筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No.2011.04.006

Field Date                     29.April.2011
Field Time          22:00 ~ 01:00 
Sea Bass Size        50cm 
Field Place          筑後大堰下流域 筑後川
Field Information      中潮  ↘   (三池)  晴




River Swimming Jig ・・・ !!   



  
有明鱸は「なぜ」河を遡るのだろうか・・・?
 
素朴な疑問にたぶん「ベイト」を追って・・・

と短絡的な答えが返ってくるのだろう。

しかしながら、「大河」をホームに据え、

何年もフィールドの観察を続けると・・・

「そうではない・・・?」と思えるようになる。


それは「鮎」が河を遡るように・・・

「クルメサヨリ」が河を遡るように・・・

「エツ」が河を遡るように・・・

その遺伝子に深く刻まれし、「習性」なのではないのか・・・?


関東の大河「利根川」では河口から120km上流まで遡った「鱸」が

実際に釣られているという。


ただただ、「ベイト」を追うためだけに、

淡水への浸透圧を調整し、

それでも長く淡水に曝されると、血行不良を起こし、

尾鰭の先を白濁させ、そのうちに擦り切れたように裂けてくる。

そんなリスクを背負ってまで河を遡る理由は・・・


ただ生息域を広げようとする「習性」なのではないのか・・・???

ただ単に「ベイト」を追って・・・というには余りにも不可解なことが多い。

「習性」で遡ってきたその場所にたまたま居た「ベイト」を単純に捕食している。

河を遡る「習性」ありき・・・という気がしてならない。


そしてその場所にたまたま居合わせるのが、

「稚鮎」であり

「アリアケヒメシラウオ」であり

「テナガエビ」であり

「クルメサヨリ」であり

「エツ」である。


その「季節」によって、そして「場所」によって

容易に捕食できる対象のベイトに偏食の傾向を強めていく。

だから、特に「春」は同じパターンが長続きしないのではないのか・・・???


そんなことを考えながら、最近は「アリアケヒメシラウオ」の偏食に

手を焼く筑後川フィールドへ向かう。

相変わらず、有明鱸の「気配」はするもののルアーは「無視」される・・・(笑)

何度かシンキングペンシルに魚信(バイト)があったが、

のせきれず・・・

見る見るうちに下げの潮も残りわずかとなる。

「 今日もダメか・・・? 」

と少し諦めかけた頃、ジグにルアーチェンジする。

気持ちよくスイムさせながら、直線的に流れを横切らせる。

何度か流れを横切らせると、もう「時合」は終わったフィールドの水面が割れた・・・(笑)

そして遅れて「ズンッ・・・」とした手応え・・・。

アワセを入れる「間」もなくそれはいつもはじまる。

そして何とかキャッチ・・・

20110400601.jpg 


50cmの筑後川の有明シーバス

ダップラーが強く残るきれいな個体

20110400602.jpg 


アシストフックが下顎を貫通している理想的なフッキング・・・

これは外れない・・・!?

すぐにリリースすると、元気に筑後川の悠久の流れに帰っていってくれた。

「ほっ」とする瞬間・・・

何とか本日は「一本」をおさめることができたので、フィールドアウトする。


日本の東日本大震災からの一日も早い復興と

本日も一本を授けてくれたフィールドへの感謝を込めて 

筑後川の悠久の流れにて「 一礼 」 をおこない、

静かにフィールドを後にした。



Tackle
Rod                    Shimano GAME AR-C S906L
Reel                    Daiwa Certate Hyper Custom 3012H
PELine                UNITIKA Silver Thread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Seaguar Premium MAX 30Lbs. Fluoro Carbon
Lure                    Jig

 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「1回」クリックお願いします。
Blog Ranking
 



筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は 64,000 アクセス!!
2010年は 53,700 アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。


スポンサーサイト

テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/30(土) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2011.04.005

Field Date                     27.April.2011
Field Time          22:00 ~ 24:00 
Sea Bass Size        74cm 3.0kg 
Field Place          筑後大堰下流域 筑後川
Field Information      長潮  ↘   (三池)  曇




明けない夜はない ・・・ !! 


