FC2ブログ

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No.2009.02.007

Field Date                     23.February.2009
Field Time                 22:00 ~ 01:30
Sea Bass Size        57cm 1.8kg  63cm 2.2kg 
Field Place                 筑後大堰下流域・筑後川
Field Information            大潮 ↘
 
三池)  

 

 

今年初のお目見え・・・! 筑後川の青物の後に・・・

昨日の1バラシの後、今年初の筑後川の青物(草魚)との20分に及ぶ死闘の末に、90cm推定10kg以上をキャッチ・・・?
(画像は筑後川 釣行 掲示板「筑後川 鱸(シーバス) 紀行」を参照ください。)
そしてそれはいつも突然はじまる。
今回もフローティングミノーに足元で「ゴンッ・・・」ときて「グリグリグリ・・・」と恐ろしい勢いで持っていき、丸太棒のようなジャンプ。
闇夜に浮かんだジャンプのシルエットで「それ」とわかった。
筑後川では、たまにこの筑後川の青物である草魚・蓮魚・鯉などの大型鯉系がスレ掛りする。
これは非常に厄介でトルクのある引きで無尽蔵に引きまくる。
今回は20分くらいで終わってくれているが、過去には20kgクラスに1時間以上引っ張りまわされた経緯もあるので注意が必要である。
タックルバランスも最低限「これ」に対処できるようにしておいた方が無難である。
そんなこんなで昨日は釣友の47cm1本でフィールドアウトとなった。


そして、本日は強風吹き荒ぶ中、釣友とフィールドインする。
すぐに釣友の140mmのビックフローティングミノーに魚信(アタリ)。
しかし、スナップの金属疲労による切断により無念で最悪のスナップブレーク!
最近、釣友は140mm以上のビックフローティングミノーにはまっている模様である。

気を取り直して、キャストを続けるが、強風に心が折れそうになる。
幸いにして、最近は2月とは思えないような「寒さ・・・?」であるので、強風が吹いても寒くて耐えられなくなるようではない。
そう考えると、今年は今のところではガイドが凍ってラインが通りにくくなった1月の中旬が一番寒かったように思う。
寒いのは寒いが、最近の「寒さ」は想定内。
とは言え、フィールドに出るときは防寒が必須であることは言うまでもない。

強風でキャストがなかなか決まらない中、
「こんな時は辛抱強くキャストすれば、必ずチャンスがくる・・・!」
と信じてキャストを繰り返す。
時折、ルアーの所在もわからなくなるほどの風だったが、ただただキャストを続ける。

そんな中、リトリーブ中のルアーの所在が「ふっ・・・」と消えた。

今までの感覚とは違う「違和感・・・!」

「魚信(キタ)・・・!」

大きくアワセを入れるとロッドが撓る。
そして、こちらに寄ってきながら「ジャボジャボジャボ・・・」とファーストジャンプ。
ラインテンションを保ち、何とかかわして手前側でロッドでためてヤリトリすると、鰓を大きく広げて威嚇しながら浮いてきた。
鰓を大きく広げると口を閉じるため、オーシャングリップがなかなか口におさまらなかったが何とかキャッチ。

20090200701 

57cm 1.8kgの鰓を広げて威嚇姿勢のシーバス。
尾鰭の上部が少し欠けてはいるが、お腹がパンパンのスポーンには関係のないコンディションのいい個体。

20090200702 

強風でフィールドコンディションがよくない中、諦めないでキャストを続けた結果のキャッチは素直に嬉しかった。
リリースすると、少し威嚇姿勢を保ったまま浮いていたが、すぐに威嚇姿勢をといて反転し元気に筑後川へ帰っていってくれた。

風の日など水面が波打つと警戒心が薄くなり連発の可能性がある。
「まだ近くにいるかも・・・?」
と続けて撃つと思ったとおりすぐに魚信(アタリ)。
これも明確なものではなく「違和感・・・」といったカンジ。
最近の魚信(アタリ)は非常に微細で精々「コッ・・」「コツッ・・」「コツンッ・・」といった程度。
その「違和感」に大きくアワセを入れると「グンッ・・・」とロッドにのった。
「ジャボッ・・・」と水面で反転を見せたが、何だか引きが「変」だった。
魚が走りだすと、フックが「ガクッガクッ・・・」と外れる感覚が伝わってくる。
ドラグを緩めて慎重に対応。
重さはないが鋭く走っているのでシーバスは間違いなかったのだが・・・

「これ・・たぶん、スレ・・!」と確信。

程なく浮いてきたのはお腹にフッキングした鱸。
反転バイトで吐き出されたルアーにフッキングしてしまったようである。
これがまた「スレ」なので口を開かない。
オーシャングリップでのランディングを諦め、プライヤーで背鰭を掴んでの荒業キャッチ!

20090200703 

63cm 2.2kgのアフタースポーンの鱸。
しかし、かなり回復基調のようで魚体のコンディションはよくなっているようだった。

釣友もスナップブレークから立ち直り、相変わらずぶっ飛びの145mmビックフローティングミノーを使って55cmのシーバスをしっかりキャッチしていた。

ここまでくると「ビックミノー」好きに他ならないはずだが、本人が否定しているのは解せない限りである(笑)
140mm以上のビックフローティングミノーでどのサイズのシーバスまで狙えるのか?
こうなったら、ビックミノーでのより小さな個体への限界にも挑戦してほしい・・・(爆)


  

Blog Ranking 
ブログ読んでいただけたら、「毎日1回」クリックお願いしますね。 
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 



Tackle

Rod                 Shimano Game AR-C S1006L
Reel                Shimano 07 STELLA 2500 
PELine             GOSEN GL-701 剛戦@Xsw 20Lb.(♯1.2 ) 150m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Duel Sea Bass Leader 20Lbs. Fluoro Carbon
Lure                Floating Minnow



最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
 
 
スポンサーサイト



テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/02/24(火) 20:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<File No. Sinking Pencil - 002(Lure) | ホーム | File No.2009.02.006>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/211-7a94e084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