筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No.2008.07.006

Field Date                 19.July.2008 
Field Time                 00:30 ~ 03:30 
Sea Bass Size            43cm      
Field Place                筑後大堰下流域 筑後川  
Field Information        大潮
 
↘ 
三池  曇

久しぶりのセイゴ?
筑後大堰は、夕方からの豪雨型夕立の影響で筑後川の水量が増加し、筑後大堰水門が真ん中を挟んで両側の1基づつが開いた状態。大潮の引き潮の影響もあり、昨日までできていた流れのヨレが見つからない状況に苦戦した。流量が多いせいもあり、水位が高い状態で引きの潮も止まった頃、岸から15mくらいのところでバイトが頻発した。「ゴンゴンゴンッ・・」と明確な魚信なのに、のらない。久しぶりに「東洋式疑似餌釣研究所」の「Megaceryle lugub」氏と合流しての釣行だったが、2人して「コウモリバイト・・?」「何かいる・・?」と顔を見合わせていた。サイズが小さいと思い、15mくらいを重点的にスローリトリーブ。「ゴンゴンッガッ・・」と大きな魚信。「バシャバシャ・・」とファーストジャンプ。思ったとおりのセイゴ!?サイズが小さい程、明確な魚信の傾向。しかしながら、がっちりフロントフックをくわえていた。すぐに抜きあげてのランディング。できる限り、すばやく撮影、すばやくリリース。そして元気に筑後川へ戻っていってくれた。何年後かに、また、立派な鱸になったら、会いたいなと感傷に浸りつつ、潮止まりでフィールドアウトした。

2008.07.006 

Tackle 
Rod                  Shimano Game AR-C S1006L
Reel                 Shimano 05 TwinPower 4000 
PELine             Duel X-wire H1763-BY 22Lb.(♯1.5) 200m
Joint                Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10 
Shock Leader    Daiwa Morethan Shock Leader Type F 20Lb.    
Lure                 Vibration

筑後川でのモアザンについてコメントにて御意見いただき、ありがとうございます。私なりの返答をさせていただきます。自分は筑後川をメインフィールドにしているため、モアザンのロッドは所有していません。メインフィールドが筑後川の場合、所有の必要を全く感じません。現在のAR-Cを購入する際に片っ端から9.5f以上のロッドを釣具屋さんで振りました。(今でもよく目に付いたロッドは振っていますが・・)残念ながら、テンリュウのロッドはどこにも置いていなかったため振れていませんが・・。現在、使用しているAR-Cのロッドについては、本ブログ中に、ちょこちょこ長所・短所は書かせていただいていると思いますので、そちらの方を参照ください。そんな中、例外なくモアザンも振りましたが、どのモデルも一番初めに候補から脱落しました。筑後川をメインフィールドにずっと通っている経験から、しなやかすぎてやわらかすぎるというのと筑後川で使用するにはバットの力が足りないというのが主な理由です。もちろん、モアザンのロッドが悪いわけではありません。個性的なロッドなのです。1本のロッドですべてのフィールド、すべてのルアーを網羅することなど不可能だと思います。そうした意味で筑後川という個性的なフィールドには、モアザンの個性(よさ)が合わないということです。自分が博多湾などミノーやシンペンをメインとするフィールドをメインとしていれば、チョイスするかもしれませんが・・。筑後川をメインフィールドに想定した今後のロッド選びのためと言われるのならば、「FCLLAB UC88」、「Shimano AR-C 906」やもっとモアザンに近いところでは「UMFウエダ CPS10f」あたりとモアザンを釣具屋さんで振り比べてみてください。すぐに違いが実感できると思います。もうひとつ、客観的な事実として、筑後川の常連さんと言われる方々で、ミノーやペンシルをメインで使用している方以外で、モアザンのロッドを使用している釣人を私は見たことがないです。モアザンを持ち込むのは、もっぱら福岡など遠方からたまに来る人などであり、それを推奨するのもそこから来た人達のみ。フィールドにも個性があり、各アングラーの釣り方のスタンスにも個性がある。その個性に合わせて必要なそれに合うツールを揃えるべきと考えます。また、紹介するのならば客観的にメリット・デメリットを挙げるべきと私は思います。ただただ、推奨するのはいかがなものか?その中で、筑後川をメインフィールドにし、かつ、筑後川フィールドでは超ライトタックルの私の私見としても、現状のモアザンのロッドは筑後川には合わないというのが結論です。(くれぐれも、これから筑後川をメインフィールドにしてモアザンをメインロッドとして使用するのは推奨しないと言っているのであって、もちろん、普段は博多湾などでシーバスを楽しみつつ、たまに遠征で筑後川という釣人のモアザン使用を否定している訳ではありません。念のため。)もちろん、筑後川でもミノーやペンシルにこだわったスタンスで望むというのならば、モアザンでいいと思いますが・・。最終的に御自分のタックルを選ばれるのは個人個人です。筑後川をメインフィールドにしているアングラーのひとりとして、筑後川でのタックルに関しては参考までに意見を述べさせていただいた次第です。



健康上級者の青汁

 

 

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/19(土) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<File No.2008.07.007 | ホーム | File No.2008.07.005>>

コメント

迅速なご返答ありがとうございます

自分もいろいろなロッドを触って迷っているところでした。
候補の1つにモアザンブランジーノ(9.5ft以上)をあげていたのですが、記事を読ませていただき、気になってコメントさせていただきました。

AR-Cも釣具店で触っていたので多少わかりますが、バットパワーがすごそうですね。
筑後川でのロングキャストに向いてそうだし、ランカーサイズのシーバス仕様といった感触でした。

