筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

File No.2010.01.009

Field Date                   31.January.2010
Field Time                   21:30 ~ 23:00  
春告魚 Size
             20cm  15cm

Field Place                  糸島方面

Field Information          大潮 ↗
 (博多)  晴





糸島 再出撃 「二匹目の春告魚はテトラの下に・・・?!」


先日の尺超春告魚に気をよくした訳ではないが、「海へ・・・」という釣友のリクエストもあって再度、糸島の漁港を目指す。

本日のルートも凍結が心配な三瀬峠越えではなく 九州自動車道 ⇒ 都市高速 ⇒  一般道 といった高速ルート。
大潮の上げに期待をこめてのフィールドインだった。
フィールドは潮はきいているのだが、反応はない。
大潮で潮が上がってくると水面で光って反転している魚が確認できた。
「魚はいる・・・釣りきれていないだけ・・・!」
そう思うと同時に、隣でシンキングペンシルを操っていた釣友が・・・
「当ったた・・・!」
これは表層と確信した。
ワームを沈めずに沖目で着水後、すぐにリトリーブすると・・・

20100100901.jpg 
 

産卵前のお腹の張った春告魚登場。
産卵前なので、撮影後、迷わずリリース。

こうしてフィールドを観察し、フィールドの状況を分析して、フィールドを推測して、フィールドで実行して、少なからずの結果が出ると嬉しいものである。
この探究心がモチベーションとなり、明日フィールドに立つ原動力になるような「気」がしている。

「釣り」はそもそも面倒臭いものである。
そこに「限られた時間に合理的に釣果を求める」というのは相容れないように感じる。
また、そんなに自分の思うように釣果を出せれば、そもそも釣り自体に飽きてしまい、面白味を感じなくなる。
自分がかつて「雷魚」で実感した時のように・・・!?

産卵前の春告魚をリリースすると、釣友も滅多に使わないワームにルアーチェンジ。
すぐに結果を出していた・・・(笑)
ワームをチェンジしてテトラ沿いを通すが反応がない。
「やっぱり今日は沖目の表層・・・!」
と確信して、ワームを通すと・・・

20100100902.jpg 


うまく結果が出た。
画像では分かりづらいが、同じ場所から撃ってキャッチした春告魚だが、その体色は全く違う。
違う魚種のように思えるようだった・・・?
体色と食性などで3分類もしくは4分類される春告魚なのだから、当然といえば当然なのだが・・・?!

残念ながら、これで満潮潮止まりにて、一旦「時合」も過ぎた為、早々に切り上げてフィールドアウトした。



Tackle
Rod                    MajorCraft AirLights AL-T762PE
Reel                    Shimano  07 Stella C3000S
PELine                Gosen GL-701 剛戦®Xsw 14Lb.(♯0.8 ) 150m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Flouro 6Lb.
Lure                    Jig Head + Soft Lure IceJig Jig 
 
 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日に本ブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更し、
掲示板も「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更しています。
名称変更にてリンク先をはじめとした関係各所には御迷惑をお掛け致しますが、
名称変更の御対応をお願い致します。

筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川への釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/01/31(日) 23:00:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

File No.2010.01.008

Field Date                   31.January.2010
Field Time                   15:30 ~ 18:00    
Fish Size
                25cm  20cm

Field Place                  筑後川大堰上流域 筑後川

Field Information          曇






「時合」という微妙さ・・・!


午後からのんびり出かけて、夕方から夕まずめに筑後川上流域へ・・・
その後に筑後川や遠征というカンジのスケジュールが出来上がりつつある・・・(笑)

そして本日もそんなスケジューリングで筑後川上流域でスプーンを流すためにフィールドイン。
7gに反応がないので、5.8gにチェンジするが芳しくない。
3gのスプーンに変えた頃には夕まずめの時合を迎えた頃だった。
それまで静かだった水面にしきりにライズの波紋が出る。
「時合とはこんなものか・・・?」
と単純といえば単純な時間帯による時合に感心しながら、流れの中にスプーンを流し込むとすぐに魚信(アタリ)がきた。
グネグネとヘッドシェイクする手応えは・・・

20100100801.jpg 


綺麗なウグイ・・・
そして連発・・・

20100100802.jpg 


ウグイとは言え綺麗な魚体である。
そこそこの引きとグネグネとしたヘッドシェイク・・・
こんな時期でもコンスタントに姿を見せてくれ、楽しませてくれる。

夕まずめが終了した後にもライズは続き、流れの中のスプーンに強烈なバイト・・・
しかしながら3gの軽いスプーンのシングルフックにはのってこない。
何度かそんなことを繰り返したが、ついにキャッチには至らなかった。
ウグイやハスなら確実にフッキングしている魚信(バイト)・・・!?