特に何が変わった訳でもない。
 
筑後川において有明鱸を見失った訳でもない。

相変わらず、ベイトは「アリアケヒメシラウオ」

そしてそれらをつけ狙う有明鱸も捕捉していた。

ただひとつだけ、たぶん違ったことは・・・

有明鱸の「アリアケヒメシラウオ」偏食の傾向。

それが強くなった・・・(泣)

気配は感じる。

「 居 る 」

しかしながら、魚信(バイト)に持ち込めない・・・(泣)

恐ろしく 「 悔しい日々 」 の連続・・・

筑後川フィールドに打ちのめされる日々・・・

そしてここ筑後川フィールドではそんな事があることは今までの経験上・・・

ある意味「悟った」ような日々・・・


「明けない夜はない」


信じて立ち続けたフィールド・・・

我々は決して諦めない・・・


そして 「 夜は明けた 」 ・・・???


長潮の下げに何とか間に合い、フィールドイン

フィールドには有明鱸の気配・・・

しかしながら、最近の傾向よろしく、全くの「無視」・・・

スモールベイトにマッチザベイト・・・

そこに拘り過ぎるとパラドックスから抜けることが難しくなる

必要なのは・・・ 「 発想の転換 」 ・・・???

いよいよ潮が転換しそうなカンジ

しかしながら、まだ下げが所々に残ったカンジ

125mmのシンキングペンシルにルアーチェンジし、

疑心暗鬼のままマッチザベイトを捨て去る・・・?!

幾分か残る下げの流れに正対させると、

ダウンクロスの中で細かいスライドを繰り返しながら

手前によってきていたシンキングペンシルから不意の違和感・・・

「グイ~ン」といったカンジで向こうアワセ気味でのった・・・(笑)

頭だけ水面に出して「ジャポッ・・・」と反転する。

久しぶりの筑後川の有明鱸に・・・

「慎重に・・・」「慎重に・・・」って反芻する自分がいた・・・(爆)

何度かの突っ込みやヘッドシェイクを繰り返しながらも自分の目の前に横たわったものは・・・

20110400501.jpg


74cm 3.0kgの筑後川の有明鱸・・・

20110400502.jpg


お腹はパンパンに張っていた・・・

本当は、少し心も折れかけたが、フィールドに立ち続けた「甲斐」があった。

本当に何よりフィールドに立てることに「感謝」・・・!?


日本の東日本大震災からの一日も早い復興と

本日も一本を授けてくれたフィールドへの感謝を込めて 

筑後川の悠久の流れにて「 一礼 」 をおこない、

静かにフィールドを後にした。




Tackle
Rod                    Shimano GAME AR-C S906L
Reel                    Shimano 08StellaSW 4000PG + 10 Stella 4000S Spool
PELine                UNITIKA Silver Thread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Seaguar Premium MAX 30Lbs. Fluoro Carbon
Lure                    SinkingPencil

 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「1回」クリックお願いします。
Blog Ranking
 



筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は 64,000 アクセス!!
2010年は 53,700 アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。


テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/28(木) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

File No.2011.04.004

Field Date                     17.April.2011
Field Time          00:00 ~ 03:00 
Sea Bass Size        60cm 
Field Place          筑後大堰下流域 筑後川
Field Information      大潮  ↘   (三池)  晴




爆 風 の 中 の 一 本 ・・・ !! 


北東の風 4m

堤防で囲まれる筑後川の水面は風の通り道になり、

経験則上は筑後川フィールドはかなりの爆風・・・

潮まわりは大潮・・・

「微妙・・・???」

適正流速を形成する時間が極端に少ない・・・

「キャッチできるか・・・???」

しかしながら、その答えはフィールドに立ってみないとわからない。

「どうするか・・・???」

風向き、潮汐そして季節を読む・・・!?

マイクロベイト「アリアケヒメシラウオ」もどうするのか・・・???

