筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年3月の回顧

2009年の3月は、今年1~2月に対応した早春のミノーを中心としたゲームが春の移り気な「鱸」の動き(本当はベイトの動き)に翻弄され、それを捕捉しきれずに結果として何とかランカーキャッチしたにとどまりました。 

筑後川におけるパターンメソッドは過去の傾向からもそのシーゾナルな面に左右され2週間から長くても6週間ぐらいが限界のように思います。
今回のミノーメソッドはこれからも使えるとは思っていますが、この桜の咲く季節には不向きのようです。(笑)
毎年、なぜか桜の咲いている期間はどの地域でも「鱸」の釣果があがってこない傾向があり、ベイトの移り変わりの時期と桜の咲く時期が重なるのかもしれません。

とは言え、毎年3月と11月は難しい月である傾向が出ていますので、この月を克服することがこれからの課題とも言えるのかもしれません。

毎年3月下旬の大潮まわりくらいから一般的な筑後川開幕といわれていますので、そろそろバイブレーションなどにも魚信(アタリ)があるようになるのかも・・・しれません。

3月後半からまた「一」から組み立て直しです。
フィールドの観察による「気付き」から、ベイトを探しあて、鱸の居場所とヒットパターンを掴みとるしかないと考えています。


20090302.jpg 


本ブログに関してですが、当然ですが、私の個人的な「想い」や「価値観」で書いています。
本ブログは釣具屋の店員さんのブログでもなく、どこかのテスターのブログでもないがゆえに、全くの遠慮もなく「道具」に関しても「アングラー」に関しても、自分の思ったことをこれからも存分に書いていきます。

「できる限り、筑後川フィールドの真実を伝えるために・・・。」

メーカーサイドや販売店の都合などお構いなしなので、そういう意味では、生粋に「アングラー」寄りと言えるかもしれません。
釣具屋の店員さんの「遠回し・・・?」な道具の宣伝を兼ねたブログなどでなければ、個人的な「想い」や「価値観」がなく、こんなブログなど成立しない。
そうしたことは前提としてお読みください。
そして、仮に「ない」とは思いますが、そうした関連があるようになった時はブログ内で報告するようにします。 

最後に、以前から言及している私のいうロッド「モアザン」などについてですが、メーカーサイドに立てばよくわかる事です。
現在のシーバスシーンにおいてもっとも商業圏としてユーザーの多い「東京湾」近郊を強く意識し、そこに特化した傾向にあるロッドは筑後川には合わないということです。
その代表が「モアザン」であり、釣具屋さんでよく薦められる傾向にあります。
そして、それを賞賛する文面はよく見受けますが、デメリットをきちんと伝えた文面などを見たことがない、もしくは極めて少ない。
筑後川を実釣していて、実感として、これほど端的に筑後川フィールドと相反しているロッドもあまりないために、私見として、これから筑後川を本気でメインフィールドに据えようとしているアングラーには推奨しません。
最初の筑後川における「一本」にはどうしても不向きということなのです。
ただ、もちろん、ある程度、筑後川におけるシーバスの経験を積み、場所は選びますが、ミノーやシンペンでのゲームに特化したロッドとして導入するのに問題はないとは思いますが・・・。

これも私が筑後川を実釣してきている今までの経験から導きだされた現時点での「ひとつの結論」なのです。







最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑


Blog Ranking 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。 
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/31(火) 23:00:00|
  2. Comment
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<File No.2009.04.001 | ホーム | File No. Reel - 001 (tackle)>>

コメント

なんか 知らぬ間に 白熱した ブログに 変化してまつねw

マッタリ いきたいもんでつw

 お久しぶりですw ちいさい おっさんでつw

読ませて頂いてますが なかなか コメントできずに いましたw

なにぶん 未知の世界なのでwww

 しかしながら ごく最近 同僚の友達が 釣り上げた様で 会社で 写真見て 興奮してましたw

夜中の釣りなので オイラは 参加してないのでつがw やっぱ 深夜が いいようでつねw

これでも 2週間に一回くらいは 投げにいってる
 あぐらぁー(ァ'`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

あぁぐぅーーら? 程度でつかねw

ハッキリいって 当初の本気モードが 無い状態でつねw

これは 個人的に 不景気の影響で 私生活に影響が 出始め 自由に行動もできないのが 事実と言ったところでしょうかw

というか ゆとりとか やるきとか 集中力とか ロマンって いうのでしょうかw

その辺を 考える余裕がないのでしょうかw

 しかし このブログは 熱いでつw

是非 つづけてくださいw  いこっかなぁーーって
 思える ブログだと 個人的に おもいますw
これは 一つのやる気を 呼び起こす ものだと 思います。 

しかしながら 毎度毎度 訳わからん コメントで スイマセンw

さて 本題でつw

 オイラ フロロカーボンを 引退しましたw
限界を感じましたw 遠投においてw PEが とぶw
 とぶとぶとぶw だんだん わかってきましたよw
やっぱり リールも いいのが 良いかもって 思い始めましたw 竿もでつwww

