筑後川 有明鱸(シーバス) 通信

「答えはフィールドにしか存在しない」・・・その答えを求めて有明鱸を釣る

File No. Floating Minnow - 001 (Lure)

Category       Floating Minnow  (Lure)
Name          K2F122β Monitor Package 
Produce       TACKLE HOUSE

Spec              122mm 20g

Color                Monitor Color 



「MONITOR  PACKAGE」・・・


最近はレギュラールアーがほぼ定着し、
闇雲に新しいルアーを購入することもなくなっていたところに、
ユーザー参加型のK2F122βの「MONITOR  PACKAGE」の発売!!

K-TEN001.jpg


現物見ないと納得しない性格なので、探してみるが、
どこも売り切れで探して放浪した・・・(笑)
購入しないと参加できないこともあったが、
カラーもフォルムも使えそうだったので、何とか購入してみる。

K-TEN003.jpg


すると「筑後川の釣友」=「破壊神」が、
もう「K2F122β」でキャッチしていた・・・(爆)

詳しくはこちらから、

http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php

飛距離は申し分なし・・・!!
自分のキャストでは「烈波120」よりも飛距離は出ている。

ただし、少しレンジが低いような印象。
普通に入れると80cmくらい入ってしまいそうなカンジ。

K-TEN004.jpg


ちなみに、自分はアイに4番のスプリットリングを装着し、
Type A はノーマルST-46 #2 にて
Type B はいつものように浮力調整でチューンして 
使用予定です。

いずれにしても、モニターアンケートを送れるように有明鱸をキャッチしてみたいものです。


 
あくまで2010年4月現在の個人的な印象ですので悪しからず・・・!



にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。
Blog Ranking 




2010年1月1日にブログ名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 通信」に変更。
2010年1月1日に掲示板名を「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」に変更。


筑後川 有明鱸(シーバス)釣行 掲示板「筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行」
2009年は64,000アクセス!!
筑後川での釣行投稿を引き続き募集しています。




最近、本ブログに「健康上級者の青汁」のバナーを入れています。これも、自分が毎食事にお茶代わりに飲んで「いい」と思ったものです。八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合しているため、少し粉っぽく独特の風味があるけれど、身体には「いい」と思えるから飲んでいます。青汁は野菜をあまり食べない罪滅ぼし程度に飲んでいましたが、どうせ飲むなら原末が多く出所がしっかりしたものがいいと思い、探したのが「これ」でした。あまりお安いものではないですが、御興味のある方は覗いてみてください。
 
 

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑
  

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/30(金) 00:00:00|
  2. Impression(Lure)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No. Jig Minnow - 004 (Lure)

Category       JIg Minnow  (Lure)
Name          アトール・ヨレヨレ 
Produce       谷山商事株式会社

Spec              80mm 16g

Color                村岡スペシャル イブランオレンジ(廃番)



「軽めのジグミノー」・・・


何となく「御茶目」なカンジのネーミングブランドやルアーを多数揃える谷山商事株式会社。

もともとがヘラブナ釣り具からはじまり、現在も卸問屋を展開している異色のメーカー。

港湾が主力のラインナップが多いのですが、大河川でも使ってみると「使える」ルアーがあるのも特徴かもしれません。
たぶん、設計外なのですが・・・(汗) 

この「邪道 アトール・ヨレヨレ」もそのひとつ。 

JM004 


ジグミノーとしては、小型軽量の80mm 16gの硬質発泡素材「EPS」ボディでしか実現できないメソッドが多く、ピンポイントで使用する頻度が多くなります。

普通のジグミノーより浮力があり、シンキングペンシルほど浮き上がらない中途半端・・・?なこの形状は、筑後川の流れにのせてドリフト気味に流し込むことが可能です。
もちろん根掛りの可能性は高いのですが、シンキングペンシルやジグミノーで流してみても反応がない時の最後の一手・・・!
ダウンクロスに流し込むのは、重過ぎず軽過ぎずで動きのいいこのジグミノーにしか今のところはできない荒業です。

もちろん、普通のシンキングペンシルのように泳がすことも可能ですし、ベイトサイスが小さい時には特に有効です。

いずれにしても、ピンポイントで「ここ」に「居る」状況で投入します。

硬質発泡素材「EPS」によるボディはプラスティック素材のものよりは弱くデリケートで脆いカンジです。

「熱」による変形や「塩」による影響にも非常に弱い印象です。

 
あくまで2009年5月現在の個人的な印象ですので悪しからず・・・!





