筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年12月の回顧

2009年の12月は、筑後川ではノーキャッチという厳しい結果。 

毎日のリバーウォッチは続けている中で、まったくいないという訳ではないにしてもかなり魚影が薄いのは確かのようである。
有明鱸はどのタイミングで有明海から筑後川へ帰ってくるのか・・・? 
このことは来年早々にはきちんと確認すべきことのひとつだと考えている。


2009年を振り返ると筑後川本流での有明鱸のキャッチは約50本を超えたくらいのところだろう。
例年よりも10~20本程度は少ないかもしれないが、振り返ると今年はそんなにガツガツ釣ってはいない。

フィールドインする前の自分のプランとフィールドの状況が完全に一致した「必然」の釣行自体が堪らない快感であり、そんな時は数よりも「一致」の確認のために一本が出た時点で満足であり、それ以上は釣ったとしても惰性であり、初めの一本でフィールドアウトすることも多かったように思う。
とは言え、フィールドの状況と自分のプランが完全に一致した釣行は年間でも5回程度と言ったところでまだまだ少ない。
少しずつ筑後川フィールドのパズルが解明されつつある途中と言ったところなのだろう。

そして掲示板「筑後川 鱸(シーバス)紀行」を立ち上げたことで仲間とのフィールドのバトンが繋がり、パズルの解明に大いに役立つと同時に仲間との意識の共有が図れたと思う。

2009年シーズンでもっとも印象に残ったことは、「さやはる」さんの「Rapara F9」でキャッチした90オーバーの一本である。
もちろん、自分がキャッチした2本の100cmもインテンショナルにキャッチした90オーバーもあるのだが、ある程度は遠投しないとゲームにならないと言われるこの筑後川フィールドの今までのそうした常識を完全に覆す、筑後川本流での「Rapara F9」でキャッチした90オーバーの一本は自分にとってもさすがに驚愕だった。
と同時に、今まで自分達がやってきたテーマのひとつでもある「遠投しなくても釣れる」ということを完全に立証した大いなる価値ある一本だった。

「さやはる」さんは多くを語らない。
語る前にフィールドに立ち続けている。
嘆かわしい事実だが、最近の風潮なのか?フィールドには立つことなく「あれこれ」言う方々が何と多いことか・・・?

「答えはフィールドにしか存在しない。」 

フィールドでの気付きやフィールドからのフィードバックからしか学ぶものなどない。
それをスポイル(省く)していくら釣ってもそして語っても無駄なのである。


最近、つくづく思うことは、釣りの技量を計る上でもっとも重要なのは高価なロッドやリールや装備ではなく、お金では買えないような経験値に基づいて身に付けた「技」なのだということ・・・。
たとえダラダラと10年やそれ以上「釣り」の歴だけを重ねていても、僅か2年の中身の濃い釣り歴に敵わない。
そうしたことが顕著にみられる現象のひとつが「結束」なのだと思う。
そう、針を結ぶ・ルアーとの結束・ノットを組むなどなど、結び方は何でもいいがそうした「結び目」、リールをはじめとした道具の手入れやキャストなどに表れるフィールドでの所作などお金をかけても獲得することはできない身に付いて修得したことこそがそのアングラーの力量を計る唯一のバロメーターであり財産なのである。

ステラやイグジストなどいくら高級機種のリールを使っていても明らかなオイル切れでキコキコさせているのはみっともないことこの上ない。

2009年も今日が大晦日である。
賛否様々あると承知している自分の考え方やスタンスを記述したこんな拙いブログをお読みいただいた読者の皆様に感謝するとともに、来たるべき2010年も有明鱸との出逢いの機会を得るためにも、引き続き、フィールドに対しては「謙虚」に筑後川の朽ちかけた一本の杭のようにできる限りフィールドには立ち続けたいと思っています。

皆様、よいお年を・・・!






2009年5月1日にホームページ「陸っぱり疑似餌研究所」「筑後川 鱸(シーバス) 研究」を更新しました。

筑後川 鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 鱸(シーバス) 紀行」への釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑

 


Blog Ranking 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。 
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/31(木) 22:00:00|
  2. Comment
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

File No.2009.12.005

Field Date                   31.December.2009
Field Time                   01:00 ~ 05:00 
Sea Bass Size              
        
Field Place                  筑後大堰下流域  筑後川

Field Information          大潮 ↗
 (三池)  雪時々晴




雪の降る満月の夜に・・・?!

