筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

2010年の回顧


本当に本当にそろそろ終わりと思うも、
想像以上に終わりをみなかった今期の筑後川フィールド

終わってみれば、呆気ないもので、
魚信のない日々を普通に送ることになる・・・(笑)

11月の中旬から12月はまた激務に忙殺され、
なかなかまとまってロッドを振ることもできなくなっていた。
12月に至っては、「忘年会」というその日の夜も
そして少なくとも次の日の午前中は必ず犠牲にしてしまう催しに悩まされながらも
ロッドは振らずとも、習慣的に帰りには必ず筑後川フィールドの観察は
短時間でも行ってしまう・・・(笑)

そして恐ろしく忙しい日々に忙殺されつつも何とか通った2010年も
早いものでもう年末を迎えてしまっている。

加速度的に忙しくなり、激務に忙殺され、圧倒的に自分の間合い(時合)では
フィールドインできなくなってしまった2010年のシーズンも
最終的な結果は例年と変わらない。
自然とはそんなもので、極所的には例年と大きく違っても
トータルでは帳尻があってくる。

これは通年を通じて何年も通わないと理解できない事のひとつ。

2010年の春先だけを見れば、非常に苦戦した。
自分の時合でフィールドインできないもどかしさに
釣り方への疑問や苦悩もあったが、
春の筑後川固有種であるアリアケヒメシラウオという極小ベイトに
対するひとつの答えとしてのジグによる攻略が大きな転換期となる。

大河川の激しい流れの中にジグを入れ込み操るということで対応してきた。

夏も自分の時合に思うようにはフィールドインできずにもがき、
そして有明鱸の着き場が少し変わったところで苦しんだ・・・(笑)

シンキングペンシルやジグミノー、フローティング or シンキングミノーを
多用し、ほとんどバイブレーションを使わなくなってしまった
今日の自分のスタイルでは、
バイブレーションを引けば結果は出るのはわかっていても
なかなかバイブレーションに手が伸びずにいる。
2011年は再度、バイブレーションを使ってみてもいいかもしれない・・・(笑)

そして「秋」 
いつもよりダラダラと長い秋だった。
もう終るかもう終るかと思いつつもなかなか終わりを見せないフィールド
当たれば連発の多い印象だった。

何よりも今までの蓄積の中でも苦悩が多く、
フィールド開発に精を出したシーズンだったと思う。
フィールドでの苦悩に対する答えは3つあると思う。
ひとつはフィールド自体を変えること。
ひとつは我慢して「待つ」こと。
そしてもうひとつは釣り方及びフィールド、時合を「開発」すること。

我々はいつもこの筑後川フィールドで釣り方及びフィールド、時合を
「開発」することで「答え」を見つけてきた。
それは昨年も、今年も、そして来年も変わらないであろう「真実」である。

昨年よりも今年、今年よりも来年には「より進化した」自分でいたい。
そして筑後川フィールドの自然のパズルを拾い集める地道な活動を行っていきたい。


本ブログを読んでいただき、支持していただいた読者の皆様に感謝し、
またひとりでも「フィールドに対して真摯に向き合う」アングラーが
増える事を願いながら、2010年の回顧としたいと思う。

また2011年もよろしくお願いします。 
 
  




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking  



筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
2010年は53,700アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。



スポンサーサイト

テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/31(金) 00:00:00|
  2. Comment
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

File No.2010.12.001

Field Date                   30.December.2010
Field Time                   01:00 ~ 05:00  
春告魚 Size
             20cm×3本  15cm以下×7本
Rock Fish Size      12cm以下×6本

Field Place                  有明海沿岸

Field Information          小潮 ↗
 (三池)  曇後雨





有明海沿岸調査 有明海の春告魚を追え・・・! 


有明海は最大5mを超える日本一の潮汐差があり、
日本一の干潟を有する海

干潮時には、見渡す限り、一面に干潟が広がる

そんな潟の海に果たして、春告魚(メバル)やRockFishは居るのか? 
そんな調査をはじめて、もう数年になる・・・(笑)

11月下旬からまた激務に忙殺され、12月には激務に加えて、
「忘年会」というその日の夜は然ることながら、
次の日の午前中も確実に動けなくしてしまう催しもあって
加速度的に忙しく動けない日々を過ごしていた・・・(汗)

とは言え、どんなに遅くともロッドは振らずとも
筑後川のフィールド観察だけは帰宅前に行いつつ、
出来うる限り、釣れない釣りを楽しんでいた・・・(笑)

そんな激務も年末休暇で一段落
どこに行くか?迷いつつも、今冬シーズン初の有明海沿岸調査へ向かう。

フィールドは絶好の凪のはず・・・だった。
少なくとも到着していた時には凪いでいた・・・(笑)
しかしながら、準備をはじめると「風」・・・??
あっという間に「暴風」そしてウネリが襲ってきた。
トドメは「雨」・・・(笑)

例年では12月はあまり釣果に恵まれたことはなく、微妙な時期。
そしてフィールドの条件は「暴風」「ウネリ」「雨」

「もう帰るか・・・?」と諦めつつもキャストを繰り返す。

案の定、ジグヘッドの居場所がわからない。

少し重めのジグヘッドに変えて、上げの流れを掴むと何とか魚信。 

20101200101.jpg


RockFish「タケノコメバル」
最近はサイズが小さくなったように感じるが下へ下へ引き込む独特の引きは楽しい。
撮影に協力いただいて、サッサと有明海におかえりいただいた。

そして連発

20101200102.jpg 


そして20cmの春告魚 登場。

20101200103.jpg


その後も連発という訳ではなく、ポツポツと釣れていくカンジ。
4本目も良型春告魚

20101200104.jpg


暴風とウネリに邪魔されながらも綺麗にジグヘッドが同調した時にのみ
魚信があるカンジ。

20101200105.jpg 


小ぶりな一本。この直後に雨が降り出した。

20101200106.jpg 


ジグヘッドを変えた直後に一本・・・(笑)

20101200107.jpg

そして連発。そろそろ暴風で指が悴んできた。

20101200108.jpg


春告魚とタケノコメバルの魚信の違いがわかってきた。

20101200109.jpg 


そろそろ数がわからなくなってきた。

20101200110.jpg 


寒くてそろそろ「帰ろうか?」と思うと魚信が・・・(笑)

20101200112.jpg 


ウネリの影響だろうか?
良型はほとんど沖目での魚信

20101200113.jpg 


タケノコメバルはボトム付近が多いのは言わずもがな。

20101200114.jpg 


もうそろそろ数も指も限界・・・(爆)

20101200115.jpg 


帰りたいのに帰れない 状態・・・!!

20101200116.jpg 


いつの間にか暴風はおさまり、ウネリも少なくなっていた。

攻めながら帰ると・・・

20101200117.jpg 


良型春告魚 最後に追加・・・
これにて満潮潮止まりにて終了。

あくまでポツポツ釣れてくれた本日の有明海沿岸調査
悪条件を克服してのシーズン序盤としては満足な結果
 
久しぶりの有明海沿岸を眺めながら、
ゆっくりとフィールドアウトした。




Tackle
Rod                    MajorCraft AirLights AL-T762PE
Reel                    Shimano  07 Stella C3000S
PELine                Gosen GL-701 剛戦®Xsw 14Lb.(♯0.8 ) 150m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Nyron 3Lb.
Lure                   Jig Head + Soft Lure

 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 





筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/12/30(木) 13:00:00|
  2. 有明海沿岸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