魚種が違うのか・・・?

また確かめないといけないことが増えたようである・・・(笑)



Tackle
Rod                    MajorCraft AirLights AL-T762PE
Reel                    Shimano  07 Stella C3000S
PELine                Gosen GL-701 剛戦®Xsw 14Lb.(♯0.8 ) 150m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Flouro 6Lb.
Lure                    Spoon

 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日に本ブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更し、
掲示板も「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更しています。
名称変更にてリンク先をはじめとした関係各所には御迷惑をお掛け致しますが、
名称変更の御対応をお願い致します。

筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/01/31(日) 00:00:00|
  2. Fresh water
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

File No.2010.01.007

Field Date                   28.January.2010
Field Time                   21:30 ~ 01:30 
Sea Bass Size              56cm  1.5kg
        
Field Place                  筑後大堰下流域  筑後川

Field Information          大潮 ↘
 (三池)  晴



遥かなる一本を求めて・・・!?

2010年も早いものでもう1ケ月・・・
今年も毎日の筑後川リバーウォッチは欠かさずに続けていた。
状況は一進一退の状況で、たまに魚の活性があったり、全く気配もなかったりという状況を繰り返していた。
しかしながら、今年になって釣友が有明鱸一本をすでにキャッチできている訳で、まったくいない訳ではない。

「居着きの有明鱸が・・・」というが、果たして本当なのだろうか・・・?
昨年の今頃から釣れた魚のほとんどの尾鰭は白い縁もなく真っ黒だったことからもそれは有明海から溯上したばかりを示している。
すなわち居着きが釣れている訳ではない。
居着きの有明鱸を釣りきれていないだけかもしれないが、釣れてきているのは有明海から溯上したばかりの有明鱸が圧倒的に多い。
そうしたことからもこの時期は「居着き・・・」ではなく有明海から溯上した有明鱸が筑後川に戻ってくると考えるのが自然なのだと思う。
そんなことも今年は検証してみたいと思っている。

色々、分析しながらも実際にロッドを振るタイミングを計っていた。
すると、前日には吉と出るか凶と出るかわからない冬の雨。
昼に暖かい日が続き、潮が大きくなってきた。
「悩んでいても仕方がない。ロッドを振らねば始まらぬ・・・!」
と思い、比較的暖かな夜の本日にフィールドインする。

フィールドインするが、状況は静かで目立った流れもない。
暖かいとはいえ、そのうちに指先が悴んでくる。
悴む指先で水の抵抗を感じ取りながら、何度も何度もキャストを繰り返す。

水温7℃・・・

何度も何度も・・・

昨年11月から何度フィールドに立ち、何回・何十回・何百回 キャストしてきたのだろうか・・・?

そんなことを考えながら、キャストを続けていると、手前側が微妙に流れが出てきた。

「微妙なカンジ・・・」

と思いながらも、沖目にある幅の短い大きな本流の流れを意識しながら、遠投して着水してからの15mに意識を集中しながらリトリーブを続ける。

すると、ロングキャストしたフローティングミノーが着水し、10mくらいスローリトリーブしてきたその時・・・

「ガツッツ・・・!」

と明確に引ったくっていった。

「魚信(アタリ)・・・!」

ゆっくりと一拍置いてラインをたぐり、慎重に利き合わせ気味にアワセを入れると
「ゴンッ・・・!」と手応えが伝わってきた。

その瞬間に、沖目で「バシャッツ・・・!」と最初で最後のファーストジャンプ・・・!

久しぶりにツインパワーMgのドラグが鳴っているが、そのバイトから、そしてその手応えから、それほど大きな個体ではないことはすぐにわかった。

慎重にやりとりをして無事キャッチ・・・!

20100100701.jpg 


56cm 1.5kgの尾鰭が真っ黒の有明海から遡上してきたばかりを示す有明シーバス。

20100100702.jpg 


久しぶりの筑後川での一本。

撮影した後に、ゆっくりと水温7℃の水に手をつけて、しっかりと鰓に水を送ると元気に筑後川へ帰っていってくれた。

そして本日はこの一本で満足。
ゆっくりと筑後川の夜の水面を眺めながら、冬のどことなくピンッとした雰囲気の空気の中、今年も遥かなる一本を手にすることができた喜びに感謝しながら、フィールドを後にした。



Tackle
Rod                 Shimano Game AR-C S1006L
Reel                Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool 
PELine             UNITIKA SilverThread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Duel Sea Bass Leader 20Lbs. Fluoro Carbon
Lure                Floating Minnow   
 



にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日に本ブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更し、
掲示板も「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更しています。
名称変更にてリンク先をはじめとした関係各所には御迷惑をお掛け致しますが、
名称変更の御対応をお願い致します。

筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/01/30(土) 21:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

File No. Making - 002

筑後川で有明鱸を狙うのにすでに定番化していると言っても過言ではない「Zip Baits」 「MONSOON BREAKER」・・・!

