筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No.2014.10.008

Field Date                      23.October.2014
Field Time           00:00 ~ 02:00 
Sea Bass Size         68cm   
Field Place            筑後大堰下流域 筑後川
Field Information        大潮    ↘   (三池)  晴




「 大潮の攻略 」・・・!?  


終盤戦の筑後川で・・・

今まで攻略が難しかった潮が大潮である・・・(汗)

普通のフィールドであれば・・・

大潮はチャンスなのかもしれないが・・・

最高潮位が5mを超えてくる有明海沿岸では・・・

大潮は激流と化すことが多く・・・

適正流速の時間が恐ろしく短い場合が多く・・・

攻略しづらかった・・・(汗)

そして今宵は大潮・・・

三池港の基準でも最高潮位が5mを超えていた・・・(笑)

おまけに・・・

北からの強風が吹き荒んでいた・・・

通常であれば、出撃することも躊躇する状況・・・

苦手意識は自らの成長を妨げることにもなる・・・

「ダメ」でもともと・・・

否・・・大潮を克服したく・・・

筑後川フィールドに佇む・・・(笑)

予想以上に吹き荒ぶ北風・・・(汗)

ウインドブレーカーでパッケージしながら防ぎつつ・・・

ラインメンディングに勤しむ・・・(笑)

どうやら、フィールドには・・・

僅か1~2cmのアリアケヒメシラウオと思われる

ベイトの気配・・・

まったくルアーに反応のないままに・・・

時間だけが過ぎていくが・・・

有明鱸の気配は感じ取れていた・・・!

「 居る 」・・・!

まったくルアーに反応をしてくれていないが・・・

確実に気配を感じ取っていた・・・!!

そして・・・

そのことが「確信」に変わる・・・!!

流していたシンキングペンシルが不意に流れの中で止まった・・・!

と同時に・・・

流芯側で派手な水飛沫があがる・・・?!

慎重にファイトをおこないつつ・・・

有明鱸の口元を確認すると・・・

シンキングペンシルを頭から半分以上咥え込んでいた・・・!

この時点でフックアウトはない・・・!

ほどなく・・・



20141000801【68cm】 


68cmの筑後川の筑後川の有明鱸・・・!!



20141000802【68cm】 


黄色い胸鰭に大きな尾鰭・・・!

小顔で丸々とした素晴らしき銀鱗・・・!


今宵は何とか「大潮」を攻略できた・・・!

その満足感や達成感は如何ばかりのものか・・・?!

何とか・・・「 一夜一本 」・・・!

されど・・・「 一夜一本 」・・・!

自分にとっては大きな意味のある一本・・・!

サイズや本数では購いきれない尊い一本・・・!


最近・・・メディアも含めて、フィールドを晒されることが多い・・・!?

まず、釣果に関係のない周辺の画像を晒す必要などあるのか・・・?

そんな輩は・・・過去には・・・

水系の自分のフィールドには、モザイクをかけて掲載していた・・・(爆)

まずは自分の水系のフィールドでも晒しているのなら・・・

まだ説得力はあるとは・・・思うのだが・・・(笑)


遠征で来る方々も含めて・・・

自分のいつも釣ってるフィールドを晒せていますか・・・?

そうでなければ・・・

遠征先でも・・・どこでも周辺など晒すことはできないはず・・・!

釣れない口先だけの素人が釣果があがって・・・

舞い上がるのもわかるが・・・

誰も踏み入れた跡すらないフィールドを開発し・・・

釣れる時合を求めて・・・

数年の経緯がそこにあることを理解できているのか・・・???

そんな軽薄な人間が・・・

ホームを愛しているなど軽々しく口にするものではない・・・!

「 友達 」 の 「 友達 」 は知らない人である・・・!


決してゴミ拾いの活動を否定している訳ではないのだが・・・

大掛りなゴミ拾いなど派手なことよりも・・・

よっぽど・・・こうしたことを・・・

ひとりひとりがきちんとできるようなことが・・・

大切なことであり・・・

よくよく考えられるべきことであり・・・

行動すべきことではないのだろうか・・・?