すでに筑後川での釣り納めを終えたはず(笑)のBlog「東洋式疑似餌釣研究所」「Megaceryle lugub」氏と雪の降る満月の大晦日の早朝に筑後川フィールドに立っていた。

暴風雪警報が発令されている中での出撃。

そして今日は大潮の満月・・・!

20091200502.jpg 


相変わらず、夜の光モノの撮影は難しい・・・(笑)
そして暴風雪警報のとおり、雪そして風が時間を追う毎に強くなる。

その結果、2009年の大晦日の朝には・・・

20091200503.jpg 


一面の雪化粧・・・。

そしてこんな日にも筑後川へフィールドインする・・・。
水温7℃ 気温0℃ 風速3m以上で体感温度は氷点下。
久しぶりに露出している手先が痛い。
体調はと言えば、やっと微熱は引き、鼻水はおさまったが、咳は以前よりひどく、冷たい乾いた風を受けると気管支が痛む・・・!

そんな中でも水中を覗くとたくさんの小さな手長海老が動いている。
そう、水中の時間は確実に進んでいる。
もう有明鱸のシーズンも間近なのだ・・・?!

「こんな日だからこそ、何とか一本出したいね・・・!」
などという言葉が暴風雪の筑後川フィールドに虚しく響く。

2人してキャストを重ねるが、残念ながら、今日も結果は出なかった・・・(泣)

そして西からの10m以上の強風が吹き荒びはじめ、さすがに寒さに耐えきれなくなって2人してフィールドアウトした。

20091200501.jpg 


水中での生き物の時間は確実に進んでいる。
そんなことが確認できた今日は2009年の大晦日早朝・・・。
朝には雪が降り積もっていた。

20091200504.jpg 


2009年のシーズンは自分にとってどうだったのだろうか・・・?
これから振り返る作業を行いたいと思っている・・・?!







にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2009年5月1日にホームページ「陸っぱり疑似餌釣研究所」を更新しています。

筑後川 鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 鱸(シーバス) 紀行」への釣行投稿を引き続き募集しています。



Tackle
Rod                 Shimano Game AR-C S1006L
Reel                Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool 
PELine             UNITIKA SilverThread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Duel Sea Bass Leader 20Lbs. Fluoro Carbon
Lure                Floating Minnow 






最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
  御購入はこちら ↑

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/31(木) 11:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

File No.2009.12.004

Field Date                   29.December.2009
Field Time                   20:00 ~ 24:00 
Sea Bass Size              
        
Field Place                  筑後大堰下流域  筑後川

Field Information          大潮 ↘
 (三池)  曇




筑後川からのクリスマスプレゼントは・・・!

記憶が正しければ、昨年の12月24日は筑後川からの有明シーバスというクリスマスプレゼントを頂いたような・・・?!
思い返せば、あれがすべてのはじまりであり、筑後川 筑後大堰下流域の「バチ」抜けへと行き着いた。
そうした意味では大きな大きなプレゼントだった。

20091200401.jpg 


激務の12月も何とか過ぎ去り「ほっ」としたからなのか・・・?、先日の糸島サーフでの水遊び(ウェーディング)で波を被ったからなのか・・・?、風邪具合が悪く、微熱が続き、鼻水と咳がひどくなってしまった。
そんな体調であるにも関わらず、毎日続けていた筑後川観察ではこれといった変化がないのも理解した上で大潮の満潮からの下げに筑後川へフィールドインした。

気温5℃ 水温9℃ というフィールドコンディションの中、いつものように足元の水中観察からはじめる。
50mm程度の小さなベイト(稚魚)は確認できるが、目的の「ブツ」は確認できず・・・(笑)
水質は幾分、濁りが確認できるものの相変わらずクリアウォーターであることには変わりがない。
今日から大潮にも関わらず、最高潮位400cm程度と小さめの中潮程度。
フィールドはマッタリとして明確な流れができてこない。
寒さで「ピンッ」と張った澄んだ空気の中、釣人は誰もいないフィールドでフローティングミノーをキャストし続ける。
何度も何度もキャストし続けるが、手応えらしいものは「鯔」か「鮒」のスレっぽい感覚のみ。

残念ながら、今年はクリスマスプレゼントを獲得することはできなかった・・・(泣)

フィールドはほとんどの場合は今日のように我々に「厳しい」。
しかしながら、その「厳しい」中に本当に珠に垣間見せる「河の扉」が開く瞬間を見ることができるその「ひととき」の「感動」のためにフィールドに立ち続けるのかも知れない。


