筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

File No.2009.04.001

Field Date                      05.April.2009
Field Time                  01:00 ~ 05:00 
Rock Fish Size        10~18cm 
 5本
Field Place                  有明海沿岸
Field Information            小潮 ↗
 
三池)  

 


月1回の有明海沿岸調査・・・!

本日は、またまた長潮前で潮汐のもっとも小さい小潮まわりで、「東洋式疑似餌釣研究所」「Megaceryle lugub」氏と有明海沿岸調査に向かう。
本日は、はじめから欲張りな邪念に支配されていた(笑)。
「甲烏賊の刺身が食べたい・・・」「甲烏賊のゲソ天が食べたい・・・」「タケノコメバルの唐揚げが食べたい・・・」「メバルの煮付が食べたい・・・」という食欲に支配された邪念。
これって「釣り」じゃなくて「漁」じゃん・・・?
そもそも、あれやこれや「捕らぬ狸の皮算用」の時にいい結果のことがない・・・?

有明海沿岸調査のターゲットは、前回同様、ロックフィッシュと甲烏賊。  

フィールドへ行く前に、「さやはる」さんから筑後川でキャッチの連絡が入ったので、激励?(たぶん、妨害・・・。)も兼ねて筑後川へ・・・。

この1週間は非常に厳しい状況が続いていたが、仲間のキャッチはやっとラグが抜けた感じで、素直に嬉しかった。
それにしても、いつもながら「さやはる」さんの「センス」はもちろんなのだが、その「粘り強さ」と「集中力」には感服させられる。
筑後川フィールドは、条件が合えば連発もするが、それほど「釣れる」フィールドではない。
どちらかと言うと、常に如何に「一本」をキャッチするか・・・?の「釣り」になることが多く、それがこのフィールドが「アングラー」を選んでしまう最大の要因だと思う。
そして、単に「センス」だけでは筑後川フィールドを克服することはできず、どうしても「粘り強さ」が必須となる。
釣れなくても釣れなくても、めげずにひたすら筑後川フィールドに「挑む」。
この姿勢が必要であり、改めて見習わなければ・・・と再認識した。



そして、いつもの暫しの「Megaceryle lugub」氏とのドライブの後に無事、フィールドに到着。
フィールドは風もウネリもなくいい状況でゆっくりと着実に潮汐が上がってきていた。

しかし、暫しの沈黙・・・。

甲烏賊狙いの「Megaceryle lugub」氏の餌木にも反応がない。

水面には、メバルライズも見られ魚の気配はある。
しかしながら、プラグやワーム、カブラなどをローテーションし、レンジも上・中・下・底と探ってみるが何かが違うようでバイトしてこない。

丹念に、ワームで底をデッドスローで探っていると、突然「クンッ・・・」と引き込む。

「やっと、魚信(キタ)・・・!」

20090400101.jpg 


あがってきたのは15cmくらいのメバル。
そして、適当な間隔をあけて、同じサイズを何とか連発。

20090400102.jpg 


ワームへの反応はいいので、少し魚影が薄いようだった。
ワームを見つければ、高反応で食い込むカンジ。

有明海のメバルは潮汐が大きい関係で回遊性が強いように感じている。
そのため、魚信(アタリ)があると、しばらくは魚信があるが、そのうちパッタリと止まる。
これは、根魚であるタケノコメバルなども同じ傾向にあるようで、大きな潮汐にのって岸へ動いてくるような傾向。
ずっと、そこに居るカンジではない。
そのため、日によってムラが大きく恐ろしく結果が違うようにカンジている。
もちろん、甲烏賊などはスポーンに伴うシーゾナルなものであり、これはもっと「当り」「ハズレ」が大きい。

そして、本日は珍客来襲・・・!
デッドスローのワームが突然、下へ鋭く「キュンキュンッ・・・」と引き込まれた。
「タケノコメバル・・・?」と思いキャッチするが・・・?

20090400103.jpg 

  
タケノコメバルのようであり、ムラソイのようでもあり、たぶんどちらとも模様も色も違う。

20090400104.jpg 


体長は約16cm程のこの謎のロックフィッシュは・・・?

20090400106.jpg 


もしかして、「鎧メバル」・・・? 
カサゴの色が変わった個体なのか・・・?
ムラソイの色が変わった個体なのか・・・?
タケノコメバルの色が変わった個体なのか・・・?
はたまた、「鎧メバル」なのか・・・?

もしも、詳しい方がいらしゃったら、コメントなどで教えていただけると幸いです。 

その後もスリットから、

20090400105.jpg 


約15cmのメバルを引っぱり出し。
そして、同じようにスリットから、

20090400107.jpg 


小さなムラソイを追加して、満潮、潮止まりでフィールドアウトとなった。

結果、今回も甲烏賊の捕獲もなく、貧果に終わった。
しかし、ここ有明海沿岸のロックフィッシュはそもそもギャンブル・・・!なのだ。

しかし、いつになったら、甲烏賊の回遊があるのか・・・?
甲烏賊の刺身とゲソ天を食べたい・・・という飽くことない食欲に駆られて、 また有明海沿岸調査を継続すること・・・になるのだろうと危惧している(笑)。
 
   
 

 
 

Blog Ranking 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 



Tackle
Rod                    MajorCraft AirLights AL-T762PE
Reel                    Shimano  07 Stella C3000S
PELine                Gosen GL-701 剛戦®Xsw 14Lb.(♯0.8 ) 150m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Nylon 4Lb.
Lure                   Jig Head + Soft Lure




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
 

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/05(日) 20:00:00|
  2. 有明海沿岸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<File No.2009.04.002 | ホーム | 2009年3月の回顧>>

コメント

釣れない事には慣れてます

2005年からサーフでヒラメ、マゴチ狙いで始めたソルトルアーフィッシング。3年サーフに通って数える程しか釣れてませんので、センスがある方ではありませんね(笑)
それと、いつもわざわざ激励しに来ていただき、
ありがとうございます。妨害など、とんでもない。
あの時間でいつも集中力をリセットさせてもらってますから。
謎の魚は…ムラソイとメバルのハイブリッド!という
線はあり得ませんかね…?
  1. 2009/04/06(月) 00:30:41 |
  2. URL |
  3. さやはる #okk6IYws
  4. [ 編集]

いえいえ・・・!

いつも掲示板への投稿及びコメントありがとうございます。

釣れる「イメージ」をしっかり持ててるから、
フィールドに立ち続けられるのですね。

だから限られた時間でも結果が出る。

しかし、いつも柄の悪い2人に絡まれて大変ですね(爆)
これからも相手をしてあげてください。

よろしくお願いします。

そうそう、謎の魚は、「ヨロイメバル」という
希少種じゃないかと密かに期待しています。
でも、確信が持てないんですよねぇ・・・(笑)
  1. 2009/04/06(月) 02:04:29 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #-
  4. [ 編集]

Web魚図鑑見ると確かにヨロイっぽいですね~
メバルも色んな区分けができてますが、
分かりにくいですよね~、、、^^
  1. 2009/04/06(月) 08:24:43 |
  2. URL |
  3. しまじろう #-
  4. [ 編集]

「しまじろう」さん

コメント ありがとうございます。

「ヨロイメバル」っぽいんですけどね・・・?
なかなか決め手がなくて、
本当に分かりにくいんですよねぇ・・・。

  1. 2009/04/06(月) 17:32:44 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/224-8e601713
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。