それでもモアザンが気になったのは、筑紫様がおっしゃっているやわらかさ、しなやかさの部分で、反対の意見になりますが、あえてそこを買ってみようかと思っていたところでした。
食い込みがよさそうだし、長く釣っていても疲れず集中できそうというのがその理由です。
リールをつけて持ち重りの心配もしましたが、グリップの上の方に重心があるようで、そこを常に持つ癖がある自分には、丁度いいと感じました。
バットパワーの問題は、強すぎると面白みにかけるかな?と思っていたところでした。

筑紫様の記事をいつも読ませていただき、固定観念を持たない方とイメージしていまして、その方がモアザンは筑後川に向かないとはっきりおっしゃっていたので、そんなに合わない竿なのかと、自分の釣りに対する考えが根本的にずれているのか?と思ったのも、コメントさせていただいた理由の1つでした。

しかしやはり最終的に選ぶのは個人という意見に安心させてもらえたので、ひねくれ者の自分は(笑)、あえてモアザンを候補に考えてみたいと思います。
あと推奨していただいたウエダも、まだみたことがないので、探して触ってみます。

貴重な時間をさいてご意見いただいたことに感謝し、失礼したいと思います。
  1. 2008/07/20(日) 05:16:58 |
  2. URL |
  3. シーバス #z8Ev11P6
  4. [ 編集]

一般的な話として・・・

筑紫次郎です。

状況のよくわかるコメントありがとうございます。今までの私の私見はあくまで一般的な話です。無条件ではモアザンは薦められないのです。筑後大堰付近でさえも最大潮位差3mの大潮下げの激流の状況にバットが耐えられるか?これが、自分のロッド選びの最低限クリアしなければならない最大のテーマでした。コメントのとおり、バットフルだと魚とのヤリトリが味気ないものとなる。60cmの鱸でもそれなりにヤリトリを楽しみたい。そのため、最終的なチョイスはバットフルな「AR-C 906」ではなく「AR-C 1006L」。それでも、ダウンストリームから引き上げる際のヘビーウェイトバイブレーションのコントロールは難しいものがあります。

単にブランドや広告に翻弄されずに、メインフィールドと自分の釣り方に合う道具を自分でチョイスするのは楽しみのひとつです。筑後川のフィールドを理解し、モアザンの長所・短所を理解した上でメインロッドに据えてみることに異論を挟む余地はありません。

今回は、余りに個別のフィールドの特性を無視した、資本主義的な無責任で無知な推奨に対して意見したかったのです。
  1. 2008/07/21(月) 11:48:26 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #-
  4. [ 編集]

わかります

自分も、店員の話に疑問を持つ時が多々あります。
やはり、実際釣りが好きで意見を持たれている店員の方が信憑性があるし、何より話していて楽しいです。
売りに走るサービスは、すぐ見抜かれるし、リピート率も悪い・・・まあ、自分に返ってくるのではないでしょうか?

ロッド選びに関して、筑紫様からは色々と意見をいただき、参考になるどころか、勉強になっています。
本当に有難うございます。
まだ購入には至っていませんが、購入後には釣果も含め(釣果が出ればいいのですがw)、ロッドの感触を報告したいと思っておりますので、宜しくお願いします。
  1. 2008/07/22(火) 21:46:21 |
  2. URL |
  3. シーバス #z8Ev11P6
  4. [ 編集]

ロッドについて

僕は筑後川にほぼ毎日通っています。使っているロッドはモアザンの8フィート5インチですが何ら問題は見受けられませんし、筑後川でこのロッドで数々のシーバスをあげてきました。バットパワーも申し分なし、24gのマールアミーゴはもちろん28gのレンジバイブも引けます。もちろん流れのきつい場所、ゆるい場所等色々試した結果です。店頭で手に取っただけでは判らない部分、ある程度使い込まないと判らないこともあると思います。店頭での感触のみではなく、実際に使ってみてから良し悪しを判断してみてはいかがでしょうか。
  1. 2008/08/02(土) 12:31:49 |
  2. URL |
  3. 筑後川の常連です #-
  4. [ 編集]

残念ながら・・・

申し訳ないですが、そんなにお金持ちではないので、そんな無駄な投資をするだけのお金と時間を持ち合わせておりません。
基本的には、メーカーや雑誌などの宣伝に翻弄されずに、自分の通うフィールドと自分の釣るスタンスをしっかり把握し、ある程度の経験があれば、釣具屋で振っただけでも、自分に必要なツールは把握できると考えます。そうしないと選べませんから。もちろん、近いテイストのものでは悩みますが・・・。
それに、自ら、筑後川の常連と言われても・・・?(汗)。
まあ、本件に関しては、前回お話したとおり、あくまで一般論としてお話しているだけで、個別に筑後川の状況を把握した上で購入されるのであれば問題ないとは思います。最終的には好みですから・・。
まあ、常連と言えるかどうかはわかりませんが、今年、筑後川デビューの頭でっかち?とか噂に聞く中学生さんがモアザンを購入されたとか聞いたことはありますが・・・。それ以外では、見たことも聞いたことはありません。
いずれにしても、これから筑後川をメインにしたいと考えているアングラーや筑後川メインで次のチョイスに悩んでいるようなアングラーに対して、資本主義的な推奨意見だけということを見過ごせずに、筑後川フィールドをメインとしているアングラーのひとりとしての個人的な反証の見解を述べているにすぎないのです。最終的には、もちろん、どのツールを選ぶかは、アングラー個人の選択になるのですから・・・。
本見解に関する本意が正しく伝わることを切に希望します。

  1. 2008/08/02(土) 13:54:01 |
  2. URL |
  3. 筑紫次郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chikugoriverseabass.blog121.fc2.com/tb.php/112-3bb6ce66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