筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

2008年10月の回顧

10月は49本(内訳は釣友26本・自分23本)と釣果だけみれば9月の37本をも凌ぐ非常に好調な結果だったが、それはほとんど前半に集中している。今年の10月中旬までは9月の好調さを引き継ぎ、同様のメソッドと時合でコンスタントな結果が得られた。後半は晩秋らしい不安定さで結果が出たり出なかったりの一喜一憂の毎日となった。筑後川の鱸は 「エツにはじまりエツに終わる」 ということに尽きる。大きな周期として、春に産卵のために溯上してくる成魚のエツについて鱸は筑後川へ入り、秋にエツの稚魚が海へ下るのについて有明海に帰り、スポーン(産卵)を迎える。その間には、サヨリをはじめとしてボラの子・鮒・ハヤなどを捕食。そして、忘れてはいけないのが蟹や手長海老をはじめとした甲殻類。シーズンにはモエビのような小型甲殻類は至る所に溢れるほどいる。ゴカイなどのバチといわれる多毛類も捕食対象である。こうした捕食対象を時には偏食しながら筑後川で鱸は過ごしている。雑誌や業界のいうシーバスの主なメソッドや環境の設定は、東京湾や博多湾など大きな商圏がスタンダートに考えられているが、そうした傾向とはかけ離れた環境と傾向を持つ広大なフィールドが筑後川なのである。筑後川でデータを取りはじめて2年以上になるが、230本を越える鱸の平均体長は「66.7cm」と大型なのもこのフィールドの特徴なのだろう。 毎年の晩秋の傾向から、これからは、ますます不安定になり釣果もままならないようになることが予想され、気候的にも寒く厳しい状況となるが、できる限りフィールドには立ち続けたいと考えている。

インターネットで「筑後川の鱸」を検索していると「2chネル」でドブ貝をルアーで釣ったという話を見つけた。「まあ、まさか・・」と思っていると、身近にそんなことを体験していた人がいた。釣友である。今年の春先に体験したらしい。90mmのシンキングミノーを大きなドブ貝が銜えている(挟んでいる・・?)

衝撃の映像はこちら・・・(笑)。

2008.10 


おわかりになるだろうか?

向かって右上のシンキングミノーが・・。
貝がたまたま大きく口を広げていたところに、うまくシンキングミノーが入り込んでしまったのだろう。そして貝はその刺激で殻を固く閉じてしまった。そんなところだろうか・・?
さすがにこれは例外だが、筑後川では「鱸」の外にも「雷魚」「鯰」「草魚」「蓮魚」「ボラ」「ブラックバス」「鮒」「鰻」「ハス」など外道で釣れたものをあげるだけでも多種多様である。そうした魚類の中では筑後川生態系の頂点である「鱸」を育み続けるということは、その環境を守り続けることにほかならないはず。そんなことを考えると、何度でも提唱するが「ゴミなど捨てない」「無為な殺生をしない」など、まずアングラー自身ができることからはじめなければ・・とつくづく思う。最近は河川敷などでは「狸」「鼬」や多種の「鳥類」などをたくさん目撃する。驚くことに「狐」も何度か目撃した。そうした意味でも河川敷を含めた筑後川というフィールドは豊かな「生き物のゆりかご」なのである。堤防の道などには、そうした生き物が事故にあってしまった姿を目撃することが多くなった。痛ましい限りである。そうした事態をできるだけ避けれるようなスピードでの運転などを心がけたいと思っている。

釣りが「うまい・下手」に関わらず、フィールドに立てば立つ程、自然の偉大さと人間の傲慢さに気づくはず。また、そうあってほしいと思う。自分を誇張したり、背伸びなどする必要はない。自分にできることからはじめる。自然の中でのフィールドに対する謙虚な姿勢や気構えが備わってくるようなそうしたアングラーがひとりでも多くなってくれれば・・・といつも願っている。




Blog Ranking Clic Here
Blog Ranking 
「毎日1回」クリックお願いします。


最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
  Clic Here ↑   
 

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/10/31(金) 00:00:00|
  2. Comment
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<File No.2008.11.001 | ホーム | File No.2008.10.015>>

コメント

これが有名な

ドブ貝なんですね~w腹筋痙攣しています。
  1. 2008/10/31(金) 20:58:59 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #-
  4. [ 編集]

Project 「D」

ドブ貝。

インターネットで記事を見た時は、
さすがに「まぁ、まさか・・。」と思い笑ってましたが、
極々、身近にこんな体験をしていた人がいたとは・・・。

世間は広いようでやっぱり狭いですね。

さすがにこのドブ貝の話を聞いたときは、正直びっくりしましたよ。

  1. 2008/10/31(金) 21:09:40 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #-
  4. [ 編集]

こちらこそ

まさか自分のことが2chに出てることがびっくりですよ。釣りたくて釣ったわけじゃないし・・・。
回収が大変なんだよ!!
  1. 2008/10/31(金) 21:57:47 |
  2. URL |
  3. 釣友 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

確かに・・・

ルアーの回収は大変そう・・・!
しかし、ドブ貝も「いい迷惑だよ!」って言ってるよね・・・(笑)

2chの記事では、ミノーがドブ貝の口に横ぎっしりっていう記述だったと思うから、もしかしたら、もうひとりくらいドブ貝釣ったアングラーがいるのかも・・?

もし筑後川で他にドブ貝釣ったことのあるルアーアングラーの方がいらしゃったら、よかったらコメントください(笑)
  1. 2008/11/01(土) 00:49:55 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #-
  4. [ 編集]

ちわ

はじめまして
ブログ覗かしてもらっています。
ヨロシクお願いします。

  1. 2008/11/02(日) 18:04:52 |
  2. URL |
  3. かふぇ #-
  4. [ 編集]

かふぇ さん

こんな拙いブログですが、覗いてやってください。
引き続き、よろしくお願いします。
  1. 2008/11/03(月) 00:37:12 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/163-8a62fb69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