ノーマルチューンでは、「115mm 29.0g」のボディーは
バタつかないようなキャステングは要求されるが、キャストがはまれば圧倒的な飛距離を叩き出し、筑後川の重く強い流れにも負けないスイム。

「季節」と「流れ」のシチュエーションがはまれば、難なく有明鱸をキャッチをすることも可能であり、事実、「これ」にしか反応しない日も存在している。

そしてこの冬にいくつか進めているリペイントの中のひとつなのだが、使い込んでボロボロになった「Zip Baits」 「MONSOON BREAKER」を再塗装工程にいれた。


「Zip Baits」のカタログにはのっていてもここ1年ほとんど製造されていない「レッドヘッドホロ」
元々はグリーンバック・オレンジベリーの既存のホロを少し残して、塗装を剥ぎ、夜光塗料を背と腹にかけて既存のホロに網目状のホロをかけてレッドヘッド化。

MB001.jpg 


セルロースでトップコートをかけること7回。
ウレタンはコートを重ねるとその枚数だけの被膜となる。
セルロースは下地を浸食し1枚の被膜となる傾向がある。
その特性からセルロースは多少の使用で表面がくすんだり、欠けたり、傷がついたりした場合、再度、トップコートをかけることで容易に修復できる。
そのかわり下地を浸食するために、ホロや塗装面を浸食し、ホロを破壊させたり、塗装を滲ませたりすることが多い。
シーバス相手ならば、十分に乾燥させれば、「一液性のウレタン」か「セルロース」のトップコートで十分である。

MB003.jpg 


まぁ、某有名メーカーのように1個2,000円以上もするルアーなのに、薄い被膜で2~3回の使用で塗装面が剥げるようなチャチな作りのところもあるのだから、セルローストップコート5回以上ならば何の問題もないはず・・・(笑)
ちなみに、そのメーカーのルアー購入の場合は(あまりありませんが・・・)、なるべくボディー内側にホロが内臓されているものを購入するようにしている。

乾燥工程での白化にも悩ませられながらも、
どうにかこうにか出来上がった。

MB002.jpg 

再塗装後のスペックは「115mm 33g」
塗装はともかく(爆)、少し丸みを帯びていいカンジのボディに仕上がった。

今年もどんな出逢いが待っているのか・・・?
遥かなる一本を求めて、また今年もはじまる。





にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日に本ブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更し、
掲示板も「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更しています。
名称変更にてリンク先をはじめとした関係各所には御迷惑をお掛け致しますが、
名称変更の御対応をお願い致します。

筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/01/30(土) 11:00:00|
  2. Making
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2010.01.006

Field Date                   23.January.2010
Field Time                   12:30 ~ 15:30   
ハス Size
               25cm  

Field Place                  筑後川大堰上流域 筑後川

Field Information          曇後雪






「Spoon」というLure・・・!


夕方から用事があったのだが、どうしてもスプーンを流してみたくて真昼間に筑後川上流域に単独出撃。
タックルボックスには少量のSpoon・・・

20100100501.jpg 


少量のSpiner・・・

20100100502.jpg 


少量のMinnow・・・

20100100503.jpg 


をコンパクトに詰め込んでフィールドインする。
道具を少しずつ揃えていくのもまた楽しみのひとつなのでもある。

しかしながら、川面を吹き抜ける風は平地の風の比ではなく、ちょうど風の抜ける方向だったこともあって、吹き荒んでいた。

気温は4℃・・・!
風に吹かれて体感は0℃以下・・・!
途中からはみぞれ混じりの雪が吹き付けてきた。

ダムからの放水の影響???か、水量が多く濁りが入っていた。

スプーンを流れにキャストしドリフトさせるが、PEラインが風に持っていかれて綺麗にトレースラインがとれない・・・!?

ダウンクロスでラインテンションをかけて流すがターンやレーンずらしがうまくいかない。

あの手この手を試みてみるが、中々、思い通りにコントロールできない。

しばらく撃つも寒さもあって場所移動を行う。

フィールドインすると風の方向から?か幾分、風が弱いカンジで何とかなりそうだった。
少し増水気味で水温が低下しているようで、スプーンをドリフトさせてもターンをかけても、流れの中からは反応がない。

「こういう時は、流れの際や流れの緩いところか・・・?」

と思い、スプーンを流すと・・・

20100100504.jpg 


綺麗なハス・・・

20100100505.jpg 


相変わらず、鱗が大きく口が「へ」の字・・・!