そして筑後川でも「その時」のために探していてやっと見つけたルアーがある。

20091200402.jpg 


「チキチキチキータ ベイビー」バナナ↑ バージョン・・・(笑)

酔っ払っているとしか思えないルアーメーカー「ハルシオン」からリリースの「これで釣れたら楽しいね」的なルアーではあるが、その性能はかなりのもの。
大きくローリングしながら泳ぐその姿は「そのもの」である。

ここ数年、ほとんど釣具などで「感動」などしないのだが、某釣具屋さんの新装開店オープンで見つけた時は即買した・・・(笑)

「バナナ↑ バージョン やっと手に入った・・・?!」

もちろん、ネットで購入しようと思えば購入できただろうし、注文すれば取り寄せも可能だったのだが、敢えて店頭で見てみたかった。

こうした品揃えに見られる「感性」や「共感」といった人間味や関係性が大事に思える。

「モノ」だけならネットでもどこでも手に入る時代・・・

「釣り」というカテゴリーと価値観は多岐にわたり、それにすべて一人もしくは個人が対応することなど不可能なのだ。
ある程度の専門性とその地域性を兼ね備え、明確な戦略を立てていかなければならない販売店の存在の意味はますます難しいものになるのだろうと思う。






にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2009年5月1日にホームページ「陸っぱり疑似餌釣研究所」を更新しています。

筑後川 鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 鱸(シーバス) 紀行」への釣行投稿を引き続き募集しています。



Tackle
Rod                 Shimano Game AR-C S1006L
Reel                Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool 
PELine             UNITIKA SilverThread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Duel Sea Bass Leader 20Lbs. Fluoro Carbon
Lure                Floating Minnow 






最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
  御購入はこちら ↑

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/30(水) 19:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2009.12.003

Field Date                   27.December.2009
Field Time                   07:00 11:00
Flat Fish Size              
        
Field Place                 
糸島方面
Field Information          中潮 ↘
 (唐津)  曇後晴




糸島サーフとルアー考察・・・!

かなり衝動買いに近い形でウェダーを新調してしまった・・・。
 
そうなるとその性能を確かめてみたくて糸島のサーフへ単独出撃となる。
半分は、「牡蠣」や「サザエ」や「鑓烏賊」などを購入しに行った訳なのだが・・・(笑) 

糸島のサーフは昨年のこの時期とは打って変わって、相変わらず釣人もサーファーも多い。
「今日も難しいか・・・?!」
と思いながらもサーフを RUN&GUN するも目立った反応はなかった。
前回よりも波気もあり、サーフの状態としてはいいカンジだったのだが、そんな中での唯一の違和感にロッドが撓ったのは・・・

20091200301.jpg 


「河豚」だった・・・(笑)
ウェダーの調子はまずまずといったところ・・・。
日が昇るにつれてサーファーも多くなり、天候も「晴」てきたので午前中で見切って早めの撤収。

この秋からのシーズン、2回目のサーフ。
結果は出なくて当然と言えば当然。
たとえこの状態で結果が出ても偶然以外のなにものでもない。

釣れない「釣り」から「気付き」と「学び」を蓄積し、決して安易な道を選ばずに自分を磨いていきたいと思う。



そして、最近よく気になるルアー考察をおこなってみたい。

20091200302.jpg 


片や某有名アングラーさんがプロデュースした?という新作フローティングミノー。
片や某マイナーメーカーから数年前にリリースされたフローティングミノー。
画像ではなかなか分かりにくいが、機能は別としてもそのフォルム(造形)は瓜二つ。


20091200303.jpg 


機能的には、オフセットリップとマグネット式移動重心システムを搭載して飛距離及びその動きも安定させてはいる。
そしてこのバタバタ系表層フローティングミノーは筑後川でも実績がある。
 

20091200304.jpg 


最近、こういうことが多いと感じる。
よく言えば、「温故知新」・・・!

