筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No.2010.11.003

Field Date                   15.November.2010
Field Time                   23:00 ~ 01:00 
Sea Bass Size              55cm  40cm  

Field Place                  筑後大堰下流域  筑後川

Field Information          小潮  ↗
 (三池)  晴



上げ潮の大河・・・!!  


本当に本当にそろそろ終わりと思うも、
本当に終わりなのかを確かめたくて、フィールドに立ち続ける。

それは絶望へ向かっているとは自覚していない死滅回遊に
近いのかもしれないが、「終わり」があるから「始まり」もある。

言い方を変えれば、ほんの2ヶ月のラグなのかもしれない。

しかしその2ヶ月間 「どうせこの季節は釣れないから・・・」という
人間の自分勝手な言い訳でフィールドに立たないのならば、
それはライフワークではない。

例年であれば、この11月・12月は釣果には恵まれにくい厳しい季節ではあるが、
それも今年は例年通りなのかは、キャストしてみないとわからないこと。

「筑後川で有明鱸を釣っています。」と看板を掲げている以上、
その釣果は別にしても、この筑後川フィールドには
立ち続けなければならないと思っている。

そうでなければ、そのフィールドを語る資格はないと思う。

何となく気になるフレーズや言い回しがある。
一つは「合理的に釣る」
(鱸が釣れているという情報や地元のガイドに釣らせてもらう意味)
一つは「シバス」
(シーバスなんだろうね。センスを疑う。)

何だか馬鹿にされているようで、
そうしたフレーズや言い回しを見かけるたびに不快に思う。
情報やガイドがなければ、おそらく釣りきれない・・・?
手っ取り早く釣りたければ、
わざわざ居るか居ないかわからないような自然のフィールドを相手にしないで、
居ることが確定している管理釣り場や釣堀、淡水の閉鎖水域で釣ればいい
のではないか?と個人的には思う。

「釣り」はそもそも「漁」ではない以上、非常に合理的ではないものである。
そんな中で「通い」、「考え」、「試行錯誤」をおこなって
「苦労」して「答え」を導き出し、そして「再現性」をとっていく。

自然相手に、この繰り返しの中、所謂「PDCA」サイクルをまわしていく。
そしてその「苦労」した先にある「結果」が感動を与えてくれるのだと思う。
その一本は、間違いなくサイズ云々ではない。

そして珍しく上げの時合にフィールドに入る。
激務ゆえ、この時間にしかロッドを振れないことが一番の要因ではあったが、
フィールドの状況から推察すると必ず「上げ」で出る確信があった。

そして筑後川フィールドはそれに応えてくれた。
まずはゆっくりと上げが効きはじめ、適性流速帯の時間帯に
ジグミノーにヒットするもフックアウト。

違うジグミノーにルアーチェンジし、
55cmの有明シーバスキャッチ。
残念ながら、画像が撮れていなかった・・・(爆)

「もう一本何とか・・・」という想いが何とか通じて・・・

20101100303.jpg 


40cmの有明シーバス!!
何とかキャッチ。

適性流速からはずれていくフィールドを眺めながら
この時期に何とかキャッチできたことに安堵すると共に
それを与えてくれているこの筑後川フィールドに感謝して
フィールドを後にした。


筑後川および筑後川河川敷に生息する野生の「狸」や「狐」、「鼬」や「猫」などが凄惨な車の事故によくあう時期でもあります。
筑後川堤防の道路はよくそうした野生動物が飛び出してきます。
できれば、今年はそうした痛ましい事故を見たくないと思う。
そうしたことにも気をつかえる余裕のあるアングラーでありたいといつも思い願う。




Tackle
Rod                 Shimano GAME AR-C 906
Reel                Shimano 08 Stella SW 4000 PG + 10 Stella 4000S Spool 
PELine             UNITIKA SilverThread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Duel Sea Bass Leader 30Lbs. Fluoro Carbon
Lure           JigMinnow      SinkingPencil       


 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking  



筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  
スポンサーサイト

テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/11/20(土) 20:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2010.11.002

Field Date                   14.November.2010
Field Time                   07:30 ~ 14:30  
Flat Fish Size              25cm  25cm
    25cm
Field Place                  糸島方面 (福岡県 玄界灘側)

Field Information          小潮 ↗ 
 (三池)  晴



サンドバーの向こう側・・!! 
 


そう言えば・・・ウェーダー・・・昨年買ったよなぁ・・・???
と思い出して、引っ張り出すと無性にサーフで浸かってみたくなった。

潮は最後の小潮・・・

干潮は朝・・・  

満潮は昼過ぎ・・・  

風は無く・・・  

波も0.5m予想・・・


「ダメだ・・・こりゃ・・・?!」

と思いながらも、既に車を走らせていた・・・(笑)

案の定、いつもは満杯の駐車スペースには誰もいなかった・・・(爆)

「まぁ、いいや!! 今日は浸かりに来ただけ・・・!!」

サーフにエントリーすると、ベッタベッタの 凪 凪 凪  !!

20101100201.jpg


そんなことはお構いなしに、遠浅のサーフをズンズン進んで、ディープウェーディング!!

ミノーに反応がないので、ジグ並みに飛ぶ使い慣れたジグミノーをユルユルとリトリーブする。

サンドバーの向こう側まで飛ばすことが可能で、スローリトリーブでレンジキープできる。

サンドバーの向こう側から「答え」はすぐに出てくる。

20101100210.jpg


かわいいサイズのソゲ(ヒラメ幼魚)

20101100211.jpg


裏面真っ白の天然モノ

20101100212.jpg


撮影後はすぐにリリース。
脱兎のごとくサーフへ消えていった・・・(笑)

20101100220.jpg


そして連発・・・!! 