そんなことを考えながらも、とにかくフィールドに立つ。

フィールドはやはり爆風・・・

ルアーの所在が掴めないカンジ・・・

下流側には何かしらの障害物・・・

流されては軽く引っ掛り、しかし抜けて帰ってくる。

そのうちには水面には有明鱸の反応がたまに見られた。

「居る・・・!?」

慎重にキャストし、ラインが風にふけるのを計算し

イメージしながらのリトリーブ・・・!?

押さえ込んだ感触・・・!!

「魚信(バイト) or 引っ掛り・・・???」

ロッドを立てて様子を見ると、

「 グイン グイン ・・・」

と頭を振る感触が伝わってくる。

ゆっくりとアワセを入れると徐に水面が割れた。

すぐに間合いを詰める。

手前に寄せたところでドラグを少し緩めると何回か突っ込みをみせたが、

少し強引にランディング・・・(笑)

20110400401.jpg


60cmの筑後川の有明鱸・・・!!

ダップルの残る少しスマートな個体


20110400402.jpg 


上唇にテールフックのかかった「啄ばむような」フッキング・・・!?

マイクロベイトを偏食している時の特徴

20110400403.jpg 


そのベイトは「アリアケヒメシラウオ」だと思われる。

撮影を済ませ、さっさとリリースすると、何とか筑後川へ帰っていってくれた。

爆風の中、何とかキャッチの一本・・・


爆風に少し心も折れかけたが、フィールドに向かった甲斐があった。

何よりフィールドに立てることに「感謝」・・・!?


日本の東日本大震災からの一日も早い復興と

本日も一本を授けてくれたフィールドへの感謝を込めて 

筑後川の悠久の流れにて「 一礼 」 をおこない、

静かにフィールドを後にした。




Tackle
Rod                    Shimano GAME AR-C S906L
Reel                    Shimano 08StellaSW 4000PG + 10 Stella 4000S Spool
PELine                UNITIKA Silver Thread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Seaguar Premium MAX 30Lbs. Fluoro Carbon
Lure                    JigMinnow
  
 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「1回」クリックお願いします。
Blog Ranking
 



筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は 64,000 アクセス!!
2010年は 53,700 アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。


テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/19(火) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2011.04.003

Field Date                     15.April.2011
Field Time          00:00 ~ 03:00 
Sea Bass Size        40cm 
Field Place          筑後大堰下流域 筑後川
Field Information      中潮  ↘ ↗   (三池)  晴




坂 口 堰 ・・・ !! 