筑後川フィールドへの 「 感謝 」 を込めて 

この悠久の流れに「 一礼 」をおこない、  

「大潮」での有明鱸を授けてくれた・・・
 
シーズン終盤の筑後川 を・・・

達成感とともにゆっくりと後にした。




Tackle
Rod                    Shimano GAME AR-C  906  
Reel                    Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool
PELine                UNITIKA Silver Thread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Seaguar Premium MAX 25Lbs. Fluoro Carbon
Snap                      Maria Fighters SNAP #1
Lure                   SinkingPencil 








スポンサーサイト

テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/10/26(日) 12:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2014.10.007

Field Date                      20.October.2014
Field Time           00:00 ~ 02:00 
Sea Bass Size         64cm   
Field Place            筑後大堰下流域 筑後川
Field Information        中潮    ↗   (三池)  晴




「 上げの延長戦 」・・・!?  


下げの潮では結果は出たが・・・

終盤戦のここ筑後川での秋を惜しむように・・・

上げの検証も含めて延長戦にて・・・

筑後川フィールドへ佇む・・・!

フィールドにはこの時期には珍しく温かかったのか・・・???

蟹が散見された・・・!?

そして、思った通り・・・

すぐに上げの潮は効いてきた・・・!

どんどん・・・どんどん・・・上がってくる・・・!

ルアーやラインなどから伝わる情報としては・・・

下げの潮に比べると・・・

上げの潮は温かく感じる・・・!

有明海から上がってくる潮は下げの清流域から運ばれてくる流れより・・・

昼間に太陽によって有明海で温められ温かいことが多い・・・!

しかしながら・・・如何せん上げの圧力が強すぎる・・・(汗)

潮の上げ方も下げ方も一様ではなく・・・

強く流れたり・・・

緩んだり・・・

澱んだり・・・

しながら、上げ下げを繰り返す。

必ず・・・適正流速が訪れるはず・・・

そう思いながら・・・

シンキングペンシルを流していると・・・

突然・・・魚信もなく強烈に引き込み・・・

ドラグが鳴り続ける・・・

とにかく・・・耐える・・・(笑)

魚種は有明鱸かもしれないし・・・

メダナなのかもしれないが・・・

おそらく・・・このカンジはスレ・・・(笑)

ひとしきり・・・引き釣りまわされたところで・・・

フックアウト・・・(汗)

魚種だけでも確認したかった・・・(汗)


ここで「流れに強く」「漂う」偶然の産物のチューニングルアーを投入・・・

今回はすぐに反応があった訳ではないが・・・

少し強めの流れの中から・・・



20141000701【64cm】


64cmの筑後川の有明鱸・・・!



20141000702【64cm】 


胸鰭が黄色い綺麗な銀鱗・・・!

「 一夜一本 」・・・!

今宵も何とか「上げ」の検証もできたので・・・

筑後川フィールドへの 「 感謝 」 を込めて 

この悠久の流れに「 一礼 」をおこない、  

「上げ」の延長戦でも有明鱸を授けてくれた 筑後川 を後にした。




Tackle
Rod                    Shimano GAME AR-C  906  
Reel                    Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool
PELine                UNITIKA Silver Thread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Seaguar Premium MAX 25Lbs. Fluoro Carbon
Snap                      Maria Fighters SNAP #1
Lure                   SinkingPencil 










テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/10/24(金) 12:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2014.10.006

Field Date                      19.October.2014
Field Time           21:00 ~ 24:00 
Sea Bass Size         57cm 55cm  
Field Place            筑後大堰下流域 筑後川
Field Information        若潮    ↘   (三池)  晴




「 まだまだ終わらない 」・・・?  


全国の一般的なフィールドでは今が最盛期なのだろうか・・・?

しかしながら、ここ筑後川ではまさに終盤戦・・・!

