筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月の回顧

3月の終わりに本格的にシーズンインしてから、5月のゴールデンウイークあたりは、大型がよく残っている時期なのかもしれません。水温との問題で、ほとんどがナイトゲームしかやらない自分でさえも、デーゲームを敢行したりします。まあ、それだけ試行錯誤ということです。5月もアフタースポーンの魚体が多く見られるけれど、中にはもう回復しているものもいます。5月も中旬くらいになると個体的に優位な大型だけでなく、60cm台70cm台の中型が多く見られるようです。この頃になると、水温の上昇と体力の回復につれて、活性があがり、中層でもバイトが多くなる傾向にあるようです。鱸はその魚体の構造上、自分より下層にいる獲物には反応が鈍いと考えられます。そのため、マールアミーゴなどの高比重型では、リトリーブがスローではレンジが下層すぎて反応が鈍くなり、ファーストでは大型は反応しづらくなると考えられます。もちろん、通年を通して、高比重型で釣れないことはありません。筑後川で高比重型バイブレーションは重宝するルアーのひとつです。ただ、「高比重型バイブレーションじゃないと釣れない」とか「遠投しないと釣れない」などといったことはありません。5月は幸運にも90オーバーを2本キャッチできました。しかしながら、大型になればなるほど、病気などの可能性が高くなるため、不幸にも100cmは不健康な魚体でした。非常に残念です。
今年、もう1本100cm釣れるかどうか?
「答えはフィールドにしか存在しない」
フィールドに立たなければ、釣れないことは確かです。
  


スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/05/31(木) 23:00:00|
  2. Comment
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2007.05.009

Field Date                31.May.2007 
Field Time                19:00 ~ 23:30 
Sea Bass Size            73cm   2.9kg 
Field Place                筑後大堰下流域  筑後川 
Field Information        大潮 (三池)  曇


夕方からフィールドインしたが、大潮で下げの流れが強く、安定していないカンジだった。ルアーに反応もなく、あきらめムードになりかけた時、試しに、強い流れの中に高比重型バイブレーションをキャストし、縦に強くジャーク気味に引いてみた。すると、「ゴンゴンググッー」とした明確で強いバイト。すぐにファーストジャンプ。何とかかわして対応すると、流れが強かったためか、思いのほか、あっさり浮いてきた。浅い掛かりだったが、テールフックにうまく掛かっており、ランディングポイントまで誘導し、フィシュホルダーでランディング。無事、キャッチできた。


2007.05.009


Tackle 
Rod                   Daiko Premier PRST-113L 
Reel                  Shimano TwinPower 4000 
PELine               Toray SaltLine SeaBass WhitePE 20Lb.(♯1.5 ) 150m 
Joint                  Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size8 
Shock Leader      Varivas Shock Leader 20Lb. NyronLine 
Lure                    HeavyWeghtVibration



テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/05/31(木) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2007.05.008

Field Date                 27.May.2007 
Field Time                 19:00 ~ 21:00 
Sea Bass Size            72cm   2.8kg
Field Place                筑後大堰下流域  筑後川 
Field Information        若潮 
(三池)  晴 



昨日の朝のいいカンジが残っており、夕方にかけてフィールドイン。下げで流れが適当にあり、いいカンジに思えた。(まあ、昨日の朝のイメージがあるからだと、思いますが・・・。)高比重型バイブレーションを流れの中にキャストし、縦に引いてくると「ガガッ」としたバイト。一拍おいて、大きくアワセるとすぐにドラグが鳴り、ラインが走る。ファーストジャンプをロッドを倒して何とかかわすと手前に走ってきた。ラインテンションが緩まないようにリールを巻込むと、今度はヘッドシェイク。寄っては突っ込むを繰り返す。最期に手前にきて、低いジャンプを繰り返すが、程なく浮いてきた。テールフックの外掛りだったが、フィシュホルダーでランディングし、何とかキャッチ。その後、1バイトあったが、のせることができないまま、本日はフィールドアウト。



2007.05.008


Tackle 
Rod                  Daiko Premier PRST-113L 
Reel                  Shimano TwinPower 4000 
PELine              Toray SaltLine SeaBass WhitePE 20Lb.(♯1.5 ) 150m 
Joint                 Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size8 
Shock Leader     Varivas Shock Leader 20Lb. NyronLine
Lure                   HeavyWeghtVibration


 

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/05/27(日) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2007.05.007


Field Date              26.May.2007 
Field Time              00:30 ~ 06:00 
Sea Bass Size         80cm 3.5kg  70cm 2.4kg  64cm 2.0kg 
Field Place             筑後大堰下流域  筑後川 
Field Information     長潮 
↗↘ (三池)  晴




