筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No.2008.08.003

Field Date                 04.August.2008
Field Time                01:00 ~ 04:00
Bass Size                 47cm         
Field Place               筑後大堰下流域 筑後川  
Field Information       中潮
 
↘ 
(三池)  曇

バスはバスでも・・? そして、波紋の正体・・?
素直に3尾目の泥鰌を狙ってのフィールドイン。水面では、相変わらず、たくさんのベイトの波紋が迎えてくれた。「今日もいいか・・?」と思いつつ、キャストを繰り返す。バイブレーションが岸近くへ差し掛かった瞬間に「ゴクッ」とした明確なバイト。ほぼ足元でのバイト。「よし!魚信(キタ)!」と一拍おいてアワセると「バシャバシャ・・」と派手な連続ジャンプ。「んっ・・連続・・?」と思う間もなく、ジャンプを繰り返す。「これは・・」と思っていると、小さな目と特徴的な体形が確認できた。そう、リバーバス(ブラックバス)だ。シーバス用のバイブレーションを頭から丸呑みした47cm。いいサイズである。オーシャングリップできれいにキャッチできた。
その後しばらくは、ベイトの気配はしているものの、際立った変化もなく時が過ぎていった。そして、下げの潮もほとんど止まりかかった頃、着水後、バイブレーションが体勢を整えた時に「コンッ・・」ときた。それまでに、コウモリバイトが非常に多く紛らわしかったので、確認をこめて、リトリーブを止めるとロッドティップを「ククンッ・・」と持っていったので、大きくアワセる。着水ヒットに近かったため、かなり沖で「バシャバシャ・・」とファーストジャンプ。70クラスか・・?ランディングポイントへ移動する間に4回のジャンプ。「よし!これから・・!」と思った瞬間、5回目のジャンプで無念のフックアウト!前から「実践せねば・・!」と思っていたが、沖目でのアワセの場合は強く効かすために、スプールを指止めして入れるべきか・・?しかし、いざ実践となるとアワセ切れを多発させた苦い経験が走馬灯のように駆け巡る。ドラグの調整ひとつ、アワセ具合ひとつとっても、その具合は難しい。フックアウトという結果論で言えば、尚更、難しいものとなる。しかしながら、ろくすっぽアワセを入れなくても、がっちりフッキングしてキャッチできることもある。柔らかい部分と硬い部分が混在している鱸の口の構造上、ある程度のフックアウトは至仕方ないところなのか・・?また、ロッドが変われば、アワセの入れ具合も変わる。そういう意味では、本当に加減が難しいものである。
やっと水面を揺らす波紋の正体が判明した。現在のベイトはサヨリと書いたが、もちろん、サヨリもこの時期大事なベイトなのだが、集団で波紋を立てていたものは、体長10cm程度のボラの子の集団のようである。やっと釣友のリトリーブにスレ掛りしてくれ正体が判明した。集団でいるこのベイトが、鱸を呼び寄せてくれるのか?答えは、そのうち、フィールドが出してくれることになる。
 

2008.08.003



Tackle 
Rod                  Shimano Game AR-C S1006L
Reel                 Shimano 05 TwinPower 4000 
PELine             Duel X-wire H1763-BY 22Lb.(♯1.5) 200m
Joint                Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader    Daiwa Morethan Shock Leader Type F 20Lb. 
Lure                 Vibration

 

八丈島産のアシタバ粉末 93%以上
もちろん、国内工場生産の青汁!

健康上級者の青汁

 




スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/08/04(月) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<File No.2008.08.004 | ホーム | File No.2008.08.002>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/122-f12ff037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