いつ終わってもおかしくはない状況・・・(笑)

そんな終盤戦の秋を惜しむように・・・

筑後川フィールドへ佇む・・・


まずは「流れに強く」「漂う」偶然の産物のチューニングルアーを投入・・・

すると・・・あっさり・・・



20141000601【55cm】 


55cmの筑後川の有明シーバス・・・!



20141000602【55cm】 


黄色い胸鰭に真っ黒な尾鰭・・・!

小顔でどっしりしたヒラ鱸と見間違うような素晴らしき銀鱗・・・!


いつものように・・・暫しの沈黙・・・(笑)


そして、シンキングペンシルにヒットするも・・・

下げの流れに一気にのられてフックを一発で延ばされ・・・

フローティングミノーで掛りが浅く・・・

フックアウト・・・!!

「今宵はツキがないのか・・・?」

そう思った頃に・・・

下げの潮が緩み、適正流速と思えた瞬間に・・・

フローティングミノーの軌道がズレた・・・!?



20141000603【57cm】


57cmの筑後川の有明シーバス・・・!



20141000604【57cm】 


黄色い胸鰭にダップラーの個体・・・!

少しスマートな銀鱗・・・!


これで潮が止まった・・・(汗)

今宵はすぐに上げの潮が効いてくることを予想して・・・

時間延長で・・・上げの検証もおこなうことにして・・・


筑後川フィールドへの 「 感謝 」 を込めて 

この悠久の流れに「 一礼 」をおこない、  

「下げ」の潮でも有明シーバスを授けてくれた・・・

筑後川 を一旦、後にした。




Tackle
Rod                    Shimano GAME AR-C  906  
Reel                    Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool
PELine                UNITIKA Silver Thread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Seaguar Premium MAX 25Lbs. Fluoro Carbon
Snap                      Maria Fighters SNAP #1
Lure                   SinkingPencil FloatingMinnow    




テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/10/23(木) 12:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2014.10.005

Field Date                      17.October.2014
Field Time           21:00 ~ 23:00 
Sea Bass Size         58cm 40cm  
Field Place            筑後大堰下流域 筑後川
Field Information        小潮    ↘   (三池)  晴




「 下げの検証 」・・・?!  


前日の小潮の下げでの再検証をおこなうべく・・・

筑後川フィールドへ佇む・・・


どうしてもフィールドに投入して・・・

試したい自分で浮力をチューニングしたルアー・・・!

キーワードは「漂う」そして流れに強い・・・

近いコンセプトは「DUO社」の「DC12」・・・!

もちろん・・・偶然の産物でしかない代物なのだが・・・(笑)

それをチョイスし・・・一投目に結果は出る・・・!!



20141000501【40cm】


40cmの筑後川の有明シーバス・・・!!

サイズ以上に自分の思惑通りのキャッチに価値があった・・・

素晴らしき銀鱗・・・!!


その後・・・暫しの長き沈黙・・・(笑)


「居るだろう」なのに・・・釣りきれない・・・!!

そして、いつも結果を出してくれるシンキングペンシルにすべてを託す・・・(汗)

すると・・・



20141000502【58cm】 


58cmの筑後川の有明シーバス・・・!



20141000503【58cm】  


かなり痩せた個体・・・!

何とか・・・検証のできた下げの潮・・・?!

ただ・・・下げの潮はもう冷たい・・・!



「DC12」に触れたが・・・

ルアーの販売周期はメーカーによって期間は違う。

自分はそんなに器用ではないので・・・

3シーズンくらいの検証をしないと・・・

使いこなせるカンジがしない・・・?!

そしてある程度の検証後には定番として・・・

タックルボックスに居座ることが多い・・・(笑)

すべての状況に汎用的なルアーなど存在しない・・・!

この状況には「これ」といった専門性(特殊な役割)を把握するのに時間がかかる。

そして・・・

こちらが思ったイメージ通りに動いてくれることが大切である。

そういう意味では、自分の好みではあるが・・・

一番好むのは「固定重心」・・・!

次がマグネットなどで固定できる移動重心・・・!