八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合
もちろん、国内工場生産の青汁!

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑



にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。 
Blog Ranking
 
 

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/05/19(火) 19:00:00|
  2. Impression(Lure)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No. Jig Minnow - 003 (Lure)

Category       JIg Minnow  (Lure)
Name          スライドベイト ヘビーワン 
Produce       有限会社スカジットデザインズ

Spec              90mm 20g  90mm 28g

Color                20g レッドヘッド/オレンジ(縦ホロ) チャートマイワシ/オレンジ(縦ホロ)
               レッドマイワシ(縦ホロ) サヨリ(メッキ) レッドヘッドホロ(オリジナル)
            
28g  ピンクマイワシ(銀粉マグマ)     レッドヘッドホロ(オリジナル)




「スイム系ジグミノー」・・・?


「独創的で実用的」使ってみるとわかる「使える」ルアーを提供してくれる有限会社スカジットデザインズ。
流通量が少ないのが珠に傷なのだが・・・。
探すのが大変で・・・(泣)。

この「スライドベイト ヘビーワン」もそのひとつ。 

JM00302.jpg  


ジグミノーはその構造上、スリム系のものが多い中で、これは幅のあるカンジのジグミノー。
前述のスリム系ジグミノーの代表格「モンスーンブレーカー」と同様の「スイム系ジグミノー」ではあってもその性能には違いがある。
「モンスーンブレーカー」がそのフォルムや動きが筑後川では「サヨリ」を模していることが考えられるが、これは何だろう・・・?
少なくとも「サヨリ」ではないようである。
過去の季節要因的にもその傾向が顕著にあらわれる。
たぶんベイトが「サヨリ」から入れ替わることでこれに反応してくると考えられる。
いずれにしても「モンスーンブレーカー」と「対」で使用することが多く、使用状況や条件はほぼ同じ。
ウォブリング主体の動きで素直な綺麗な泳ぎ。
固定重心ではあるが、その飛行姿勢も素晴らしくコンスタントに飛距離が出る。

JM00301.jpg 


そしてスペックに90mmで20gと28gの設定があり、リトリーブスピードやトレースラインを変えることなく、レンジを変えられるのも強みである。
少しフォルムは違うが、「スライドベイト」90mm 11gの設定まである。
そういう意味では、システマティックな戦略展開が可能であり、非常に好感の持てる設定である。

欠点は、入手しづらい点。
そして、前述の通り、フィールド状況が案外セレクティブなこと。
現行のフックサイズがなぜか小さく「#8・・・?」に設定されているので、フロントをST-46「#4」テールを「#5」に変更して使用している現状など・・・。
以前は、ST-66と思われる超太軸フック設定だったのに・・・?
フック設定の変更は、移籍・・・?した某芸能人釣師に関係があるのだろうか・・・?(爆)

ちなみに、レッドヘッドホロ(オリジナル)は使い込んでボロボロになった「スライドベイト ヘビーワン」に自分でホロを貼り、レッドヘッドに塗装し、眼を入れたものです。
もちろん、一般には販売されておりませんので、悪しからず・・・(笑)  


 
あくまで2009年5月現在の個人的な印象ですので悪しからず・・・!
 



八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合
もちろん、国内工場生産の青汁!

