筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No.2008.08.001

Field Date                02.August.2008 
Field Time               23:00 ~ 05:00 
SeaBass Size           75cm       3.3kg   
蓮魚Size       100cm     16.0kg超 (計測不能)      
Field Place              筑後大堰下流域 筑後川  
Field Information      大潮 
↘ 
(三池)  曇

復活!・・。そしてそれは、前触れもなく・・。
やっと、折れたロッドのセカンドブランクスが届いたため、ロッド復活!そして、同時にようやく夜に出歩けることができるようになったため、約1週間ぶりのフィールドへの自身の復活。「今日は釣るぞ!」と意気込んで、大潮下げのフィールドへ釣友とフィールドイン。正直、ウズウズしていた。大堰水門は水量が少なく、全門閉まっている状態。時合も微妙で、どのフィールドに入るか?2人で悩みに悩んだが、とりあえず、過去のデータから実績のあるフィールドをチョイス。やはり、下げでもマッタリとしたカンジで流れが少なく、ヨレが見つからないような状況。しかしながら、ベイトの気配はそこそこあったので、一部の望みを託してキャストを続ける。流れのヨレや明確な反転流も見つからなかったが、中層をスローでリトリーブ中のバイブレーションが静かにスライドしバランスを崩した。「魚信(キタ)・・!?」明確なバイトではなかったが、リトリーブを止め、ラインに集中すると重さがのってきた。大きくアワセをいれる。「のった!」潮位があり深さがあったためか?すぐに飛ばない。「魚種が・・?」と少し不安になるのと同時に高いファーストジャンプ。「よかった!鱸」すぐに手前に走ってきたが、そこでセカンドジャンプ。新月で暗いフィールドだったが、水面からすべて飛び出した高いジャンプの鱸のシルエットがはっきり映し出された。と同時に、テールフックが口元付近でフロントフックが鰓近くの外掛りなのを確認できた。すぐにドラグを緩める。水深があるので、何度も何度も下への突込みをみせる。ようやく浮いてきたので、1回目の自分でのランディングを試みるが、下へ突込まれて失敗。ひとりでのランディングの時にはお尻を地面につけたりしてしっかり足場を固め、いつ突込まれてもいいようにドラグを緩めて、ランディング態勢に入る。決して焦って無理をしたりしない。状況にもよるが、何度か試みるつもりで、態勢が悪ければやり直す。ゆっくりと浮いてきた鱸に対して2回目のアプローチ。その過程で、フロントフックが外れた!「うわっ・・」と思ったが、そのまま粛々とランディングに入る。きれいにオーシャングリップが口におさまった。「ヨシ!キャッチ!」フロントフックが外れた時は、正直、焦ったが、75cm 3.3kgの鱸を無事キャッチ!「復活」っていう実感が湧いて嬉しかった。
その後、釣友が明らかに90オーバーと思しき鱸をヒットさせるが、ジャンプ一発で無念のフックアウト。ジワジワ下がってきた潮を横目に、キャストを繰り返していると、リトリーブ中のバイブレーションが何の前触れもなく「ゴン」と止まった。「ん・・?」中層リトリーブであり、根ガカリするような場所でもない。少しロッドをあおると物凄いトルクで持っていった。「うわっ・・魚だ・・?」「このトルクは嫌な予感・・?」と思いながら、万が一の確率でランカー鱸のスレもあるので対応する。それから、30分以上のファイト。1回のジャンプもない。締めたドラグから引き出されたライン100m以上。歩いて対応した距離100m以上。ひとりでは対応できないと思い、連絡した釣友が駆けつけてくれた。浮いてきた魚体が白かったので、ニヤッと笑って「鱸かもよ・・?」と期待させる発言。しかし、足元に浮いてきた魚体は目が下のほうについていた蓮魚。全長100cm 重量は釣友のオーシャングリップ ビッグゲームの秤が振り切れていたため計測不能の色の白い白蓮。1年ぶりの御対面となった。「鯉系に好かれるよね・・」という釣友の一言に「ガクッ」としながら、腕がパンパンなのを感じると、どっと疲れが出た。
その後、何度かの場所移動を行いつつ、「東洋式疑似餌釣研究所」の「Megaceryle lugub」氏と合流した。そして、「Megaceryle lugub」氏が60cmの鱸を1本キャッチした後、途中から風もなく蒸し暑かったフィールドをあとにした。 

 

2008.08.001-01       2008.08.001-02  

Tackle 
Rod               Shimano Game AR-C S1006L
Reel               Shimano 05 TwinPower 4000 
PELine           Duel X-wire H1763-BY 22Lb.(♯1.5) 200m
Joint              Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader    Daiwa Morethan Shock Leader Type F 20Lb. 
Lure              Vibration

 

 

最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。



健康上級者の青汁

 

 



スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/08/02(土) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<File No.2008.08.002 | ホーム | 2008年7月の回顧>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/120-3e354e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