FC2ブログ

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No.2009.02.004

Field Date                     19.February.2009
Field Time                 00:00 ~ 03:00 
Rock Fish Size        20~10
cm  5本
Field Place                  有明海沿岸
Field Information            小潮 ↗
 
三池)  

 


有明海沿岸調査・・・?
タケノコにはじまりタケノコで終わる。


本日は長潮前で潮汐のもっとも小さい小潮まわり。
釣友と下げの筑後川へ向うも、最近の「寒の戻」もあって予想通り?状況は芳しくない。
もちろん、キャストはしたが、こんな日は早々に切り上げる。

そんな中、帰りの車中で「ふっ」と思いついた。
「そろそろ、有明海沿岸調査が必要な時期・・・!」

すぐに本日の現状分析を行う。
潮汐が少なく夜中に満潮を迎える。
時期は2月中旬。
明日は雨の予報。
風は多少あるが、何とかなるか・・・?
ターゲットは、ロックフィッシュと甲烏賊。
などなど考えながら、すでに車の方向を変えていた(爆)

2年位前から、有明海沿岸でのロックフィッシュをこの時期には行っているが、フィールドとしては未知の領域。
情報はネットからも雑誌からも何も出てこない・・・(笑)
有明海の「潟」の海でロックフィッシュが成立するのか・・・?

「これって、有明海沿岸ロックフィシュのパイオニア・・・?」

そもそも、なぜ?この時期、ロックフィッシュなのか?
単純に釣りものが少ないからということ、引きの小気味良さと食べるとおいしいから・・・。
う~ん、これは「釣り」っていうより「漁」だよね・・・!

「甲烏賊」に至っては、ねっとりしたカンジの刺身にゲソの天麩羅は、とにかく、甘くて「美味い」!
これは、絶対に「漁」・・・!(笑)

そうこうと妄想(爆)している間に、フィールドに到着。
有明海にしては思ったよりウネリがあり風が強く釣りづらい。
単独でフィールドインするも、風が体感温度を下げてくる。
気温以上に寒い。
潮はそこそこの潮位がありいいカンジなのだが反応はない。
ゆっくりと着実に潮汐は上がってきていた。
寒さで折れそうな心を封印して諦めないで「Keep Cast!」
かなり潮汐があがってきたところで、やっとロッドに違和感が伝わってくる。
一拍置いて、アワセを入れると、「キュンキュン」と小気味良く下へ引き込む。

20090200401 

ドラグを鳴らしながら、あがってきたのはきれいな良型のタケノコメバル。
15cmは超えてくれているプレスポーンの個体でお腹はパンパンだった。
「おいしそう・・・」とは思ったが、プレスポーンの個体だったので、泣く泣くリリース。
というのも、3年くらい前にはじめてここにフィールドインした時には、このタケノコメバルはサイズは小さかったが、溢れるほどで入れ食いだった。
間髪入れずに、小気味良く引き込んでいってくれたのを鮮明に覚えている。
小さいのはすべてリリースして、15cm以上のものだけを選んでキープしていた覚えがあるが、現在はその姿が少なくなってきている。
タケノコメバルやメバルは魚の中では珍しい胎生魚である。
成魚のお腹の中で受精し、稚魚になってから水中へ放たれる。
そのため、おそらくこの時期のお腹が膨れている個体は稚魚になりかけの卵をたくさん持っている。
そう考えると、この時期のお腹の大きい個体はできるだけリリースしたいとは考えている。
食欲に勝てれば、なのだが・・・「克己」ですね!

プレスポーンの個体をリリースした御利益か・・・?
少し流れが出てきた中から「コツンッ」と小さな魚信(アタリ)が伝わってくる。
しかし、食いが渋く、のりが悪い。
「コツッ・・・」とした魚信(アタリ)に一拍置いてあわせると、やっとのって少し横に走った。

20090200402 

10cmくらいのかわいいメバル。
当然、リリース!
続けて、同様の魚信(アタリ)でのせることができた。

20090200403 

横に走ったのは12cmくらいのメバル。
これまた、リリース!
この調子と思ったのも、つかの間、パッタリと魚信(アタリ)が止まってしまった。

しばし、膠着状態・・・。

満潮も近づき、「今日はこれまでか・・・?」と思った頃に、「コツンッ・・・」と乾いた魚信(アタリ)。
一拍置いてアワセを入れると、横に走りながら小気味良く「キュンキュン」引き込む。

20090200404 

ドラグを鳴らしてあがってきたのは、20cm弱の良型メバル。
これもプレスポーンの個体のようでリリース。
満潮を迎え、潮が止まったところで、「ガツッ・・・」と大きな魚信(アタリ)。
一拍置いてアワセを入れると、「ゴンゴンッ・・・」と下へ下へ突っ込んでいく。
ステラのドラグが鳴る。
根に潜られると、鰓を広げて動かなくなるので、少し強引に引っ剥がす。

20090200405 

上がってきたのは、20cm位の良型のタケノコメバル。
同様にプレスポーンの個体。

この一本にて満潮潮止りでフィールドアウト。

本日は、タケノコメバルにはじまりタケノコメバルに終わった。
そして、すべてプレスポーンということでオールリリース。
本日は食いが渋く、魚信(アタリ)があってものらないことが多かった。
タケノコメバルなどは、アワセで一拍置くとその間に根に潜ったりしてしまうので注意が必要なのだが、本日はうまくキャッチできた。
甲烏賊の接岸こそなかったが、有明海沿岸調査としては「まあまあ」といったところか・・・?

有明海沿岸のロックフィッシュ・甲烏賊はこれからが本番・・・!
「アタリ」「ハズレ」は大きいが、たまには潮を見て食材確保(笑)へ奔走することになるのだろうか・・・?

   


 
 

Blog Ranking 
ブログ読んでいただけたら、「毎日1回」クリックお願いしますね。 
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 



Tackle
Rod                    MajorCraft AirLights AL-T762PE
Reel                    Shimano  07 Stella C3000S
PELine                Gosen GL-701 剛戦®Xsw 14Lb.(♯0.8 ) 150m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Nylon 4Lb.
Lure                   Jig Head + Soft Lure




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
 

スポンサーサイト



テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/02/19(木) 20:00:00|
  2. 有明海沿岸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<File No. Local Information – 003 (梅林寺の梅花) | ホーム | File No. Sinking Pencil - 001(Lure)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/207-1a04bade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