一部例外を除いて・・・

あまり使わないのが「固定されない移動重心」・・・!

勝手に重心が移動してしまうタイプである。

また水中姿勢は非常に重要なポイントだと思っている。

そういう意味では・・・

現在の市場に溢れるルアー達は・・・

もう少し・・・開発すればよくなるのに・・・?!

といった代物が多いと思う。

費用対効果の面もあると思うが・・・

基本的なスペックで既に購買方向に向かわない。

費用対効果が問題ならば・・・

もう少し高くてもいいので・・・

しっかりしたスペックのルアーを開発してほしいと思うのは・・・

私だけだろうか・・・???


筑後川フィールドへの 「 感謝 」 を込めて 

この悠久の流れに「 一礼 」をおこない、  

「下げ」の潮でも有明シーバスを授けてくれた・・・

筑後川 をゆっくりと後にした。




Tackle
Rod                    Shimano GAME AR-C  906  
Reel                    Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool
PELine                UNITIKA Silver Thread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Seaguar Premium MAX 25Lbs. Fluoro Carbon
Snap                      Maria Fighters SNAP #1
Lure                   SinkingPencil    



テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/10/21(火) 12:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2014.10.004

Field Date                      16.October.2014
Field Time           00:00 ~ 01:00 
Sea Bass Size         50cm  
Field Place            筑後大堰下流域 筑後川
Field Information        小潮    ↘   (三池)  晴




「 タイムリミット 」・・・?!  


小潮の上げで結果が出たが・・・

下げの検証はいかなるものか・・・?

しっかり検証したいところだったが・・・

流石に平日の夜の検証はつらいところもあって・・・(汗)

小潮で潮汐差の少ない潮回りでは・・・

筑後川の有明海に注ぐ流れの勢いには耐えきれないところもあって・・・

上げの途中でも流れが拮抗したり・・・

然もすれば、下げの流れにのまれる始末・・・!

そのため、下げの潮はすぐにはじまった。

タイムリミットを感じながら・・・

下げの検証をおこなう。

有明鱸が抜ける直前のこの時期に特徴的な傾向と思われるが・・・

上げより下げの方が反応が悪い場合が多いと感じる。

しかしながら、結果はすぐに出た・・・(笑)



20141000402【50cm】 


50cmの筑後川の有明シーバス・・・!!

スマートで綺麗な銀鱗・・・!!


このあと・・・

シンキングペンシルが水中で止まったが・・・

すぐに下げの流れにのろうとされて・・・

フックが伸ばされた・・・!

無念のフックアウト・・・?!

ここで・・・タイムアウト・・・!?


何時ぞやの秋の朝焼けは美しくも儚い・・・?!



20141000401.jpg 


この筑後川フィールド・・・

まだまだ検証すべきことが山積しているように思う。


そろそろ・・・釣りに関する業界なども・・・

流行り・・・廃り・・・の浮き沈みに左右されることなどなく・・・

フィールドウォッチに目を向けたりしないのだろうか・・・?

少なくともメディアは具体的なフィールドを晒すべきではない・・・!!

そんなことでは・・・

いつまでたっても「文化」など根付くはずもない・・・!

秋の夜長に・・・

少し感傷的になって・・・

筑後川フィールドへの 「 感謝 」 を込めて 

この悠久の流れに「 一礼 」をおこない、  

「下げ」の潮でも有明シーバスを授けてくれた・・・

筑後川 を後ろ髪をひかれながら後にした。




Tackle
Rod                    Shimano GAME AR-C  906  
Reel                    Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool
PELine                UNITIKA Silver Thread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Seaguar Premium MAX 25Lbs. Fluoro Carbon
Snap                      Maria Fighters SNAP #1
Lure                   SinkingPencil    






テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/10/20(月) 12:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2014.10.003

Field Date                      15.October.2014
Field Time           21:00 ~ 24:00 
Sea Bass Size         73cm 65cm 57cm 54cm 50cm 50cm  
Field Place            筑後大堰下流域 筑後川
Field Information        小潮    ↗   (三池)  晴




「筑後川から有明鱸が抜ける時」・・・?!  


