいました(笑)

タキジロウも立派なUMAですね?!
  1. 2009/05/04(月) 00:30:18 |
  2. URL |
  3. shallowsniper #-
  4. [ 編集]

「shallowsniper」 さん

いつもコメント ありがとうございます。

「高速バチ」は直線的な泳ぎで遠目には小魚みたいに見えます。
それで、よく見ると「バチ」・・・なんです。
撮影を試みたのですが、やはりうまく撮れませんでした。
夕まずめに満潮が重なった夜の下げ潮で近くに潟があれば、
「バチ」発生可能性大です。
たぶん、お近くでも発生しているかと・・・???

「高速バチ」より普通のくねくねした「バチ」の方がキモイのですが、
そんな多毛類が発生しているのを見て、「やったぁ、バチ抜け確定・・・!」って
喜んでいる我々の方がおかしいみたいです(爆)

「タキジロウ」は何処へ行ってしまったのやら・・・(泣)

追伸:ジグ型エギ☆キラーで 甲烏賊 捕獲 おめでとうございます。
    甲烏賊 見た目はアレですが、食べるとおいしいですよ。
    刺身にゲソ天・・・おいしそう・・・!!
  1. 2009/05/04(月) 07:50:51 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/234-39506846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。