FC2ブログ

筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No.2008.08.002

Field Date                03.August.2008 
Field Time                00:00 ~ 04:00 
Sea Bass Size           84cm  5.5kg
Field Place               筑後大堰下流域 筑後川
Field Information       大潮 
↘ 
(三池)  晴

連続のキャッチ!

昨日は昨日、今日は今日!ということで同じような時合でフィールドインしてみる。いつも思うことだが、このゲームはフィールドインする前からすでに始まっている。「いつ」「どこ」のフィールドに立つのか?は、たぶんこのゲームのもっとも大きなファクターとなるからである。「この季節」「この潮」「この時合」など今のフィールドの状態に対して「過去のデータ」「堰の開き方」「目視」「実感」など多くの情報で分析しながら、たどり着いた結論(フィールドイン)で思ったような成果(キャッチ)があった時は、もっとも達成感を味わえる瞬間といえる。これは、新規にフィールドを開拓した時に匹敵するものだ。まだ定点観測中ならば、「潮」「時合」は予測できると思う。いずれにせよ、単に投げたら「釣れた」ではなく、いかにインテンショナルに「釣った」に近づけるか?がそこにはあるのである。
フィールドは、昨日よりは蒸し暑くなく、少しの風が、この時期、強敵の虫を寄せつけなくしてくれ、快適で過ごしやすく感じた。大潮引きの潮が入っているにもかかわらず、相変わらずマッタりとしたカンジの水面は静かで、時折、サヨリの集団と思われる波紋が立っていた。昨日のカンジから「今日もいけそう・・。」と思いながらのキャスト。水中は昨日とは違い小さい複雑な流れが入り組んでいた。小さなヨレ?が所々に散在しているようなイメージだった。「このサヨリについていてくれれば・・」と岸沿いから順番にキャストしていく。沖目の少しダウンストリームからリトリーブ中のバイブレーションが静かにスライドしバランスを崩した。昨日と同じ様な魚信。「魚信(キタ)・・!」リトリーブを止めてラインに集中するとラインが張ってきた。大きくアワセを入れるとロッドが大きくしなった。「のった・・!」低い「ズボボボボッ・・」といったカンジのファーストジャンプ。重量感がある。すぐにランディングポイントへ移動し、腰を据えてのヤリトリ。手前に走ってきたところで、セカンドジャンプ。テールフックが口角付近でありフロントフックが下側の鰓付近に外掛りの状態が確認できた。「最近、掛かりが浅いな・・」と呟きつつ、ドラグを緩める。散々、大きなヘッドシェイクと右へ左への走りをみせた鱸が沖目から静かに浮いてきた。すぐにランディングの態勢に入る。今回は一発でオーシャングリップにおさまった。しかしながら、おさまった瞬間に強烈なヘッドシェイク。その重量に思わずオーシャングリップごと落としてしまいそうになったが、何とか持ちこたえた。秤を見ると5.5kgの重量。これは、「90オーバー?・・」と期待させたが、寸詰まりのメタボリックな84cm。釣友が6月にキャッチした「96cm 8.8kg」(詳しくは、本ブログFile No.2008.06.007参照)を彷彿させるようなメタボな「84cm 5.5kg」の鱸だった。その後、「東洋式疑似餌釣研究所」の「Megaceryle lugub」氏と合流し、釣友とも合流したが、ノーキャッチにてフィールドを後にした。
 

2008.08.002 

Tackle 
Rod                 Shimano Game AR-C S1006L
Reel                Shimano 05 TwinPower 4000 
PELine             Duel X-wire H1763-BY 22Lb.(♯1.5) 200m
Joint                Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10 
Shock Leader    Daiwa Morethan Shock Leader Type F 20Lb.  
Lure                 Vibration

最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。



健康上級者の青汁

 





スポンサーサイト



テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/08/03(日) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<File No.2008.08.003 | ホーム | File No.2008.08.001>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/121-d2131b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