筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

File No.2008.09.003

Field Date              11.September.2008
Field Time              02:00 ~ 05:00
Sea Bass Size         88cm 5.5kg  73cm 3.5kg  73cm 3.0kg  (釣友)
               72cm 3.0kg  70cm 2.5kg            
Field Place             筑後大堰下流域 筑後川  
Field Information     中潮
 ↗ 
(三池)  曇

釣れるときは本当に呆気無く・・・!
昨日の大爆釣の余韻覚めやらぬ中、釣友と昨日と同じような上げの時合にてフィールドイン。今日から中潮だが、フィールドはまだ潮が弱くマッタリして「いいカンジ!」に思えた。弱い上げの潮が効いてくると、水面が騒々しくなってきた。派手なボイルではないが、水面に「ホォワァン」という微かな波紋が広がる。「モヤモヤ」したカンジと言えばいいだろうか?鱸は周囲の水と一緒に吸い込むような捕食をおこなう。そのため、ベイトにもよるが「バシュッ・・!」などと派手な音をたててのボイルは相対的には少なく、吸い込み形の静かなライズが大半である。実はトップでのゲームでさえも鱸の捕食の瞬間を捉えるのは難しい。というのも、大概はトップでの捕食の場合も吸い込みであり、捕食現象はルアーが水面から静かに消えるのみだからである。その後、異物と感じた鱸がその異物(ルアー)を吐き出しにかかり反転する。捕食から反転に至る鱸の反応時間は0.1秒ともいわれ、人間の反応限界スピードといわれる0.3秒をはるかに上回る。鱸が反転し水面で派手に水柱などがあがって、はじめて、アングラーは魚信と認識できるということである。そうしたことが、論理的に理解できるとアワセのタイミングが想像できる。そう、我々、アングラーが魚信(アタリ)と感じたときには鱸の口もしくは口の周辺にもうすでに辛うじてフックが引っ掛かっている状態なのである。その辛うじて掛っているフックが外れないうちに、アワセ切れしない程度に(自戒を込めて)フックが貫通するように鋭くアワセを入れる。タイミング的にはファーストジャンプまでの間になると思われる。あまりに早くアワセを入れる必要は微塵も無いことが理解いただけるだろう。
そして、今日も上げの潮が効いてくると鱸の捕食動作と思われる静かな波紋が水面に広がり始めたのである。「今日もいる!」と確信した。すると、釣友のドラグが「ジッ・・!」と鳴った。「魚信(キタ)!」この場所と彼は本当に相性がいい。まったくお手上げである。沖目にて派手で高いファーストジャンプ。そこそこのサイズ。しかし、暴力的なファイトではなく重い感じのするファイト!トルクフルではあったが、割合にスンナリあがってきた。「おっ・・デカイ!」と思った鱸は88cm 5.5kgの立派なサイズだった。そして、潮が緩んだ頃に、沖目をスローリトリーブ中のシンキングペンシルに「コツコツコツ・・!」とした魚信。リトリーブを止めラインをたどると、重さがのってきた。大きくアワセを入れると、沖目で派手なファーストジャンプ。何とかかわすと、手前に走ってきた。そしてセカンドジャンプ。合計5回もの派手なジャンプ。秋の魚は元気いっぱいである。何とかキャッチすると顎の下への外掛りで危ない状態だった。「よく5回ものジャンプに耐えたなぁ・・」と感心した鱸は、70cm 2.5kg。少しスリムだが、元気いっぱい跳ね回って楽しませてくれた一本だった。その後、釣友が73cmを2本追加し、こちらも72cmを追加して、まだ上げの時合の残るフィールドを後にした。筑後川の鱸も釣れるときは本当に呆気無く釣れる。「あんなに釣れなかったのに・・・?」と思うと同時に、「こうして釣れてくれるのも、いつまでだろう・・・?」などと思いつつも、連日の釣果は満足できるものであった。




200809003-01       200809003-02

Tackle 
Rod                 Shimano Game AR-C S1006L
Reel                 Shimano 07 STELLA 2500
PELine             Gosen GL-701 剛戦®Xsw 20Lb.(♯1.2 ) 150m
Joint                Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10 
Shock Leader    Duel Sea Bass Leader 20Lbs. Fluoro Carbon
Lure                 Sinking Pencil



八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合
もちろん、国内工場生産の青汁!  

健康上級者の青汁
  
   Clic Here 

  
Blog Ranking Clic Here
Blog Ranking 
ブログランキングに参加してみました。
よかったら、クリックしてみてください。

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/09/11(木) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<File No.2008.09.004 | ホーム | File No.2008.09.002>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/134-78ace446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。