その後も流れが緩い所から2度の反転バイト・・・
グネグネとしたヘッドシェイクの感覚を残して抜けてしまった・・・(笑)

全体的には水温低下であまり状況はよくなかったが、何とか魚の顔を拝めた。

そして昨年から通っている筑後川上流域だが、スプーンやスピナーなどシーバスでは一般的には使わないルアーを使用するところや流れの中でその流れを読んでのルアーコントロールがシーバスにも共通し、またシーバスよりも繊細なゲームはルアーのコントロールという点で非常に勉強になる。

そしてスプーン・・・

20100100506.jpg 


今更、説明する必要もないルアーの原点ともいえる古典的なルアー・・・!

20100100507.jpg 


しかしながら、使えば使うほど奥の深さを感じるのも事実・・・。
スプーンの使用感はシーバスルアーで言えば、シンキングペンシルやジグミノーのようなフィーリングといったところだろうか・・・?
スプーンにあった流速と適切なラインテンションを保つと綺麗なウォブリングとレンジキープを行ってくれる。

そして最近、ルアーについてよく考えることは、そのルアーにあった流速と適切なラインテンションを保つということ。

このことは非常に重要であり、ルアーのそのフィールドの水質に対しての比重や流れとラインテンションのそのルアーにとって最適な抵抗の幅(ストライクゾーン)で操作することで、レンジを刻むことができる。

ストライクゾーンとレンジは相対的な関係にあり、これがそのままそのルアーのポテンシャルとなる。

「Rapara」におけるルアーの分類には「ミノー」や「バイブレーション」や「シンキングペンシル」などといった区分はなく、すべてが「ウォブラー」という分類でしかないと聞いたことがある。

そしてそのことの意味が最近よく理解できるようになってきた。

そのルアーのストライクゾーンをつかむのは経験を積むしかないが、ストライクゾーンを掴みさえすれば、フローティングミノーもシンキングミノーもシンキングペンシルもジグミノーもバイブレーションもスプーンもただの「ウォブラー」でしかない。
あとはレンジを変えるためにルアーをチョイスすることとなる。

ストライクゾーンの幅はあってもどのルアーでもきちんと泳ぎさえすれば、「釣る」ことは可能なのだ。
ストライクゾーンの幅が狭いルアーは扱いが難しく、幅の許容が大きいものは扱いがやさしいだけのことであって、メーカーや雑誌がいい加減に伝えているルアーの性能がどうのこうのは基本的には関係ない。

「Simple is best !」

そんなことを改めて強く意識させてくれる古典的ルアーが「Spoon」なのだと思う。
有明鱸を「Spoon」でキャッチする・・・!
そんなこともできそうな気が最近している。



Tackle
Rod                    MajorCraft AirLights AL-T762PE
Reel                    Shimano  07 Stella C3000S
PELine                Gosen GL-701 剛戦®Xsw 14Lb.(♯0.8 ) 150m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Flouro 6Lb.
Lure                    Spoon

 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日に本ブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更し、
掲示板も「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更しています。
名称変更にてリンク先をはじめとした関係各所には御迷惑をお掛け致しますが、
名称変更の御対応をお願い致します。

筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/01/24(日) 21:00:00|
  2. Fresh water
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

File No.2010.01.005

Field Date                   16.January.2010
Field Time                   20:30 ~ 23:00  
Rock Fish Size             20cm
春告魚 Size
             31cm  12cm

Field Place                  糸島方面

Field Information          大潮 ↗
 (博多)  晴





糸島 出撃 「明日自由に釣る為に・・・!」


先に告知しておきます。
本日は画像がありません。
はじめに釣れた春告魚(メバル)を撮影しようとした時にデジカメの電池が切れて撮影不可。
その後に「Megaceryle lugub」氏と電話で話している途中に携帯電話が電池切れ。

そしてこんな時に限って・・・
本当にこんな時に限って「あんなの」がキャッチできてしまう・・・。。。

筑後川上流域でウグイを狙っていると産休中???の「釣友」から1本の電話が入った。
夕方から糸島に昨シーズンから狙っている「見えシーバス」、アジや春告魚を久しぶりに狙いに行こうという内容。

そろそろ筑後川の上げは「シラス鰻」漁が始まった頃・・・

久しぶりに「釣友」とのコラボ・・・。
本日のルートは降雪・凍結が心配な三瀬峠越えではなく 九州自動車道 ⇒ 都市高速 ⇒ 西九州自動車道 をチョイスする。
時間はほとんど変わらないくらいで到着。

フィールドインすると、いつもの位置に「見えシーバス」君は本日、御不在だった。
昨シーズンまでは必ずと言っていい程、ほぼ居着きの見えシーバスが居たのだが・・・???