20101100221.jpg 


またまたかわいいサイズ・・・

20101100223.jpg


けれど、同じく裏面真っ白の天然モノ

20101100222.jpg


リリースするとこちらはモタモタしながらもサーフへ帰ってくれた。

20101100230.jpg


そして上げの潮が終わりがけにもう一本追加

20101100232.jpg


やっぱりかわいいサイズ

20101100231.jpg


干潮から満潮まで約7時間 浸かりっぱなしで
足も・・・腰も・・・肩も・・・

たまに行くにしては諸々の条件からは上出来・・・(爆)
 
普段は吸えない海風と普段は被ることのない塩分の濃い海水を
満喫できたことだけは間違いない。

20101100240.jpg


Tackle
Rod                 Shimano GAME AR-C S1006L
Reel                Daiwa Certate Hyper Custom 3012H
PELine             UNITIKA SilverThread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Duel Sea Bass Leader 30Lbs. Fluoro Carbon
Lure                JigMinnow
 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking  



筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/11/18(木) 19:00:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2010.11.001

Field Date                   02.November.2010
Field Time                   22:00 ~ 24:00 
Sea Bass Size              50cm  40cm  

Field Place                  筑後大堰下流域  筑後川

Field Information          若潮 ↘ 
 (三池)  曇



アンチテーゼ・・・!!  


さすがに筑後川の有明鱸は11月に入ると極端に魚影が薄くなるように感じる。
それは今期も同じようで、魚影が薄くなってきた感覚を騙し騙し、
有明鱸をピンポイントで探しながらの釣行を続けている。

「バイブレーション」というルアーがある。
ここ筑後川では定番というか・・・これじゃないと釣れない・・・(爆)など
言われていたこともあった。

単に川幅が300mを超えるというだけで、
「遠投しないと釣れない」とか
「フローティングミノーでは釣れない」とか
「バイブレーションじゃないと釣れない」とか
果ては「マールアミーゴしか釣れない」とか
「ブルースコードC115じゃないと釣れない」とか
どっかのメーカーのまわし者か???と疑いたくなるようなことが
まことしやかに言われ続けていた・・・(笑)

裏を返せば、
ここ筑後川での有明鱸を釣るということが
そのルアー達が新発売された時代から進化していないことを
示している。

そうしたひとつひとつにアンチテーゼを唱えながら
戦友達とここ筑後川を攻略してきた。

これまでの我々の経験では、
少なくとも夜の筑後川では圧倒的に30m以内でのバイトが多い。

我々は、「マールアミーゴ」も「ブルースコードC115」も使うが、
使用頻度は極端に少ない。

はっきり言えば、経験の浅い方々が
手っ取り早く有明鱸をキャッチしたいのならば
バイブレーションはいいルアーだと思う。

しかしながら、それは偶然に「釣れた」のであって「釣った」のではない。

そんなバイブレーションでの偶然「釣れた」釣りには
正直、「飽きた」感じもしていたので
ここ2年はほとんどまともに使用することもなかった。

とは言え、バイブレーションが苦手なルアーではない。
どちらかといえば、得意なルアーであり、
バイブレーションでピンポイントに引き釣りだすことが得意である。
今更ながらと思う「モンキーバイブ」的なバイブレーションの使用法は
決して目新しいものでも何でもない・・・(笑)
そんなバイブレーションメソッドはもう何年も前から
筑後川の初夏のエツパターンに実戦投入し、結果を導き出している。

話は逸れるが、初夏から夏の筑後川のエツパターンは
バイブレーションの中層リトリーブだとは思っている。
全長が40cmにも達するカタクチイワシ科の
日本国内では有明海固有種の「エツ」の波動は予想以上に大きく
その泳ぎは予想以上に早い。
エツの魚体やサイズ、そして泳ぎを見れば、
容易に納得できることだとは思うが・・・。

そんなバイブレーションを今宵は久々に使ってみようと思っていた。
それは「東洋式疑似餌釣研究所」の「Megaceryle lugub」氏からの
ベイトは「ヒイラギの稚魚」という情報によるものだった。

フィールドは気配もなく静かだったが、
軽めのバイブレーションを入れるとすぐに反応が・・・(笑)
ちょっとした手応えの後に水面が割れた。

20101100101.jpg


40cmの有明シーバス
ダップルの強い個体。

すぐにリリースし、キャストを繰り返す。
軽めのバイブレーションをラインテンションを抜いて十分に沈め、
次にラインテンションをかけて、バイブレーションが上昇を描いた瞬間に
「ズズッツ・・・」とした手応え。
ボラか?と間違うようなトルクフルな引きだったが、
無事キャッチできたのは、

20101100102.jpg


50cmの有明シーバス

20101100103.jpg 


ダップルの弱い銀色の強い個体。
筑後川の有明鱸はダップルの強いものだけではない・・・(笑)

久しぶりのバイブレーション使用で
バイブレーションの使用がまだ錆ついていないことが確認できた。

そんな収穫に満足して、干潮潮止まりにてゆっくりとフィールドアウトした。



筑後川および筑後川河川敷に生息する野生の「狸」や「狐」、「鼬」や「猫」などが凄惨な車の事故によくあう時期でもあります。
筑後川堤防の道路はよくそうした野生動物が飛び出してきます。
できれば、今年はそうした痛ましい事故を見たくないと思う。
そうしたことにも気をつかえる余裕のあるアングラーでありたいといつも思い願う。



Tackle
Rod                 Shimano GAME AR-C 906
Reel                Shimano 08 Stella SW 4000 PG + 10 Stella 4000S Spool 
PELine             UNITIKA SilverThread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Duel Sea Bass Leader 30Lbs. Fluoro Carbon
Lure                Vibration
 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking  



筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

テーマ:筑後川 有明鱸 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/11/08(月) 02:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