来年(2010年)は「こちら」で筑後川での実績をあげてみたい・・・(笑)

つくづく、アングラーはフィールドを見る「目」だけでなく、こうしたことを見抜く「目」も必要なのだと思う。

まったく新しいモノの「創造」とは恐ろしく困難なのだ・・・!
同様のことを同郷・久留米の某有名ルアービルダーさんが記述していたのを思い出した。

記述のルアーにしても微細な変更もあり、見る人によっては違うモノだと言われるかもしれないが、自分の眼にはフォルムは同じようにしか見えない。

興味がある方は釣り具屋さんなどで実物を見比べてみてください。







にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2009年5月1日にホームページ「陸っぱり疑似餌釣研究所」を更新しています。

筑後川 鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 鱸(シーバス) 紀行」への釣行投稿を引き続き募集しています。



Tackle
Rod                 Shimano Game AR-C S1006L
Reel                Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool 
PELine             UNITIKA SilverThread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Duel Sea Bass Leader 20Lbs. Fluoro Carbon
Lure                Floating Minnow    Jig    Jig Minnow






最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
  御購入はこちら ↑

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/28(月) 22:00:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2009.12.002

Field Date                   23.December.2009
Field Time                   07:00 13:00
Flat Fish Size              
        
Field Place                 
糸島方面
Field Information          小潮 ↗
 (唐津)  曇後雨後晴後曇




やっと立てた糸島サーフは・・・?

早朝4時に目が覚めた・・・。

すぐにテレビで今日の天気予報を確認する。
本日は寒波が緩み、比較的温かな朝。
午前中は少し雨が残るが天気は回復に向かう予報。
「う~ん 果たして背振の山々は越えられるのか・・・?」
少し迷ったが、最近の運動不足を解消することも兼ねてサーフを散歩したかった・・・(笑)

久留米より糸島へ向かう最短のルートは三瀬峠越え・・・。
そしてそのルートをかなり無謀にも深夜・早朝にノーマルタイヤで走破してしまった・・・(危)

20091200201.jpg 


帰りの三瀬トンネルを抜けた佐賀側は昼間でもこんなカンジだった・・・(笑)

20091200202.jpg 


幸いにして滑ることもなく走破できた訳だが、本当にギリギリの所だったようである。  ただいつもより慎重に走ったことは間違いなく、到着するのにいつもより時間を要した。
到着すると陽は昇っていないが、準備するのにライトは必要ないくらい明るかった。
そんな状況で、無事に到着できただけでは飽き足らず、人間の欲は際限のないもので、「あと30分早く出発していれば・・・」なんて思ってしまう。

準備を整えてフィールドインする。
確か記憶が正しければ、カタクチイワシの接岸が一段落した昨年の今頃はサーフにはほとんどアングラーを見かけることはなかったのだが、今年は入れ替わり、立ち替わり、10名程が見てとれる。

しかしながら、変な天気である。真に大気の状態が不安定・・・。

20091200203.jpg 


明け方は曇っていたのだが、そのうちに遠くで雷が光った。
「嫌な天気に・・・嫌な予感・・・」と思っていたら、
やっぱり・・・「ビリッビリッビリッ・・・」軽い感電。
大気が不安定な中にルアーをキャストし上空へ打ち上げ、それぞれ帯電している陽子(プラス)と陰子(マイナス)をルアーとラインで結んでしまうのだから感電して当たり前・・・(笑)
そのためルアーが着水すると海側へ放電されて「ビリッビリッ・・・」がなくなる。
そしてすぐに雨が・・・激しくなってくる。
「ここまで来て・・・しかし撤退するか・・・?」
雨は激しくなる一方だったので、キャストは一旦中止し、サーフで暫しの休憩で耐えていた・・・(笑)
そうこうしていると突然、晴れた。

20091200204.jpg 


そして「虹」・・・。
画像ではかなり微妙だが、きれいに大きな虹がかかった。
サーフの状態も何だか不安定で、相対的に波は穏やかなのだが、たまにウネリが入ったり、凪になったり掴みどころがない。

20091200205.jpg 


本日は風景写真ばかり・・・(笑)
ひとしきり 6時間 RUN
&GUN してみるも、残念ながら自分にはフィールドからの応えはなかった・・・(笑)

20091200206.jpg 



釣果としての反応はなくとも、様々な出来事?が起こった釣行・・・。
またサーフを「散歩!」することにしよう・・・





にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2009年5月1日にホームページ「陸っぱり疑似餌釣研究所」を更新しています。

筑後川 鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 鱸(シーバス) 紀行」への釣行投稿を引き続き募集しています。



Tackle
Rod                 Shimano Game AR-C S1006L
Reel                Shimano 09 TwinPower Mg 4000 + 08 TwinPower 4000S Spool 
PELine             UNITIKA SilverThread SaltWater-PE 20Lb.(♯1.2 ) 200m
Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader      Duel Sea Bass Leader 20Lbs. Fluoro Carbon
Lure                Floating Minnow    Jig    Jig Minnow






最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
  御購入はこちら ↑

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/24(木) 00:00:00|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