外海側のテトラからソフトワームで鰺を狙うが、餌釣師の「浮き」もビクともしていない・・・(笑)
大潮・満潮に向けての潮は右から左へのいい流れと潮圧を受けている。
しばらく、ソフトワームをカウントダウン30でドリフトさせるが反応は鈍い。
「水温低下で活性が鈍いのか・・・?」
「こういう時はリアクションしかないか・・・?」
ソフトワームをカウントダウン30からショートジャークでドリフトさせると12cmの春告魚があがってきた。
「やっぱり、リアクション・・・!」

しかし、ワームには極端に反応が悪い・・・!

極小ジグに変えて着底後に小さなショートジャークでステイさせるとバイトの感覚。
アワセは抜けた。
その後も触ってはくるがのってこない。

こういう時は・・・

タックルボックスを見渡すと「Ice Jig」・・・!?
「これ・・・!」

こういうところは昨シーズンからはじめた秋の青物ショアジグが役に立っている。
ジグの使い方やバイトの感覚が具体的にイメージできる。

「Ice Jig」をキャスト後にカウントダウン20で着底させて、「チョン・チョン」と連続して小さいショートジャーク後にラインテンションを緩めてフリーフォールをかける。
「チョン・チョン・スー」そしてこれを連続して繰り返す。
チューブラのロッドではそんなに早くジャークできないが、夜ならそんなに問題ない。

そんなことを何度も繰り返す。
何度も何度も諦めずに繰り返すと・・・

足元のテトラのブレーク(駆け上がり)でフリーフォール中に違和感・・・

そして「ゴンッツ・・・!」

「障害物に引っ掛かった・・・?」
まったく動かないので本当にそう思った。

少しロッドを煽ると・・・
「ジリジリジリッ・・・・」とステラのドラグが鳴り始めた。

「何かのった・・・!」

「重い」ひたすら重く、テトラの間に潜り込もうと下へ下へ引き込む。
決して激しくはないが「重い」。

暫くの一進一退の攻防の後に、ステラのドラグを締め直し、6Lb.のフロロのリーダーを信じて、水面へ強引に浮上させた。

ライトに照らし出されたのは、お腹パンパンの真ん丸の春告魚・・・!

「デカッ・・・!」

慎重に抜きあげて、メジャーをあてると31cm・・・!
「尺超春告魚・・・!」

少し離れた隣で撃っていた「釣友」に
「カメラ持ってない・・・?」
と聞くが残念ながら持っていなかった・・・(泣)

「釣友」からは・・・
「またセイゴかと思った・・・!」
「でかいクロ(メジナ)かと思った・・・!」
「魚はデカくなると魚種が違うようになるねぇ・・・」
などなど現認がてらに、コメントをいただく・・・(笑)

そして、お腹がパンパンだったので、迷わずリリース。

その後に「釣友」一言・・・
「そう言えば、この前このサイズの春告魚 魚屋で¥980ーだったよ・・・」

もちろんリリースに迷いはないが、何といっても悔やまれるのは画像に納められなかったこと・・・(悔)

その後に「Ice Jig」で20cmのカサゴを追加し、「Ice Jig」を本当に値掛りでロストしたところで満潮・潮止りにてフィールドアウトした。

本日はジグメソッド炸裂・・・。
魚がいない訳ではない。
こうした応用の積み重ねが「明日自由に釣る為に・・・」の答えのひとつとなっていくのだろうか・・・? !




Tackle
Rod                    MajorCraft AirLights AL-T762PE
Reel                    Shimano  07 Stella C3000S
PELine                Gosen GL-701 剛戦®Xsw 14Lb.(♯0.8 ) 150m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Flouro 6Lb.
Lure                    IceJig Jig Jig Head + Soft Lure

 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日に本ブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更し、
掲示板も「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更しています。
名称変更にてリンク先をはじめとした関係各所には御迷惑をお掛け致しますが、
名称変更の御対応をお願い致します。

筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川への釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/01/17(日) 18:00:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

File No.2010.01.004

Field Date                   11.January.2010
Field Time                   14:00 ~ 17:00   
ハス Size                23cm   外1本 
ウグイ Size
              23cm  外4本

Field Place                  筑後大堰上流域  筑後川
Field Information          






無謀な3部作 第3章 最終章・・・!


第2章でフィールドアウトした有明海沿岸からの帰路。
老体に徹夜明けは厳しく、朦朧運転・・・(危)

コンビニの駐車場で休憩しては車中で1時間仮眠すること、3回・・・!