それは ちょっとしたことでつw ちょっとした 撓り具合とか ドラグの音とか それだけで なんか 楽しいのでつよw(単なる あほでつw

シーバスは つれてないのでつが その他は 若干釣れており 色んな事を シーバスに例え シュミレーションしてるのでつよw

つれた時に 良い撓りで 良い音させて 川では シーバスが バシャバシャ 言ってて 格闘して 釣りたいもんでつw ハイw

まぁー 釣れてから また 竿やリールの更新を したいと 思いますのでw 良い情報が あれば また 記載して頂ければ 参考にさせて頂きます。

ちなみに 竿11フィートでつw 長すぎで 使いづらかったけど 最近慣れてきましたw 9か10が いいかと おもいますが どうでしょうかw

リールは 店で聞いてみます。 やっぱ やすもんだと ドラグの調整とか ショボイでつよww でも 当分これで いきますけどねw

さて 昼から 遠投の練習でも いってきますかねw
 タイミングが 合えば 同僚たちと 夜中に
チャレンジしたいと(近日) 思う次第ですw

乱文で スイマセンw 思うがまま 書いてますw

あ そうそう ライフジャケットって いりますよねw
 川に落ちてた人がいましたwwww
干潮だったので よかったが 20m下流に おり 気づいた時には 這い上がってましたw
 風が強くて 落ちた音が聞こえなかったのでつw
風が なければ 直ぐに助けに行ったと おもいますがw

とても 怖く思った 最近の出来事でしたw
 ちなみに 雷魚って キモイってか 怖いって 思うのは あぐらー人だけでしょうかw
釣ったけど 持てなかった人(オイラwwww

 早く アンギュラァーに 成りたいでつw 

心も 体も 生活もw  不景気 どっかいけってなw
 金がないと つりも出来ないって きづいたよww

そんな感じで これからも よろしくw

ちいさい おっさんよりw
  1. 2009/04/02(木) 11:14:24 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

「ちいさい おっさんw」 さん

コメント ありがとうございます。

そんなにヒートアップしているつもりはないのですが・・・(笑)

> シーバスは つれてないのでつが その他は 若干釣れており 色んな事を シーバスに例え シュミレーションしてるのでつよw
それで問題ないと思います。
大雑把ですが、バスのジャンプとヘッドシェイクに鯔のダッシュと走りが
組み合わさったようなカンジでしょうか・・・?
いずれにしても、準備は大切です。

> まぁー 釣れてから また 竿やリールの更新を したいと 思いますのでw 良い情報が あれば また 記載して頂ければ 参考にさせて頂きます。
ホームページ「陸っぱり疑似漁研究所」など参考にしていただければ幸いです。

> ちなみに 竿11フィートでつw 長すぎで 使いづらかったけど 最近慣れてきましたw 9か10が いいかと おもいますが どうでしょうかw
筑後川での釣行では、干潮時の足場の高さや手前のテトラなどの障害物を考えると、9.6フィート以上がある方がいいと思います。
ちなみに、自分はメインで10.6フィートを使い、それよりパワーのある9.6フィートと使い分けています。

> リールは 店で聞いてみます。 やっぱ やすもんだと ドラグの調整とか ショボイでつよww でも 当分これで いきますけどねw
私見ですが、シマノで4000番以上・ダイワで2500R以上がトルク的にも必要と考えています。
夜の釣行がメインならばハンドル1回転で巻き取り70cm台、
昼の釣行がメインならばハンドル1回転で巻き取り80cm台が使いやすいと思います。
重要なのはリール重量です。
ロッドが9.6フィート以上であんまりリールが軽いと穂先が重くカンジます。
持ち重りがすると言いますが、そのため手元に重心を持ってくるために
ある程度の重量のリールが必要となってきます。
9.6フィート以上のロッドを使用するならば、概ね270g以上のリールが具合がいいように思います。
購入の際は、是非、ロッドにセットしてみてバランスを感触として確かめてからの購入をお薦めします。


> あ そうそう ライフジャケットって いりますよねw
>  川に落ちてた人がいましたwwww
> 干潮だったので よかったが 20m下流に おり 気づいた時には 這い上がってましたw
>  風が強くて 落ちた音が聞こえなかったのでつw
> 風が なければ 直ぐに助けに行ったと おもいますがw
>
> とても 怖く思った 最近の出来事でしたw
フローティングベストは必須です。
それも簡易のものでなく、あらかじめ浮力材が入っているものです。
筑後川でも滑って落ちて頭を打って失神して落水の危険が非常にあります。
そのため、夏は熱いのですが、浮力材のあるフローティングベストは
浮力材がクッションになって滑った時の身体へのダメージを軽減してくれます。
また、意識がなくても浮力材のおかげで必ず浮いてくれますので、
死へのリスクを少しでも軽減してくれます。

それと落水した人を見つけた時は、
むやみに自分で飛び込んで助けるようなことはしない方がいいです。
川の流れに巻かれたり、落水した人にしがみつかれて自分も溺れて
2次災害の恐れがあるためです。
必ず近くにいる誰かを呼ぶか、携帯などで誰かに救援を求めてから、
冷静に、まずは棒やロープで陸地から助けることを優先してください。

>  ちなみに 雷魚って キモイってか 怖いって 思うのは あぐらー人だけでしょうかw
> 釣ったけど 持てなかった人(オイラwwww
私がルアーをはじめた頃のもっとも身近なターゲットは雷魚でした。
鰓の下から指を入れてハンドランディングしていたので、
自分としては、感覚が麻痺してますね(笑)
見た目はグロテスクかもしれませんが、
付き合ってみると案外カワイイものですよ。
雷魚も個体数を減らしていますので、
くれぐれもリリースをお願いしますね。

モチベーションを保つのは大変だと思いますが、
筑後川 釣行 掲示板「筑後川 鱸(シーバス) 紀行」への
吉報の投稿をお待ちしています。
  1. 2009/04/02(木) 12:43:56 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #ILIyQHMc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/223-b54d80bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。