File No.2009.12.001

Field Date                      20.December.2009
Field Time                  19:00 ~ 22:00    
春告魚 Size             10cm × 20本
                 18cm × 1本
    
Rock Fish Size               10cm × 3
 
Field Place                   有明海沿岸

Field Information             中潮 ↗
 
三池)  

 



「貧乏暇無からの脱却は極寒の有明海・・・?!」 
 

12月は土曜も日曜も丸1日休める日もなく本当に忙しく貧乏暇無で、珠に釣具屋さんに寄るくらいの日々を過ごしていた。
気付けばルアーは売るほどあるからなのかもしれないのだが、どんな釣具屋さんでも何だか「面白いとか・・・?」「ワクワクするとか・・・?」いった感覚が久しくない。
何となく惰性のところもあるのだが、それは「情熱」が失われつつあるからなのだろうか・・・?
それでもどんなに忙しくとも帰りの夜中には必ず、キャストはせずとも筑後川へ寄ることは欠かさずに続けている。
フィールドリサーチ・・・。
筑後川はやっと小さなベイトやハゼ・ヨシノボリ、手長海老が見られるようになってきていたが、最近の寒波でその姿も見えなくなってきている。
冬の河は静粛そのもので、寒さで何だか「ピンッ」と張ったカンジがして何となく好きである。
夜空が美しいのもあるが、何より人気が無く「静粛」を乱すものがないのがいい。
そんな筑後川ではあるが、さすがに結果が出ていないのも事実である・・・(爆)

恐ろしく忙しかった日々も昨日の忘年会で一段落。
ほとんど飲むこともなくなったお酒に久しぶりに飲まれて、本日の午前中は二日酔気味。
午後からボチボチ始動をはじめて、何処かに「行こうか・・・?」「行くまいか・・・?」迷っていた。
ふと顔を上げると背振山の山々は白く雪化粧していた。
「さすがに今日はあの山は越えられない・・・」
ということで、潮を確認すると夜は中潮の上げでいいカンジ。
ここはダメ元で、有明海沿岸ロックフィッシュ調査へ単独で向かう。
ボチボチとフィールドに向かうと19時に到着。
さすがに12月後半だと19時でも夜の帳が下りている。
すぐに準備をはじめるが、外気が恐ろしく冷たい。
急な冷込みにまだ自分の身体がついてきていない。
気温3℃。体感温度は氷点下。
完全防備もあまり実感はなく、情けないことにラインも十分に結べない。
そんな寒さが幸いしたか・・・?

今日はすぐに結果が出た。

20091200101.jpg 


10cmくらいのタケノコメバル。
これからこのくらいのチビッコの猛攻がはじまる。

20091200102.jpg 


足元から10cmくらいの春告魚(メバル)

20091200103.jpg 


すぐに同型の春告魚 2本目。
このサイズが多いらしく、キャストのたびにコンコン当たってくる。

20091200104.jpg 


もちろん、このサイズはすべてリリース。

20091200105.jpg 


撮影するのも途中で面倒になってきた・・・(笑)

20091200106.jpg 


チビタケノコメバルも混じってくる。
ドリフトが自分のイメージよりもレンジが下がった時に下へひったくっていく。

20091200107.jpg 


綺麗にドリフトが流れにのって自分のイメージ通りにトレースできている時だけのってくる。

20091200108.jpg 


20本程キャッチできた後に上げの潮の流れの中のドリフトにズーンとした鈍い反応。

20091200109.jpg 


やっと出た18cmくらいの春告魚(メバル)
これで今日のところは満足にて終了。
というより、精神的にも身体的にも極寒に耐え切れなくなった。

そろそろ人が少なくなっただろうサーフへは行けなかったが、どうして有明海沿岸も捨てたもんじゃない。
相変わらず結果が出るときは呆気ない。
こうした「偶然」を少しでも「必然」に変えれるように、引き続き、ボチボチとでもフィールドに立ち続けたい。
 
 

   

Blog Ranking 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 


2009年5月1日にホームページ「陸っぱり疑似餌釣研究所」を更新しています。

筑後川 鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 鱸(シーバス) 紀行」への釣行投稿を引き続き募集しています。



Tackle
Rod                    MajorCraft AirLights AL-T762PE
Reel                    Shimano  07 Stella C3000S
PELine                Gosen GL-701 剛戦®Xsw 14Lb.(♯0.8 ) 150m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size10
Shock Leader       Nyron 4Lb.
Lure                   Jig Head + Soft Lure




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
 

 

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/21(月) 00:00:00|
  2. 有明海沿岸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。