筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No.2010.03.003

Field Date                   28.March.2010
Field Time                   17:00 ~ 19:00    
Fish Size
                25cm×2本  20cm×2本 

Field Place                  筑後川大堰上流域 筑後川

Field Information          曇





「Spooning」 流れの中で・・・ 

筑後川の有明鱸はついに「バチ抜け」のベストタイムにはフィールドに立つことができないまま、どうやら「バチ抜け」のシーズンはいったん終息の模様。
最近の傾向とは言え、「バチ抜け」が終息すると深いラグが立ちはだかる。
「ラグ」≒「釣れない時期」なのだが、それは同時にまだまだ自分達がこの筑後川フィールドを解明しきれていないことを指し示している。

「釣れる時期」だけ「釣る」のであれば、然して難しいことではない。
そして「釣れた」時は本当に呆気なく釣れてしまうものなのである。

「釣れない時期」を「釣れる時期」にしていくことが、フィールドの開発であり、何回・何十回・何百回 跳ね返されても、たとえ思う時間にフィールドに立てなくても、着々と開発を積み重ねていくほかはない。

そして本日はそんな有明鱸に出逢えない鬱積もあって、筑後川上流域へ向かう。
夕まずめのベストタイムまではグズグズしていたカンジだったが、反転流の緩い流れをリトリーブ中のスプーンに「ギラッ」っと銀色の反転と魚体の捻り・・・
「グンッ」と引き込んだ感覚はちょっと手応えのあるもの。
「やったか・・・?」と思ったが、ファイトにスタミナがない。
キャッチできたのは・・・

20100300303.jpg 


25cmオーバーの口が「へ」の字
良いサイズの「ハス」である。

アップストリームから流すと・・・
「ゴンッ・・・」

20100300304.jpg 

 
これまた25cmの「ウグイ」
スタミナがあってヘッドシェイクと魚体のローリングを繰り返すウグイはファイト自体はハスよりも激しい。
「ハス」は瞬発力はあるがスタミナはなく比較的、すぐに水面にあがってくる。
「ウグイ」は瞬発力こそ「ハス」には劣るが、体をローリングしながらスタミナのあるファイトでなかなか水面にあがってこない。

20100300301.jpg 


次もウグイ・・・
そして最後にも・・・

20100300302.jpg 


綺麗な魚体の「ウグイ」
これで本日は終了。

いつものように日も暮れて暗くなり、それでも変わらずにいつも静かに横たわる流れを眺めながら、フィールドアウトした。



Tackle
Rod                    UFMウエダ Back Water Ultra-78
Reel                    Shimano  07 Stella C3000S
PELine                Gosen GL-701 剛戦®Xsw 14Lb.(♯0.8 ) 150m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Flouro 6Lb.
Lure                    Spoon

 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日にブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更!
2010年1月1日に掲示板名も「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更!

筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/03/29(月) 00:00:00|
  2. Fresh water
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No. Reel - 002 (tackle)

Category        Reel (tackle)
Name       08 Stella SW 4000PG
          10 Stella 4000S Spool 
Produce     株式会社シマノ

Spec          自重350g 実用ドラグ力7.0kg 最大巻上長71cm PE1.5-320m
          10 Stella 4000S Spool  PE1.2-190m




リールの性能・・!?



最近は1年に1台のリールのピニオンとマスターの交換を強いられるようになっている。
それは昨年度、メインリールとして使用してきた「09 TwinPower Mg 4000」でも同じことでやはり1年の使用でピニオンとマスターの交換が必要なようだった。

そして今年はシマノで言えば、3年に1度の周期のステラの発売年でもあったので、行く末を見守っていたが、「10 ステラ 4000S」でも最大巻上長80cmという「夜」をメインで釣る自分としては何となく「どうでもいい・・・」カンジの中途半端なスペックに落ち着いたので興味が失せたように思えた。
次に考えていたのが、リーゾナブルな価格で販売されそうな「07 ステラ」だったが、今回の「10 ステラ」の機能上では革新的でないと踏んだのか?前回とは違ってシマノはほぼ全品「07 ステラ」を回収してしまったようだった。
それだけ今回は「自信がなかった」ということの裏返しなのかもしれない。