筑後川に帰り着いた時には、無謀な覚悟が固まっていた。

「上流域に行こう・・・。」

筑後川上流域に気になっているポイントがあった。
以前、対岸から撃ったことはあったが、どうしても行ってみたかった。

それは今日じゃなくてもいいのかもしれない・・・!?

しかし、今日いかなかったことで後悔したくなかった・・・!

朦朧運転でポイントに到着し、フィールドインすると不思議と眠気もなくなる・・・(笑)

ミノーから入るが、まったく反応がない。
スピナーにも反応がない。

「先行者でもいたか・・・!?」

重めのスプーンを取り出し、ドリフトからターンをかけると・・・
「コンッ・・・」
「グネッ・・・グネッ・・・グネッ・・・」

大きくアワセを入れるとチューブラのメバルロッド「Air Lights」が大きく撓った。

20100100401.jpg 


上がってきたのは本命!? ウグイ・・・。

そして程無くして、流れのエンドからのターンに・・・

20100100402.jpg 


またまた本命、ウグイ・・・!
よく引いて楽しませてくれる。

流れの中から、銀色の魚体が・・・

20100100403.jpg 


琵琶湖産の稚鮎に混じって全国に放流された・・・?
綺麗なハス・・・

ブラックバスのことがとやかく言われる現代だが、こうした全国の魚のことに無知な漁協のしでかした生態系の破壊は咎められられないのは・・・?どうしたことなのだろうか・・・?
自分は魚種としてのブラックバスは嫌いではないが、ブラックバスを取り巻く環境には「嫌悪」を感じる。
それは「業界」であったり、浅はかな「漁協員」(漁師ではない)であったり、「あんぐらー」であったり・・・etc


このことの記述はまた別の機会にすることとして、反応が無くなってきたので、場所移動を敢行すると・・・

20100100404.jpg 


お腹の大きなウグイ・・・
そして・・・ 

20100100405.jpg 



連発でウグイ・・・
そして最後に・・・

20100100406.jpg 


これまた銀色のハス・・・!
この後に、日が暮れて夕まずめに2度のバラシ・・・。
ロッドが撓ってのった後にシングルフックが外れた・・・?
そして水中から伝わってきたヘッドシェイクに対してのアワセに痛恨の4lb.
リーダーブレーク・・・(汗)

口の堅い魚の仕業か・・・?
「滝次郎」だったのか・・・(笑)

リーダーブレークで夕まずめも終了したので、フィールドアウトした。

20100100407.jpg 


これにて無謀な3部作も完了・・・!
老体には堪える徹夜からの釣行敢行・・・。
朦朧運転は本当に危険・・・。

くれぐれも釣行は計画的に・・・。



Tackle
Rod                    MajorCraft AirLights AL-T762PE
Reel                    Shimano  07 Stella C3000S
PELine                Gosen GL-701 剛戦®Xsw 14Lb.(♯0.8 ) 150m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Nyron 4Lb.
Lure                    Spoon
 
 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日に本ブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更し、
掲示板も「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更しています。

名称変更にてリンク先をはじめとした関係各所には御迷惑をお掛け致しますが、
名称変更の御対応をお願い致します。

筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川への釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/01/15(金) 00:00:00|
  2. Fresh water
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2010.01.003

Field Date                   11.January.2010
Field Time                   03:00 ~ 07:00  
Rock Fish Size             12cm
春告魚 Size
             20cm  12cm×7本以上

Field Place                  有明海沿岸

Field Information          中潮 ↗
 (三池)  曇





無謀な3部作 第2章・・・!


第1章で筑後川をフィールドアウトした後にコンビニで休憩などしながら、ゆっくりと移動し、次のフィールドに3時に到着。

そうここは有明海沿岸・・・!

潮具合が若潮からの中潮で満潮でも潮位が400cmないくらいの有明海沿岸調査にはちょうどいいくらいなのだった。

フィールドの状況はまったりとしたカンジで潮の流れがない。

「ちょっとヤバイか・・・?」

と思ったとおり、ソフトルアーにも反応がない。

少しでも流れのあるところを探して撃つと・・・

20100100307.jpg 


12cmくらいの春告魚登場・・・!
少し「ほっ」とした・・・(笑)

流れのあるところを探して撃つ・・・

20100100302.jpg 


ポツポツ・・・と出始める。

20100100306.jpg 


スローリトリーブで・・・

20100100303.jpg 


リフト&フォールで・・・

20100100304.jpg 


表層ファーストリトリーブで・・・

20100100305.jpg 


そしてやっと流芯ドリフトに「コツッ」と小さな反応・・・!
その魚信(アタリ)に体が勝手に1拍おいてアワセを入れる。
チューブラのロッドが大きく撓ってのった。
激しい横走りして抵抗しながらも何とかキャッチできたのは 

20100100301.jpg 


20cm超の春告魚・・・。
このクラスが続けばいいのだが・・・(笑)

そして満潮間際には・・・

20100100308.jpg 


タケノコメバル!
やっぱりコレがいないと・・・ね!?