上げの潮は微妙だったが、下げに入ると、潮の流れや動きが微妙にちょうど良いカンジに思えた。上げの潮の満潮間際で、流れの中から、高比重型バイブレーションに「ゴンッ」としたバイト。一拍おいてアワセると、ドラグが鳴り、ラインが走った。すぐにファーストジャンプ。何とか凌ぐと、手前に走ってきた。しかし、なかなか浮いてこない。そして、寄せては突っ込むを繰り返す。やっと、フィシュホルダーでランディングにこぎ付け、何とかキャッチできた魚は80cm3.5kgの良形の魚体だった。テールフックが魚の目の上に1本だけ辛うじて掛かっている外掛りの状態で、スローテーパーの11フィートのロッドだからキャッチできた1本だと思う。下げに入り、この日は、明け方前後にバイトが集中した。バイブレーションに70cm2.4kgがヒットし、キャッチすると、立て続けの短時間にバイブレーションに2バイトもあったが、いずれもファーストジャンプでバラシてしまった。ルアーのバランスが少し悪く、どうしても掛かりが浅くなりがちなので、食わせる工夫が必要なようでした。最後に、高比重型バイブレーションで64cm2.0kgをキャッチしてフィールドアウトした。高比重型バイブレーションにもかかわらず、しっかり飲み込まれていた。手前にきて、テトラポット側に走られ、PEが擦れるカンジもし、飲み込まれてもいたので、魚体のサイズもそこそこだったことから、強引にやりとりし、力技で何とかキャッチ。ランディング後、PEを手で引っ張ると「プツッ」と切れ、ショックリーダーも当然ガサガサで、手で引っ張ると「ブチッ」と切れた。まさに薄氷のやりとりだった。


2007.05.007.012007.05.007.022007.05.007.03

Tackle 
Rod                     Daiko Premier PRST-113L 
Reel                    Shimano TwinPower 4000 
PELine                Toray SaltLine SeaBass WhitePE 20Lb.(♯1.5 ) 150m 
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size8 
Shock Leader       Varivas Shock Leader 20Lb. NyronLine 
Lure                    HeavyWeghtVibration & Vibration


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/05/26(土) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2007.05.006

Field Date               23~24.May.2007 
Field Time               22:00 ~ 02:30 
Sea Bass Size         73cm   3.0kg 
Field Place              筑後大堰下流域  筑後川 
Field Information      小潮 
(三池)  雨


雨が降ったりやんだりだったが、雷が鳴っていなかったので、フィールドイン。バイブレーションに2バイトあったが、いずれもファーストジャンプでフックアウトしており、少し悔しさも手伝って粘ってみた。流れのヨレの奥にバイブレーションをキャストし、流していると、流れのヨレからでたところで、思った通り「コゴンッ」とバイト。一拍置いて、大きくアワセるとドラグが鳴り、ラインが走る。そして、ジャンプ。ロッドを倒してのやりとりで、何とか凌げた。沖でのヒットなので、ジャンプやヘッドシェイク、寄せては突っ込むことを繰り返すが、がっちりフロントフックに掛かっており、比較的余裕を持って、対処できた。フィシュホルダーでランディングし、無事キャッチできた。


2007.05.006


Tackle 
Rod                     Daiko Premier PRST-113L 
Reel                    Shimano TwinPower 4000 
PELine                Toray SaltLine SeaBass WhitePE 20Lb.(♯1.5 ) 150m 
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size8 
Shock Leader       Varivas Shock Leader 20Lb. NyronLine 
Lure                    Vibration


 

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/05/24(木) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2007.05.005

Field Date                 20.May.2007
Field Time                 22:00 ~ 00:00 
Sea Bass Size           40cm 
Field Place                 筑後大堰下流域  筑後川 
Field Information         中潮 
(三池)  晴


昨日のパターンから気分よく、またまた地合をみてフィールドイン。ライントラブルが多発したので、PE1.5号に戻した。そろそろ地合は過ぎ気味?と思いながらも、ギリギリまでキャストを続ける。シンキングミノーをトィッチしながら足元まできっちりトレースする。足元で長いポーズを入れ、動き始めの瞬間に「ググッ」と抑えこむような引き込んだバイト。サイズは小さかったが、テールフックをきっちりくわえていた。サイズもサイズなので、難なくランディング。「鱸になってまた会いに来てね!」とかなり無理な注文を付けつつ、キャッチ後、速やかにリリースすると、元気よく筑後川へと戻っていった。


2007.05.005


Tackle 
Rod             Daiko Premier PRST-113L 
Reel            Shimano TwinPower 4000 
PELine         Toray SaltLine SeaBass WhitePE 20Lb.(♯1.5 ) 150m 
Joint            Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size8 
Shock Leader    Varivas Shock Leader 20Lb. NyronLine 
Lure            SinkingMinnow


 

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/05/20(日) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2007.05.004

Field Date                19.May.2007 
Field Time                21:30 ~ 23:00 
Sea Bass Size           78cm   3.5kg 
Field Place               筑後大堰下流域  筑後川 
Field Information       中潮 
(三池)  晴




昨年の秋にハマッたパターンを目論んで、地合をみてフィールドイン。PEラインを1号に落とし、シンキングミノーの飛距離を稼ぐ作戦。どちらも、ズバリ当たった。そろそろ地合かなと思っていた頃、目一杯、沖へ遠投したシンキングミノーがヨロッと泳ぎ、水を捕えた瞬間に、「ガッググッ」としたバイト。一瞬、「ボラかな」と思った不安を打ち消してくれる派手なジャンプ。何とかかわして、ファイトに持ち込む。ドラグが鳴り、ラインが走る。1.5号から1号に落としたこともあり、いつもより少し慎重なやりとり。元気がよく、何度もジャンプとヘッドシェイクを繰り返す。フロントフックにがっちり掛かっており、ランディングポイントまで誘導して、フィシュホルダーでランディング。無事、キャッチできた。「釣れた」のではなく「釣った」カンジのする、かなり納得の1本!