台風19号の接近中も筑後川フィールドに向かうが・・・

さすがに・・・吹き荒ぶ勢いを増すばかりの風雨に・・・

深夜から早朝に釣り仲間とコンビニに避難・・・(汗)

珍しく有明鱸の談議に花を咲かせた・・・(笑)

さすがに当然と言えば・・・当然の判断・・・(笑)

引き返す「覚悟」は常に必要である・・・!!


台風が通り過ぎた10月中旬・・・

筑後川フィールドは肌寒く・・・

早朝などは吐く息は白く・・・

ウインドブレーカーは必須になってきている。

そんな秋への季節の移ろいは・・・

筑後川から有明鱸が抜けるのに拍車をかけてくる・・・(汗)

今季は夏が昨年より暑くなく・・・

この2つの台風で通年より少しだけ早く秋が深まってきている感がある・・・(汗)

筑後川のレギュラーシーズンは10月までのことが多い。

もちろん・・・筑後川でまったく有明鱸が釣れない訳ではないが・・・

極端に11月の釣果が落ちるのは・・・

この10年の傾向である。

11月は有明海沿岸で釣果があがることが多いことからも・・・

産卵などのトリガーにより・・・

大半の有明鱸は筑後川から抜けていくのだと推察している。


そんな・・・

少し焦りのある季節に・・・

まだ筑後川から有明鱸が抜けていないことを確認するために・・・

筑後川 大堰下流域のフィールドに佇む・・・!

すぐにその確認はできた・・・(笑)



20141000301【54cm】


54cmの筑後川の有明シーバス・・・!



20141000302【54cm】 


小顔で砲弾型の銀鱗ダップラー・・・!

続いて二本目・・・!



20141000303【65cm】 


65cmの筑後川の有明鱸・・・!



20141000304【65cm】 


これも綺麗な砲弾型の銀鱗・・・!

そして三本目・・・!



20141000305【50cm】


50cmの筑後川の有明シーバス・・・!

四本目・・・!



20141000306【50cm】 


同サイズ50cmの筑後川の有明シーバス・・・!

ダップラーの個体・・・!

五本目・・・!



20141000307【57cm】 


57cmの筑後川の有明シーバス・・・!



20141000308【57cm】 


小顔で背張りのダップラー・・・!

そして上げの最後の六本目・・・!



20141000309【73cm】 


73cmの筑後川の有明鱸・・・!




20141000310【73cm】 


少し黒っぽいがスマートで均整のとれた個体・・・!



20141000311【73cm】 


すべてしっかりと蘇生すると・・・

筑後川の悠久の流れにゆっくりと帰っていってくれた。


台風通過後に 「 一夜六本 」 ・・・!

こんな釣果も夢・現かと思えるように・・・

有明鱸は筑後川を抜けていってしまう。

残された今季の今しかない この「 秋 」 を満喫するしかない。


筑後川フィールドへの 「 感謝 」 を込めて 

この悠久の流れに「 一礼 」をおこない、  

「上げ」の潮で有明鱸を授けてくれた 筑後川 を一旦、後にした。




Tackle
Rod                    Shimano GAME AR-C  906  
Reel                    Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool
PELine                UNITIKA Silver Thread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Seaguar Premium MAX 25Lbs. Fluoro Carbon
Snap                      Maria Fighters SNAP #1
Lure                   FloatingMinnow SinkingPencil    







               

テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/10/17(金) 12:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2014.10.002

Field Date                      04.October.2014
Field Time           21:00 ~ 24:00 
Sea Bass Size         77cm  
Field Place            筑後大堰下流域 筑後川
Field Information        若潮    ↘   (三池)  曇




「 爆風の中の一本 」・・・!  


台風18号の余波で時折、爆風に見舞われる中・・・

ゆっくりと筑後川フィールドに佇む・・・!