九州北部 有明海に注ぐここ筑後川には複数の沈み堰が存在する。

暴れ川の異名を持つ筑後川の治水に関しては、

昔から苦慮し、先人達の血の滲むような努力と労力によって

工夫され、堰などを建設することで治水し、少し洪水が減り、

しかし、そのうちにまた洪水に見舞われるということが綿々と繰り返されてきた。

そのため、自分が知る限りでも上流から

「大石堰」「山田堰」「久留米大橋下の堰」「坂口堰」 

と治水のための人為的に設けられた「沈み堰」が現存する。

筑後大堰が建設される前にはその上流にも「沈み堰」が存在していた。

そうした堰のうちでも今でも潮汐の影響を受け続けているのが、

筑後大堰から下流に10km弱下流で

天建寺橋と下田大橋の間にある「坂口堰」である。

この沈み堰の存在の影響は大きく、

こと潮汐に関しては坂口堰の上流と下流では大きく異なる。

坂口堰という沈み堰が抵抗となり、

坂口堰上流では下げの潮の最下潮汐は

上げの潮が差してくるまでゆっくりとダラダラと下がり続ける。

具体的に言えば、三池港基準で干潮時間+2時間程度が最干潮となる。

その傾向は、携帯サイトのみではあるが、

「水資源機構 筑後大堰管理所 堰情報提供システム」

にて確認することができる。

そして上げもダラダラと差してくるかと思えば急に上げ潮が効いてきたりと

気紛れな上げ潮となる。

傾向としては、満潮1時間30分前くらいから

急激に上げの潮が効いてくることが多い。


もちろん、坂口堰下流においては、河口から順に多少のラグはあるものの

比較的、素直に潮汐が「上がったり」「下がったり」を繰り返してくれる。


筑後川フィールドにおいては、

大潮潮汐500mm超えの満潮前1時間くらいから

満潮後1時間くらいを坂口堰の岸から一度は過ごされることをお勧めする。

ただし、夜は非常に危険なので、「坂口堰」に立ち入ることは絶対に勧めない。

立ち入る場合は、フローティングベストや足回りなどは装備し、

自己責任でお願いします。

自分的には夜の坂口堰で落水したら「死ぬ」と思いますので、

念のため申し添えておきます。


そんな潮汐の不安定な干潮間際にフィールドインする。

フィールドは、はじめは下げが優勢だったが、

そのうち「上げ」「下げ」拮抗し、

また「下げ」が優勢となるといった不安定な状況。

そのうちに流芯が「上げ」優勢となり、

岸際に「下げ」のきれいな流れが形成された。

その岸際を丹念に探ると、ジグミノーが抑え込まれた。

20110400302.jpg 


40cmの筑後川の有明シーバス


20110400301.jpg 


マイクロベイト「アリアケヒメシラウオ」偏食の攻略は難しい。

そんな中での辛うじての一本・・・(笑)



日本の東日本大震災からの一日も早い復興と

本日も一本を授けてくれたフィールドへの感謝を込めて 

筑後川の悠久の流れにて「 一礼 」 をおこない、

静かにフィールドを後にした。



Tackle
Rod                    Shimano GAME AR-C S906L
Reel                    Shimano 08StellaSW 4000PG + 10 Stella 4000S Spool
PELine                UNITIKA Silver Thread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Seaguar Premium MAX 30Lbs. Fluoro Carbon
Lure                    JigMinnow
  
 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「1回」クリックお願いします。
Blog Ranking
 



筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は 64,000 アクセス!!
2010年は 53,700 アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。


テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/18(月) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

File No.2011.04.002

Field Date                     13.April.2011
Field Time          22:00 ~ 02:00 
Sea Bass Size        50cm 
Field Place          筑後大堰下流域 筑後川
Field Information      長潮   ↗   (三池)  晴




アリアケヒメシラウオ ・・・!! 


九州北部 有明海に注ぐここ筑後川では独特の生態系が展開されている。

それは日本最大の干潟と干満差を持つ宝の海である有明海に由来しているのだが、

その有明海を形成しているのも筑後川の豊な流れであるということも

またひとつの真実なのである。

そしてそれは他の地域にはまったく見られない様々な固有種を育くむ土壌となっている。


筑後川の極めて淡水に近い汽水域にのみ生息するといわれる

「アリアケヒメシラウオ」

20110400210.jpg


もそのひとつである。

産卵期が4月から6月にかけてなどいわれているが、

絶滅危惧種であり、地元の人もほとんど知らないような魚であり、

当然、まったく学術的な研究など進んでいない。


しかしながら、フィールドに立ち続けることで、

そうした自然のパズルの欠片を偶然、拾うこととなる。

20110400212.jpg


この時期の他の地域では鱸のベイトは「稚鮎」なのかもしれない。

しかしながら、少なくとも夜の筑後川の有明鱸のベイトは「稚鮎」などではない。

残念ながら、夜のフィールドで「稚鮎」を見たことも捕獲したこともない。

昼に「稚鮎」を釣っている(違法???)方々を見ることはあるが、夕方には帰っていく。

少なくとも夜の筑後川のこの時期の有明鱸のメインベイトは

この「アリアケヒメシラウオ」であることが多い。

20110400211.jpg


常に言い続け、そして 「 思う 」 ことがある。

フィールドも観察しないで、
実しやかにいい加減な憶測でモノを言うのはいかがなものか・・・???

そうしたことに惑わされず、自分達の目で実際に見て「観察」して、
フィールドで感じたことを最優先すべきである。

シーバスは「情報戦」などといわれる・・・

その「情報戦」は釣果情報などではない。

フィールドに関する情報であり、それは具体的には、

気温・水温・天気・気圧・風向き・季節・流れ・潮汐・時合・大堰の開き方等々なのである。



そして、90upをキャッチできてから、

お決まりの「ランカーショック」症候群に悩まされる・・・(笑)

まずは「気」が抜けた訳でもないのだが、

「春眠 暁を覚えず・・・」

にて時合に起きることができない始末・・・?!
 
