筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No.2008.09.014

Field Date                  29.September.2008
Field Time                  21:00 ~ 24:00
Sea Bass Size             72cm  2.8kg (釣友)
Field Place                 筑後大堰下流域 筑後川
Field Information         大潮
 
↘ 
(三池)  雨


好事魔が多し・・!?

大潮で潮汐も大きく満潮から下げの時合にて釣友とフィールドイン。相変わらず風が強く、小雨の降る肌寒いカンジだった。ゆっくりと潮が下がり始めると、いつものようにライズ&ボイルが確認できた。そんな潮の動き始めに沈めたジグミノーをショートトゥィッチ気味にリトリーブすると「コンコンコン・・」と早速の魚信。ラインに重さが伝わってきていたので、大きくアワセる。。。と抜けた。痛恨のラインブレーク。ショックリーダーの結束から抜けていた。暫し呆然。放心状態だった。気を取り直してキャストを続けると、手前で派手なボイル。すぐに、釣友が得意?のジグミノーのショートキャスト(チョイ投げ)で撃つ。「42gもあるジグミノーをショートキャストしてリアクションバイトなんて・・・」「絶対、このルアーを設計した設計者はこんな使い方は想定していないよ。まして河でのこんな使用なんて・・」などなど、いつも自分の理解を越えて、不思議に思うのだが、これで釣ってしまう。「ショートキャスト ワンアクション リアクションバイト バーチカル ジギング!」「さすが、ジグミノースペシャリスト!」そして、今回も彼のドラグが「ジッツ・・」と鳴ってしまった。「魚信(キタ)・・!」特別緩いわけでもないドラグが悲鳴をあげてラインが出る。「デカイ・・?」と思ったが、本人が「おかしい・・?」と呟く。散々引っ張られた魚は42gの重いルアーを背中につけた72cm 2.8kgの鱸。自分がランディングアシストしたが、スレの背掛りで鱸が口を開かず手間取ったが、最後は無理やりオーシャングリップを突っ込んで無事キャッチできた。きれいな銀色の魚体の鱸だった。それにしても間違った使い方(笑)のジグミノー 恐るべし!
その後、ジグミノーをショートトゥィッチ後にフォールすると、思った通りに「バタバタバタ・・」と魚信。そしてラインに重さが伝わってきた。「魚信(キタ)!」と大きくアワセを入れるとのった。ロッドが撓る。「よし!これから・・」という時に「ふっ・・」と軽くなった。言葉が出ない、無念のまたまたのラインブレーク。今度は障害物か何かにPEを擦っていたらしく、PEのブレーク。前回、「一本一本を大事にしなければ・・」と戒めたばかりなのに全くの無念。ルアーをつけたままの鱸はおそらくは生きていられまい。最悪のラインブレーク2本。無念で悔いの残る失意のフィールドアウトとなった。



Blog Ranking Clic Here

Blog Ranking 
ブログランキングに参加してみました。
よかったら、クリックしてみてください。

 


Tackle(釣友)
Rod                 Shimano Game AR-C S906L
Reel                 Daiwa Certate 2500R Hyper Custom
PELine             UNITIKA Silver Thread Salt Water-PE 20Lb.(♯1.2 ) 150m
Shock Leader    Daiwa Morethan Shock Leader Type F 20Lb.
Lure                 Jig Minnow




八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合

もちろん、国内工場生産の青汁!  

健康上級者の青汁
    
  Clic Here ↑  
  

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/09/29(月) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<File No.2008.09.015 | ホーム | File No.2008.09.013>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/145-b0dd4729
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