2007.05.004


Tackle  
Rod                 Daiko Premier PRST-113L  
Reel                 Shimano TwinPower 4000 
PELine              Toray SaltLine SeaBass WhitePE 15Lb.(♯1.0 ) 150m 
Joint                 Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size8 
Shock Leader     Varivas Shock Leader 20Lb. NyronLine 
Lure                   SinkingMinnow



テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/05/19(土) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2007.05.003

Field Date                05.May.2007
Field Time                19:00 ~ 20:00
Sea Bass Size           91cm   6.7kg 
Field Place               筑後大堰下流域  筑後川   
Field Information       中潮 (三池)  晴


2日前の100cmがあったので、リベンジと思い、同じ場所に入った。同じメタルジグで手前から順に攻めていき、沖へキャストし3分の1くらいリーディングしたところで「ゴンッ」ときた。すぐにドラグが悲鳴をあげ、あっという間にラインがでていく。ジャンプやヘッドシェイクの素振りもなく、ただトルクフルにグイグイとなす術なく100m以上ラインが出ていく。「ライン残量、大丈夫?」と不安になったとき、やっと止まった。突っ込んでは止まり、突っ込んでは止まりを繰り返すが、無理することなく、少しずつ少しずつ時間をかけて寄せてくる。夕暮れで暗くなりかけた水面に白い魚体が見えた時は、「鱸」と確信し、無性に嬉しかった。背掛りのスレだったので、ランディングは非常に困難を極めたが、滑りながらも、胸鰭にプライヤーをかけ、ハンドランディングで引きずりあげることができた。2日前とは違い、今回は全くの健康体で91cm 6.7kg!嬉しい1本だった。





2007.05.003


Tackle  
Rod                    Daiko Premier PRST 113L   
Reel                    Shimano TwinPower 4000 
PELine               Toray SaltLine SeaBass WhitePE 20Lb.(1.5 ) 150m
Joint                   Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size8
Shock Leader      Varivas Shock Leader 20Lb. NyronLine
Lure                    MetalJig


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/05/05(土) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2007.05.002

Field Date     03.May.2007                               Field Time      18:00 22:30                             Sea Bass Size    70cm   2.2kg                                   Field Place             筑後大堰下流域 筑後川              Field Information         大潮 (三池) 晴


今日、朝の100cmが色んな意味で頭に残っていたので、フィールドを変えて、地合だけで攻めてみようとフィールドイン。満潮近くなり、大潮でもあったため、水位が高く、潮止まり直前といった頃に小型のバイブレーションを沖に向けてキャストしていると、ほぼ着水と同時に下から食い上げの「ゴゴッツ」というバイト。すぐにジャンプし、ドラグが鳴り、ラインが走る。沖でのヒットだったので、寄せるのに少し時間がかかったが、テールフックにガッチリ掛かっており、ハンドランディングできっちりキャッチできた。



2007.05.002


Tackle                                               Rod                Daiko Premier PRST-113L                             Reel                Shimano TwinPower 4000                                 PELine           Toray SaltLine SeaBass WhitePE 20Lb.(1.5 ) 150m


Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size8                       Shock Leader    Varivas Shock Leader 20Lb. NyronLine                     Lure                  Vibration


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/05/03(木) 01:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No.2007.05.001

Field Date     03.May.2007                               Field Time      06:00 09:30                             Sea Bass Size    100cm                                    Field Place             筑後大堰下流域 筑後川              Field Information        大潮 (三池)  晴



ゴールデンウィークで、朝から何気なくキャストしていたメタルジグに、いきなり「ゴンッ」としたバイト?すぐにドラグが鳴り、ラインが強烈に出ていく。しかし、ジャンプやヘッドシェイクする気配もなく、トルクフルなファイト。すぐに、2~3日前の草魚とのファイトを思い出す。どうせ、草魚と思いつつ、魚体が確認できると、「白い」!「鱸」と確信し、慎重にやりとりをすると、案外、すぐに寄ってきた。背中へのスレ掛りだったので、ランディングには苦労したが、ハンドランディングで何とかキャッチできた。100cmではあったが、健康体でない魚体で、鰭もボロボロだった。デットリリースとなってしまい、非常に残念な結果となった。


 


2007.05.001


Tackle                                               Rod                Daiko Premier PRST-113L                             Reel                Shimano TwinPower 4000                                 PELine           Toray SaltLine SeaBass WhitePE 20Lb.(1.5 ) 150m               Joint               Sasame 200-F RedPowerStainSwivel Size8                       Shock Leader    Varivas Shock Leader 20Lb. NyronLine                     Lure                 MetalJig

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/05/03(木) 00:00:00|
  2. 筑後川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。