仲間内でいう「寝かぶり」・・・(笑)

そしてやっとフィールドに立つと魚信(バイト)はあってものせきれない・・・(汗)

「釣りきれない」日々が続く・・・

末期症状に至っては、やっとこさのせた大型を連続してのラインブレーク・・・(泣)

今期の大きな課題のひとつに「ラインブレーク」を少なくすることがあるのだが、

既に今期、3本のラインブレーク・・・(泣)

これではさすがに自分の腕の無さが悔しくて、眠れない。。。


そして本日もフィールドでは「アリアケヒメシラウオ」を確認していた。

ゆっくりと上がっていく潮の中で、所々に強めの流れが形成されては消えていた。

その気まぐれな「流れ」を探りながら、 撃ち続けると、

案の上の「ショートバイト」

マイクロベイトを偏食している時の症状が頻発する。

そのうちに手前の流れが完全に消失し、

ジグミノーでやっと届く範囲だけに流れが形成されていた。

そしてその流れの際に反応が見られた。

すかさず、渾身のフルキャスト・・・!!

「届いた・・・」

そしてジグミノーの泳ぎだしにラインから違和感が伝わってくる。

遥か彼方での魚信(バイト)・・・!!

強めのアワセを入れると・・・

今期、4回目のラインブレーク・・・・

虚しくラインが横たわる・・・

「最悪・・・」

こうした 「 負 」 のスパイラルを断ち切る方法は2つしかない

「ロッド」を置くか? 釣れるまで続けるか?

「辞めるか?」 「突破するか?」 ということである。


折れそうな気持ちを何とか奮い立たせ、

まずはフィールドを休ませることも兼ねて、

50m程度 テンションを実際かけてのラインチェックを丁寧におこなう。

そして、フィールドを「観察」する。

しばらくすると、再び射程距離に流れが形成され、反応が見えた。

すかさず再び、ジグミノーを撃ち込む。

きれいに流れにのったジグミノーから金属的な反応が伝わってくる。

強めのアワセを入れると遥か彼方の水面が割れた。

質量がそれほどないことはすぐにわかったので、一気に間合いを詰める。

そのままの勢いでキャッチ・・・(笑)

20110400201.jpg


50cmの筑後川の有明シーバス

20110400202.jpg


本当に苦労してキャッチに至った 一本 ・・・
ダップルの綺麗な個体・・・

すばやくリリースすると、

元気よく脱兎のごとく筑後川へ帰っていってくれた。



日本の東日本大震災からの一日も早い復興と

本日も一本を授けてくれたフィールドへの感謝を込めて 

筑後川の悠久の流れにて「 一礼 」 をおこない、

静かにフィールドを後にした。



Tackle
Rod                    Shimano GAME AR-C S906L
Reel                    Shimano 08StellaSW 4000PG + 10 Stella 4000S Spool
PELine                UNITIKA Silver Thread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Seaguar Premium MAX 30Lbs. Fluoro Carbon
Lure                    JigMinnow
 
 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「1回」クリックお願いします。
Blog Ranking
 



筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は 64,000 アクセス!!
2010年は 53,700 アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。


テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/15(金) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

File No.2011.04.001

Field Date                     01.April.2011
Field Time          22:00 ~ 03:00 
Sea Bass Size        92cm  5.0kg  40cm 
Field Place          筑後大堰下流域 筑後川
Field Information      中潮   ↘   (三池)  晴




再びの 「 90 」 UP ・・・?! 


Rising Sun・・・

20110400110.jpg 


東北の・・・

そして日本の浮揚のために・・・


「 陽はまた昇る 」


こちら福岡県久留米市の 「 桜 」 は・・・

20110400111.jpg 

7分咲きといったところだろうか・・・???