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑



にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。 
Blog Ranking
 

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/05/11(月) 18:00:00|
  2. Impression(Lure)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

File No. Jig Minnow - 002 (Lure)

Category        Jig Minnow (Lure)
Name       スーパーウルム
Produce     株式会社 スミス

Spec          115mm  26g

Color          スラッシュレッドヘッド ピンクスラッシュ チャートスラッシュ 



「テンションフォールバイト・・・!」

老舗のルアーメーカー 株式会社スミス・・・!
話題性はイマイチでも、よく見定めて使ってみるとわかる基本性能の優れたルアーをいくつも持っています。


この「スーパーウルム」もそのひとつ。

SPJM-002.jpg 


癖のあるルアーのひとつです。
シンキングペンシルでは筑後川の流れが重すぎてコントロールしづらい場合にジグミノーを投入する訳ですが、前述のモンスーンブレーカーがスイム系のジグミノーであれば、こちらはフォール系のジグミノーです。
もちろん、スイムでもバイトしてきますが、ラインテンションをかけた状態でフォールをかけると、その綺麗な水平で小刻みなロールしながらのフォール姿勢がバイトを誘発します。

他のジグミノーもフォールバイトしてきますが、これはフォール及びフォールからのワンアクション目の上昇の動きが秀逸なのです

ここに鱸(シーバス)がいると確信できるピンポイントでテンションフォールをかけると「ガツッ・・・」としたバイトが多い。
ただし、ファールをかけるポイントはあらかじめバイブレーションなどで地形の確認をしないと当然、根掛りを多発させますので注意が必要です。

ジグミノーですが、フォール姿勢がいいことからも重心位置が中央よりなので、思ったほどの飛距離は望めません。



欠点はいくつかあります。
入手がしづらいので、見つけたら、案外、バイトしています(笑)


塗装が弱い。
購入してクリアカラーで塗装するくらいしか方法はありません。


致命的なのは、強度不足・・・!
キャストで障害物にぶつけると、ほぼ破損します。
具体的には、フロントフックの後ろでボディが真っ二つに折れます。
折れずとも割れることが多いので、障害物にぶつけた際には必ず入念なチェックが必要です。
テンションフォールでのバイトが多いルアーなので、障害物の際に撃ち込むことがもっともその能力を引き出すひとつの方法であることは間違いない筈なのですが・・・?



塗装が弱いことは、ある程度、致し方ないにしても、強度不足はいただけない。
破損するようなルアーの価格ではないはず・・・なのですが、悲しいことに現在のスミスのルアーのいくつかには言えることです。



強度に関しては老舗のルアーメーカーとしては絶対に改善すべきことだと思っています。

テスターからのフィードバックが機能していないのか・・・?どうかは不明ですが、強度に関してのこの程度の改善ができないのであれば、老舗の「スミス」の名前でのルアーの供給を止めるか・・・もしくは、価格をそれ相応(半値程度)にすべき・・・。


個人的には基本性能の中でも動きはいいものが多いとカンジているだけに、非常にもったいないと思っています。
そのため、今後の期待を込めて敢えて苦言を呈します。




あくまで2009年4月現在の個人的な印象ですので悪しからず・・・!
 

 



八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合
もちろん、国内工場生産の青汁!

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑



にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。 
Blog Ranking

 

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/29(水) 00:00:00|
  2. Impression(Lure)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

File No. Jig Minnow - 001 (Lure)

Category        Jig Minnow (Lure)
Name       ザブラ モンスーンブレーカー
Produce     株式会社バスデイ ジップベイツ事業部

Spec          115mm  29g

Color          ホロピンクバック    モスグリーンバックホロ 



「論理のモノづくり」 

同じボディで重量を変えてのラインナップなど、そのルアーは論理的でわかりやすい構成のバスデイ株式会社 ジップベイツ事業部。
 

この「モンスーンブレーカー」もそのひとつ。


SPJM-001.jpg  


固定重心ではありますが、そのフォルムと重量で飛距離は抜群です。
まさにその名の通り「季節風をものともせず突き割く」(モンスーンブレーカー)というカンジ。

このジグミノーというルアーカテゴリー自体が河川のシーバスをターゲットに創られたものではないはずなのだが、筑後川のような流れの重い河川では非常に有効な武器となる。

シンキングペンシルは比較的軽い流れの緩やかな状況が使いやすいカンジがしている。
そのため、シンキングペンシルの軽く水を受け流す泳ぎは、重く強い流れの中では所在不明になるか、泳ぎすぎて破綻するか、どちらかになることが多い。
そうした状況下で、しっかりとその重量と比重で所在を伝えて、かつ泳ぎきるのはこのジグミノーが優れているように思う。