満潮潮止まりと夜明けがちょうど重なるタイミングでフィールドアウトした。
これで第2章 
コンプリート・・・!

残りの1章はまた後日、更新予定・・・(笑)




Tackle
Rod                    MajorCraft AirLights AL-T762PE
Reel                    Shimano  07 Stella C3000S
PELine                Gosen GL-701 剛戦®Xsw 14Lb.(♯0.8 ) 150m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Nyron 4Lb.
Lure                   Jig Head + Soft Lure

 




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日に本ブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更し、
掲示板も「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更しています。

名称変更にてリンク先をはじめとした関係各所には御迷惑をお掛け致しますが、
名称変更の御対応をお願い致します。

筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川への釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/01/13(水) 00:00:00|
  2. 有明海沿岸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2010.01.002

Field Date                   10.January.2010
Field Time                   21:00 ~ 24:00 
Sea Bass Size              
        
Field Place                  筑後大堰下流域  筑後川

Field Information          若潮 ↘
 (三池)  曇



無謀な3部作 第1章・・・!

やっぱり今年の筑後川の有明鱸のファーストフィッシュも釣友・・・!
釣友のようにたった1時間でキャッチできることもあれば、「Megaceryle lugub」氏と連日出撃しても2人して未だにキャッチできない日々が続いている・・・(笑)

何となく最近の雰囲気は悪くないので、本日は単独でフィールドイン。

昨日よりははるかに生命感のある水面に少し期待しつつも、ルアーチェックとキャスト練習。
水面に違和感があったので、目を凝らすと、魚の群れが移動していった。
「最近になく、魚に動きがある。」
と思いつつ、キャストを繰り返すとそれを裏付けるようにルアーが魚に当たる感触。
「バイトじゃない・・・!!」
「魚は何・・・?」と思うと同時に何かがヒット・・・!
抵抗なくあがってきたのは・・・

20100100201.jpg 



筑後川名物の雑食性の巨大ヘラブナ・・・!
もう春の産卵の「のっこみ」のはしりに入ったのか・・・?
かなりの数が群れで回遊しているようで、こんなのが本日はこれを含めて3本キャッチ。

ヘラブナが回遊しているようなフィールド状況だったが、若潮で潮位差が少なく、大堰の流量も少ないので、残念ながら「流れ」が形成されにくい状況だった。

フィールドの状況は確実に上向いている。
後は「釣る」だけ・・・!

とりあえず、これにて筑後川はフィールドアウトした。
そしてこれが無謀な3部作の第1章 序章のはじまりだった。

残りの2章は後日、更新予定・・・(笑)




Tackle
Rod                 Shimano Game AR-C S1006L
Reel                Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool 
PELine             UNITIKA SilverThread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Duel Sea Bass Leader 20Lbs. Fluoro Carbon
Lure                Floating Minnow  
 


にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日に本ブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更し、
掲示板も「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更しています。

名称変更にてリンク先をはじめとした関係各所には御迷惑をお掛け致しますが、
名称変更の御対応をお願い致します。

筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川への釣行投稿を引き続き募集しています。





最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
  御購入はこちら ↑

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/01/11(月) 20:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2010.01.001

Field Date                   03.January.2010
Field Time                   23:00 ~ 02:00 
Sea Bass Size              
        
Field Place                  筑後大堰下流域  筑後川

Field Information          中潮 ↘
 (三池)  晴



謹賀新年・・・!
明けましておめでとうございます。
2010年が「実り」あるそして「幸」多き年でありますように・・・!