20141000205.jpg 


なかなか厳しいフィールド状況ではあるが・・・

まずは・・・ボイルに撃ち込むと・・・



20141000204.jpg 


瀬バスちゃん・・・(汗)

果たして・・・

もう筑後川 清流域の有明鱸は・・・

落ち鮎を待たずに下ってしまったのだろうか・・・?!


夜になると一層、風は吹き荒ぶ状況ではあったが、

ある種の「確信」があった。

主な風は北東から吹き荒び・・・

時折、止み、そしてあらぬ方向から舞う・・・

ラインメンディングも含めて・・・

すべてのコントロールが難しい厳しい状況・・・!

しかし・・・ドラマは待っていた。

「確信」どおり・・・

フローティングミノーに金属的な魚信・・・!!

70半ばと思われた有明鱸は足元まで寄ってきた後に・・・

沖へ鋭く突っ込む・・・

と同時にテンションが抜けた・・・(汗)

ラインブレーク・・・?

フックが延ばされフックアウト・・・!

トリプルフックの一本しか掛っておらず・・・

かつ、貫通していなかったことが原因だと思われる・・・(汗)

最悪のラインブレークではなかったので・・・

気を取り直して・・・

厳しいフィールドに挑む・・・!

昨夜、活躍したシンキングペンシルを取り出し・・・

何度も何度も・・・

ただただ・・・撃ち込む・・・!!

「居る」のはわかっている・・・!

反応してこないだけ・・・?!

否、反応させられないだけ・・・?!

すると・・・爆風の中、ラインが走った・・・!!

前回のフックアウトがあるので、慎重にファイトをおこなう。



20141000201【77cm】



77cmの筑後川の有明鱸・・・!

「 確信 」で釣り直しの一本・・・!



20141000202【77cm】


小顔で背張りの秋の有明鱸・・・!

胸鰭は黄色い・・・素晴らしき銀鱗・・・!



20141000203【77cm】 


撮影後、すみやかにリリース・・・!

悠然と筑後川の流れに帰っていってくれた。


画像を見てもらえばわかることだが・・・

自分はフィッシュグリップを長く使用している。

くだらない「ブツ」持ちをほとんどしない自分の場合は・・・

魚体に対してフィッシュグリップを直角に持つことはないので、

下顎をフィッシュグリップが貫通することは・・・

ほとんどない・・・!!

今回の個体も4kgはある個体だが・・・

フィッシュグリップを魚体に対して平行に使用して・・・

リフトしているが、下顎を貫通した形跡などない・・・!

フィッシュグリップは魚体に対して平行に使えば・・・

90オーバーでも貫通することはほとんどない・・・?!

筑後川の有明鱸の90オーバーの場合・・・

他の地区の鱸より重量がある場合が多いので・・・

フィッシュグリップだけで魚体を支えることが難しい場合が多い・・・!

実際・・・今季のメーターオーバーを確保する際に・・・

フィッシュグリップで確保したところ・・・

不意に全身で捻られ・・・フィッシュグリップが破損し修理となった・・・(汗)

90オーバーの場合は、手袋を水で濡らし、フィッシュグリップと手で支えれば・・・

下顎を貫通することなど皆無である・・・!

自分の顔と鱸の頭を、無理やりフレームインさせようとし・・・

手首を捻って、魚体に対して90度以上の鋭角でフィッシュグリップを使用すれば・・・

梃子の原理で一点に過度に力がかかり、下顎を貫通することになる。


バーブレスフックを使うのを推奨しておきながら・・・

フィッシュグリップで下顎を貫通させることを大したことではないという・・

稚拙な論理展開しかできないエグゼクティヴがいたようだが・・・

本末転倒ではないのか・・・?

鱸の下顎に穴が開かない方がいいに決まっている・・・!

下顎だろうが・・・何だろうが・・・

魚体に損壊やダメージを与えないにこしたことはない・・・!


稚拙な結論よりも・・・

よく考えて、言葉を選んでほしいと思うのは、私だけだろうか・・・?


台風の爆風の夜に 「 一夜一本 」 ・・・!