ダイワはと言えば、「セルテート」を改定した。
磁性流体を使用したマグシールドがウリなのだが、オープンローターで磁性流体を使用すれば、いろいろ問題はすぐに頭に浮かぶのだが、そんな中でもどうしても「砂鉄」を払拭することができない。
「砂鉄」のないフィールドで使えばいいのだろうか・・・?
いずれにしてもタフなフィールドで長く使うには難があるように自分には思えた。

以前からの趣向ではあるが、自分がリールに求める性能は「軽さ」や小手先の「技術」ではない。
ほとんどは以下の通りである。

 ① キャストトラブルのない(少ない)こと。
 ② 巻取りがきちんとできること。

 ③ ドラグがきちんと効いてくれること。
 ④ 屈強で頑丈なこと。

これらを総合的に考えて、かつ夜がメインの自分にとって最大巻上長が小さい値のほうがいいと感じていることなどから、今回の選択は・・・

Reel00201.jpg 


「10 Stella 4000」???

Reel00202.jpg 

いえいえ・・・!
「08 Stella SW 4000PG
」と「10 Stella 4000S Spool」の組み合わせである。

Reel00203.jpg 




「08 Stella SW 4000PG」と「10 Stella 4000S Spool」の組み合わせの印象は、ステラよりも頑強でしっかりしているカンジ。
今までのシマノのリールの違和感のひとつであった急に荷重がかかった瞬間に複数のギアが嚙み込んで巻けなくなるような感触はなくスムースである。

今期は筑後川の有明鱸にはこれで語りかけていきたいと思っている。

オーバーホール中の「09 TwinPower Mg 4000」にても有明鱸を通年で狙うリールとしての機能は申し分なく、「09 TwinPower Mg 4000」以上のリール機能が必要だとは思ってはいない。

着々と戦力を整えて、然るべき「河の扉」が開く「その時」に対処できるようにきちんと準備をおこなっていきたい。






にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日にブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更。
2010年1月1日に掲示板名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更。


筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/03/24(水) 03:00:00|
  2. Impression(Tackle)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

File No.2010.03.002

Field Date                   15.March.2010
Field Time                   21:00 ~ 01:30 
Sea Bass Size              83cm  4.3kg
      
Field Place                  筑後大堰下流域  筑後川

Field Information          大潮 ↘
 (三池)  曇



四夜連続の果てに・・!?



最近はやっと何とか時間を作っては、フィールドに立ち、ロッドを振るように努めている。
フィールドの状況的には、釣友をはじめ、掲示板「筑後川 有明鱸 紀行」のとおり、着々と釣果が積み重ねてくれていた。。
そんな状況で季節や潮や風や天気など様々な状況から総合的に判断して、ベストと思った時間に久しぶりにフィールドインできた三夜目には「さやはる」さん連発・・・!
今年はもう有明鱸の顔を拝めないかも・・・なんて柄にもなく弱気になっていたのを振り払うには、とにかくフィールドインしキャストし続けるしかなかった。

そして単独で場所移動を繰り返しながらも、最終的には既に釣友が73cmをあげたフィールドで合流となった。

今年は通年で使えると踏んだルアーがあった。
自分なりに浮力などを微調整して投入していたものは・・・

20100300204.jpg 


ロデオクラフト社 「Banz SRF-125」
それぞれに微妙な調整を行い、淡水でも超スローフローティングもしくはジャストサスペンドとなっている。

今期、そこそこの大きさの有明鱸を2度程のバイトとフッキングに至りながら、フックがアイから抜けたりフックアウトしたりでバラしていた。

そういう意味では結果が・・・正直、釣果がほしかった。

合流して、「今日もダメか・・・?」とマイナス思考の最中に・・・それは、突然に河の扉が開いた。

沖目にロングキャストした「Banz」を流れに入れ込み、ドリフトさせると・・・

「カコンッ・・・!」

と明らかにひったくっていったカンジの甲高い魚信(バイト)がラインから伝わってきた。

「魚信(キタ)・・・!」

慎重にラインを手繰って、慎重に様子を探ると、有明鱸の重さが伝わってきた。
スイーヴ気味にアワセをいれると「ゴンッ・・・!」とロッドに重量がのった。

久しぶりに気持ちよくドラグが出ている。

今期、大陸弾道弾をキャッチした「Megaceryle lugub」氏が

「飛ばないねぇ・・・」と呟いた憂いを振り払うように

手前で魚体半分水面に出してのファーストジャンプが炸裂・・・!