2010年に入り、体調もイマイチで寝正月・・・(笑)
そしてウズウズして、1月3日の夜明けには「鷹島」へ・・・。
季節外れとは理解していながらも、「当たればデカイ・・・!?」と夢を見ながら、ショアジグ・・・!
肥前鷹島大橋を渡る時には気温3℃ 風速7m・・・

20091100112.jpg 


水温は12℃・・・。
漁港から撃つも目立った反応はない。
唯一の反応は・・・

20100100101.jpg 


笑う魚「エソ」・・・!
北東の強い風に負けて、11時位にはフィールドアウトし撤収した。

「水理研つり部」の部員の皆さんや
http://tsuribu.ti-da.net/ 」
Blog「タケノコメバルハンター」の「shallowsniper」さんとは「 http://shallowsniper.blog98.fc2.com/
入れ替りだったようである・・・(笑)


そして3日の夜にはBlog「東洋式疑似餌釣研究所」「Megaceryle lugub」氏と快晴で放射冷却の激しい筑後川フィールドに立っていた。

一歩、フィールドに足を踏み入れると何かが違う・・・違和感。
足元が霜で凍っていた・・・(笑)

気温は0℃もしくはそれ以下、水温は7℃・・・

それでも撃ち続ける。
ルアーチェックも兼ねて、撃ち続ける。

程無くすると、リールのラインローラから「シャラシャラ・・・」とした異音がしてきた。

「こんな現象、ほぼ1年ぶりやね・・・(笑)」
「やっぱり、季節は冬なんね・・・(笑)」
「今日はガイドも時間の問題やね・・・(笑)」

と話している間に、ルアーの飛距離が120%位伸びていく。

「飛ぶね・・・!?」

そう、ラインローラーもガイドも凍っていた。
そしてガイドが凍ったために、その抵抗が減ったために飛距離が伸びたのだ・・・(爆)

「Megaceryle lugub」氏使用のソルティックのPE使用LDBガイドはその形状からガイド径が小さい。
程無くすると、ガイドが氷の粒で被われて詰まってしまった。
そして順次こちらも・・・

20100100102.jpg 


ガイドが氷で詰まってしまい、PEラインも凍って硬くゴワゴワしている。
中潮 満潮からの下げの時合は程よい感じのフィールドコンディションではあったが、九州のフィールドでも年に何回かは起きるガイドの氷結によって2人してフィールドアウトした。

なかなか結果の出ない筑後川フィールド・・・。
有明鱸の手応えを実感として忘れないうちに何とか2010年冬のフィールドからのパズルの欠片を見つけ出したいと思っている。

そして年末にひとつのニュースが入ってきた。
「TOKYO SEABASS.NET」の「村岡昌憲」氏が2009年をもってプロアングラーとしての活動を終了させるという。

http://www.tokyo-seabass.net/area/area03/091230/index.htm 」

「好き」とか「嫌い」とか特別な感情がある訳でもなく、当然「面識」もある訳ではない。
釣行記にしても釣果(釣った事実)は疑わないが、その文章の脚色や脚本は・・・?ドラマティックすぎやしませんか・・・?と疑う・・・(笑)
今までの自分のフィールドでの経験からは90オーバーなどは同じ場所で小さいのが先に釣れてから90オーバーが釣れることは例外なくないから・・・(爆


しかしながら、数多いる芸能人釣師の中ではフィールドからの的確なフィードバックや整理された理論やそうした情報を伝える文章力に加え、アングラーや業界に対しての厳しい提言には非常に好感を持っていただけに残念である。
とは言え、彼の開発したロッドやルアーに好感を持っている訳ではない・・・(笑)

そしてその「最終章」での文章の中からも彼のメッセージを見つけた。


「スズキ釣りは奥が深い。」
「簡単なときだけ釣って、飽きたなんて言葉を聞くと腹が立つ。」
「まだまだ産卵前。」
「ここの魚が捕れたらたいしたもの。」
「途中、多くのアングラーが立ち寄ったけどミノーを10分ほど投げて帰ってしまう。」
「魚はいる。イワシはいない。11月の釣りをいつまでもやってたって進歩はない。」


思い当たる節のある方はいませんか・・・?

こういう痛烈なところに好感を持っていた。
プロアングラーなのだからコマーシャリズムの上に「釣り」をしているハズなのだが、そうしたことも踏み越えて、きちんと本来エキスパートが伝えなければならない「真意」を少しでも伝えてきたひとりだと思う。

プロアングラーの活動を終えてもこれからもこうした情報の発信には期待したいと思う。

敢えて、自分も「釣れない」釣行記をアップしつつも、フィールドからのフィードバックはもちろん、自分のスタンスや考え方、感じた事などを2010年も綴っていきたいと思う。


Tackle
Rod                 Shimano Game AR-C S1006L
Reel                Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool 
PELine             UNITIKA SilverThread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Duel Sea Bass Leader 20Lbs. Fluoro Carbon
Lure                Floating Minnow  
 


にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日に本ブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更し、
掲示板も「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更しています。

名称変更にてリンク先をはじめとした関係各所には御迷惑をお掛け致しますが、
名称変更の御対応をお願い致します。

筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」への釣
行投稿を引き続き募集しています。





最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
  御購入はこちら ↑

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/01/04(月) 12:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。