筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

File No.2009.01.004

Field Date                     10.January.2009 
Field Time                     21:00
23:30 
Sea Bass Size                46cm    1.0kg        
Field Place   
       筑後大堰下流域  筑後川  
Field Information            
大潮 ↘
 (三池)   曇


コンディションのいい 「このサイズ」・・・!


昨日は、「東洋式疑似餌釣研究所」の「Megaceryle lugub」氏の奥さまに、ここ筑後川で初シーバスを釣られてしまい、他の若干3名は沈黙という衝撃(笑撃)の結果を受けて、本日も釣友とガイドの凍る筑後川へフィールドイン。


気温は0℃付近でガイドは凍るが、風はなく穏やかなカンジ。
まだ下げの流れは出ていない。


前回のランカーとの激闘で、ついに愛機ステラの調子が悪くなりメンテナンスへ直行。
ステラは機能的には何も言うことはない満足の性能なのだが、精密機械で少し儚いようなところがある。
ダイワのセルテート・ハイパーカスタムと同様にステラもギアが硬いと言われることもあるようだが、ギアが馴染む程度に使い込むと非常に滑らかになり使い心地は良くなる。
しかしながら、滑らかな精密機械である故に少し調子が悪くなるとすごく気になるのも確か・・・。
愛機ゆえに愛着もあり、メンテナンスでしっかり回復してくれることを切に願うばかりである。


昨年のクリスマス頃にキャッチしたカンジに似た状況だったので、フローティングミノーをチョイス。

丹念にキャストを繰り返す。風はなくともガイドは凍りつく外気温。
手足の先が「ジンジン」と冷えてくるが、
構わず「Keep Cast・・・!」。
しかし、正直、心が折れそうになる。


ルアーローテーションし、糸島のサーフで拾いボロボロだったものをリペアして何とか使えるようにしたものを使用する。
「出来の悪い子供ほどかわいい・・・」といったカンジだが不思議なものでそうして手をかけたものには愛着が湧き、そして、つい使ってしまう。
もっときれいで状態のいいものをたくさん?持っているはずなのだが・・・?


沖目にキャストし潜行させて、ドリフト気味にスローリトリーブ。
その数頭目のリトリーブの中程。

「コツコツコツッ・・・!」

と割合、明確な魚信(アタリ)・・・!

「魚信(キタ)・・・!」


一拍置いて、大きくアワセを入れる。


「ジャバジャバジャバッ・・・」

ツインパワーのドラグを締めていたので、そのまま水面を割って滑ってきた。

「あっ」という間のキャッチ。


フロントフックががっちり口角に掛っていたので助かった。


46cm 1.0kgのかわいいシーバス。

水中でまったく体力を消耗していない分、陸上で元気いっぱいで撮影には非常に手こずったが、リリースすると元気いっぱい「あっ」という間に筑後川へ帰っていった。

しかしながら、この季節にこのサイズがヒットしてくるのは驚きである。
この寒い時期は、筑後大堰下流域ではアフタースポーンで体力のある大型の個体しか溯上できないと勝手に思い込んでいた。
まだまだ、筑後川という、このひとつのフィールドだけを見てもわかっているつもりになっているだけで、全然理解が足りないことを実感させられた。


自然は偉大である。

これからも、フィールドに落ちているパズルの欠片をひとつひとつ自分で拾い集めながら、謙虚にフィールドに向き合っていきたいと思った。




200901004 



Blog Ranking 
ブログ読んでいただけたら、「毎日1回」クリックお願いしますね。 


Tackle
Rod                      Shimano GAME AR-C S1006L 
Reel                     Shimano 05 TwinPower 4000
PELine                  Duel X-wire H1763-BY 22Lb.(1.5) 200m

Joint                     Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader         Duel Sea Bass Leader 20Lb. Fluoro Carbon
Lure                      Floating Minnow




2009年の新年を契機に「ブログ名」を
 「筑後川 鱸(シーバス) 通信」
に変更いたしております。
関係各位におかれましてはブログ名の変更など
御手数をおかけいたしますが、御手配いただけますよう
よろしくお願いいたします。
 



最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
  御購入はこちら ↑

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/01/11(日) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<File No. Vibration-007(Lure) | ホーム | File No.2009.01.003>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/193-15bcf71d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。