「これで有明鱸が確定・・・!」
「慎重に・・・」

といつになく真剣モード。
アフターの有明鱸はさすがにいつもよりも早い段階で浮いてきた。

そして何とか「Megaceryle lugub」氏がキャッチしてくれたのは・・・

20100300201.jpg 


83cm  4.3kgの完全なアフタースポーンの有明鱸。
しかしながら、苦労してキャッチできた一本であり、また今年のルアーである「Banz」でキャッチした思い入れのある一本。

20100300202.jpg 


ルアーは後ろから丸呑みされていた。

途中でフックが移動する「ガクッガクッ・・・」という感覚は
飲み込まれたルアーが口の中で移動する感覚だったのだ。

四夜連続にてやっとキャッチできた有明鱸。
今期もやっとはじまった気がする。

どんなシーズンになるのだろうか・・・?

期待と不安に苛まれながらも、とりあえず本日一本キャッチできた喜びに浸りつつ、程なくして筑後川フィールドを後にした。




Tackle
Rod                 Shimano GAME AR-C S906L 
Reel                Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool 
PELine             UNITIKA SilverThread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Duel Sea Bass Leader 30Lbs. Fluoro Carbon
Lure                Floating Minnow    
  









にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日にブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更。
2010年1月1日に掲示板名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更。


筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/03/17(水) 23:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

File No.2010.03.001

Field Date                   14.March.2010
Field Time                   16:30 ~ 19:00    
Fish Size
                20cm×6本 

Field Place                  筑後川大堰上流域 筑後川

Field Information          曇





ダム放水 水位上昇の中で・・・ 

筑後川の有明鱸も三夜連続釣行にても、ついに有明鱸の顔も拝めず・・・!
昨晩に至っては「さやはる」さん連発という現場に立ち会いながらも魚信(アタリ)すらない絶不調の日々でこのままずっと有明鱸の顔を拝むことはできないのでは・・・と珍しくマイナス思考の中にいた。  

そんな気分を変えるためにも、スプーンを流してどうしても魚の感触がほしかった。
そしてフィールドは何とかそんな願いを少しだけ聞き入れてくれた。

20100300101.jpg 


まずは反転流の中のスプーン早巻きにでてくれた「ハス」
相変わらず綺麗な魚体である。

そして、様子を見に来られた銀毛ヤマメをルアーで釣る地元のアングラーさんと「世間は狭いね・・・!」などなどお話しながら釣れてくれたのは・・・

20100300102.jpg 


綺麗なウグイ・・・
20cmに満たない魚体だが、本当に美しい限り・・・

そして夕まずめの時間になると・・・

20100300103.jpg 


ポツポツと釣れ始め・・・

20100300104.jpg 


そして流れの中をスプーンドリフトで「オイカワ」キャッチ・・・。
本日のは20cm弱のサイズ。

20100300105.jpg 


そしてウグイもキャッチ。
ポツポツの最後に・・・

20100300106.jpg 


ウグイ。

これで「運」も開けるだろうか・・・?
日が暮れて暗くなり、それでも変わらずに静かに横たわる流れを眺めながら、フィールドアウトした。



Tackle
Rod                    UFMウエダ Back Water Ultra-78
Reel                    Shimano  07 Stella C3000S
PELine                Gosen GL-701 剛戦®Xsw 14Lb.(♯0.8 ) 150m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Flouro 6Lb.
Lure                    Spoon

 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日にブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更!
2010年1月1日に掲示板名も「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更!

筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

 

 

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/03/15(月) 03:00:00|
  2. Fresh water
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