一番見頃の時期なのかもしれない・・・。


そして、筑後川河川敷には「菜の花」の黄色いベルトが出現する

20110400112.jpg 


麗らかな 「 春 」 ・・・


疲れはピークなのだが、自然と足がフィールドに向いてしまう。

最近は「上げ」の 「 時 合 」で結果が出ていたので、

本日は 「下げ」 を仕切り直しで試してみる。

有明海の暖かい水が流入してくるだろう「上げ」に比べて

筑後川上流から流れてくる「下げ」の冷たい水は

この春先には有明鱸の活性を失わせてしまうのだろうか・・・?


そんなことを考えながら、フィールドに立つ。

中潮に変わった潮は思ったよりも下げの圧力が強く重く、

何ともノーカンなカンジ・・・。

「 下げ 」 は難しいか・・・?

しばらく、撃ち続けながら、フィールドを観察し続ける。

夜の闇に自分の眼が慣れた頃に遥か沖の流れのヨレに僅かな波紋を見つけた。


「見つけた・・・!?」


ミノーで届く距離ではない。

すぐにシンキングペンシルに変えて、珍しく渾身のフルキャスト・・・!?

辛うじて届いたシンキングペンシルが流れに馴染んだ頃に・・・

不意に少し緩めのドラグが鳴った。

ドラグはそのまま出っぱなしでアワセを入れれるカンジではない。

スイーヴ気味にアワセを入れようとした瞬間に・・・

「フッ・・・?!」

痛恨のフックアウト・・・?!


同じルアーで撃ち続けるか・・・?

チェンジするか・・・?

悩みながらも、そのままキャスト。

綺麗に流れに馴染んだシンキングペンシルが沖目で引っ手繰られた。

アワセを入れると、沖目の水面が割れたが・・・

先程とは全く違う・・・質量・・・(笑)

20110400101.jpg


40cmの筑後川の有明シーバス・・・!!

何はともあれ、今夜の嬉しい一本目・・・?!

さすがに小さめのジグミノーにルアーチェンジして、

睡眠時間と引換の諦めの悪いキャストを続ける。

その4投目のキャストにジグミノーが伸びた・・・!!

そして流れのヨレでラインテンションが掛かって

ルアーヘッドが上昇をはじめたその瞬間に・・・

「違和感・・・」

さすがに遠すぎて魚信(バイト)が伝わりにくい。

流れに正対させて「重さ」を確認して、

大きくアワセを入れると、

重量感のある手応え・・・!?

そして水面に頭だけ出してのヘッドシェイク。

重く強い流れにのって下られかかったので、一気に間合いを詰める。

頭をこちらにしっかり向けて「 パワーゲーム 」

AR-Cが根元から入っているが、ラインは新品なのでしっかり巻き取る。

一気に手前20mまで寄せ切った。

そこからは慎重に寄せては突っ込みを繰り返す。

久しぶりのパワーゲームに軍配があがり、長い魚体が自分の前に横たわる。

20110400102.jpg


92cm 5.0kg の筑後川の有明鱸

整った魚体だが、ここ筑後川では間違いないアフターの個体

20110400103.jpg 


枯れた個体。背中の筋肉も削げ落ち、お腹もまだ膨らんでいない。

20110400104.jpg


おそらく、回復前の個体。

産卵が遅かったのかもしれない・・・?!

撮影を終えて、リリースを試みるもなかなか回復しない。

15分くらいの蘇生の末、「 もうダメか? 」 と思った頃に

ようやく静かに筑後川の悠久の流れに帰っていってくれた。


再びの 「 90 」 UP


満足の一本・・・!?

東日本大震災からの一日も早い復興と

本日も一本を授けてくれた感謝を込めて

筑後川の悠久の流れに「一礼」を捧げ、静かにフィールドを後にした。




Tackle
Rod                    Shimano GAME AR-C S906L
Reel                    Shimano 08StellaSW 4000PG + 10 Stella 4000S Spool
PELine                UNITIKA Silver Thread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Seaguar Premium MAX 30Lbs. Fluoro Carbon
Lure                    SinkingPencil  JigMinnow
 
 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「1回」クリックお願いします。
Blog Ranking
 



筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は 64,000 アクセス!!
2010年は 53,700 アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。


テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/03(日) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