この台風で・・・

筑後川の 「 秋 」 の深まりは加速していくだろう・・・?!


筑後川フィールドへの 「 感謝 」 を込めて 

この悠久の流れに「 一礼 」をおこない、  

台風の爆風の中・・・

有明鱸を授けてくれた 筑後川 をゆっくりと後にした。




Tackle
Rod                    Shimano GAME AR-C  906  
Reel                    Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool
PELine                UNITIKA Silver Thread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Seaguar Premium MAX 25Lbs. Fluoro Carbon
Snap                      Maria Fighters SNAP #1
Lure                   SinkingPencil    
               

テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/10/08(水) 12:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

File No.2014.10.001

Field Date                      03.October.2014
Field Time           21:00 ~ 24:00 
Sea Bass Size         50cm × 5本 
Field Place            筑後大堰下流域 筑後川
Field Information        長潮    ↘   (三池)  曇




「 翻弄の大陸弾道弾 」・・・!  


10月の声を聞くと・・・

とたんに「秋」めいてくる・・・!

空も風も気温も湿度も・・・ 

そして今季は夏が昨年ほど暑くなかったこともあってか・・・?

「秋」が早いようにも感じている・・・!

そして・・・

そんな秋めいたフィールドでは・・・

大型の魚類に翻弄される・・・(爆)

早春の筑後川大堰下流域で川バチの発生を確認し・・・

筑後川における川バチのパターンを・・・

パイオニアとして確立していた5年以上前にも・・・

本来、動物性の餌を捕食しないといわれている彼らは・・・

襲ってきた・・・!!

そして・・・なんと・・・

今回、魚類までも捕食することを理解できた・・・!!



20141000102【草魚】 


そう・・・これは大陸弾道弾 「 草魚 」 ・・・!!



20141000103【草魚】 

 
これは80cm超の個体だが・・・

この2週間でメーターオーバーも含む約10本に・・・

闇夜に勘違いさせるジャンプと恐ろしい程のトルクを伴って・・・

翻弄されまくっている・・・(爆)

それ以外にも・・・



20141000101【鯰】 


だいぶ・・・少なくなってきたけれど・・・「鯰」・・・!



20141000104【セバスチャン】 


セバスチャン・・・?!


そして、潮まわりをみながら・・・

自分のスケジュールと睨めっこしながら・・・

やっと・・・下流域のフィールドに佇むと・・・



20141000105【有明シーバス50cm①】 


50cmの筑後川の有明シーバス・・・!

そして・・・金太郎飴のように・・・同じサイズが続く・・・(笑)



20141000106【有明シーバス50cm②】 



50cmの筑後川の有明シーバス・・・!

少し細身のダップラー・・・!



20141000107【有明シーバス50cm③】 


50cmの筑後川のダップラー有明シーバス・・・!

まだまだ・・・続く・・・金太郎飴・・・(汗)



20141000108【有明シーバス50cm④】 


50cmの筑後川のダップラー有明シーバス・・・!

この個体は下舌が飛び出している・・・???



20141000109【有明シーバス50cm⑤】 


潮止り直前に・・・最後の一本

50cmの筑後川のダップラー有明シーバス・・・!


本当に・・・金太郎飴のごとく50cmの同サイズ・・・!!

秋の夜長に 「 一夜五本 」 ・・・!


深まる 「 秋 」 につれて・・・

筑後川の 「 秋 」 は駆け足で過ぎゆく・・・?!


筑後川フィールドへの 「 感謝 」 を込めて 

この悠久の流れに「 一礼 」をおこない、  

有明シーバスを授けてくれた 筑後川 をゆっくりと後にした。




Tackle
Rod                    Shimano GAME AR-C  906  
Reel                    Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool
PELine                UNITIKA Silver Thread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Seaguar Premium MAX 25Lbs. Fluoro Carbon
Snap                      Maria Fighters SNAP #1
Lure                   SinkingPencil    
               
                         


 

テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/10/04(土) 12:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