潮汐の大きい筑後川においては同じ場所でシーバスの回遊待ちによる定点観測していても、その流れや潮の状況は刻々と変化してくる。
そんな状況下で、大雑把に言えば、流れが澱めばシンキングペンシル。流れが出ればジグミノーといった使い分けが有効だとカンジている。
要は、ルアーによって最適な流速があり、それに合わせて使うということなのだが・・・。

今ではジグミノーの使用頻度としてはバイブレーションよりも多く、自分の中ではすっかり筑後川での定番となっている。

そして、そのジグミノーの中でも比較的泳ぎの派手なものがこのモンスーンブレーカー。
フォールもそこそこなのだが、それよりもこのルアーはその少しバタついたスイムに特徴がある。
ロッドアクションやフォールよりも流れの中でのスイム中でのバイトが多い。
普通に泳がしているルアーに、突然「ガツッ・・・」とくるカンジ。
すなわち、スイム系ジグミノーなのである。

使ってみるとよくわかるが、自重の割には浮き上がってきてくれる。
もちろん、自重があるので、勇気はいるが、沈めれば底を探ることも容易である。
そういう意味では、マルチなルアーでもある。

欠点は、その泳がせるリトリーブスピードの幅が案外狭く、そのポイントが掴めないと有効性が発揮されないところである。
比較的バタついた泳ぎは、早巻きなどでは破綻し、スローでは沈む。
ロッドアクションも何もいらず、レギュラーただ巻きでいいのだが、流れとの相関関係もあってその有効なリトリーブレンジは案外狭いので、そういう意味では難しいルアーでもある。

そして、入手が難しい。
ホロレッドヘッドなどは未だに生産してくれない。
他のカラーはボチボチ生産してくれているので入手できる時もあるのだが、まだメジャーではない故の悲哀なのだろう・・・。

この筑後川でのモンスーンブレーカーに際しては、ジップベイツのホームページでのエピソード/2008年11月10日更新分にて掲載いただいているので、興味がある方は覗いてみてください。


 

あくまで2009年4月現在の個人的な印象ですので悪しからず・・・!

 



八丈島産のアシタバ粉末を93%以上配合
もちろん、国内工場生産の青汁!

健康上級者の青汁
    
御購入はこちら ↑



にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ 
上と下のバナーを各々「毎日1回」クリックお願いします。 
Blog Ranking 

 

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/14(火) 03:00:00|
  2. Impression(Lure)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2

Home

okappribanner.gif

東洋式疑似餌釣研究所

touyousiki.gif

Profile

筑紫次郎

Author:筑紫次郎
 
北部九州を流れる大河

   「 筑 後 川 」

この大堰を構える大きなフィールドに
「天」  「地」  「人」 の姿勢で臨む
「筑後川本流有明鱸疑似餌釣師」

有明鱸(60cm以上のシーバス)を
疑似餌を使って釣る事を通して、
環境やアングラーのフィールドへの
姿勢や責任を考える。

Unique Total Counter

Online Counter

筑後川 有明鱸(シーバス) 紀行

筑後川での有明鱸(シーバス)をメインに 釣行報告を募集いたします。 (行ったけれど、 結果が出なかったもOK!) 筑後川 釣行 掲示板

殊更に言うまでもなく、 節度ある御利用をお願いいたします。 御批判の範疇を超えて 誹謗中傷する記事や 著しく不利益と考えられる記事などは 管理者の判断で予告なく削除する場合があります。

Comment

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Anglers Net

AnglersNet

 

釣りなび

釣りなび

 

爆釣速報

Bakusoku

爆釣速報WEBマスターNovさん

Novlog

入道に出逢いたくて

nyuudounideaitakute.jpg

 

風来坊

fuuraibou.jpg

 

Link

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


東 洋 式 疑 似 餌 釣 研 究 所            

まっいっか

OCEANUS ひたすらルアー釣行記

釣り命!!そうでもないか!?

キーストン くぼけんブログ

九州四季釣行

タケノコメバルハンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Tide Graph Information 

Weather Information 

お天気プラザ お天気アイコン

Topics

Category

Archives

Tide Graph

福岡県-三池
提供:釣り情報フィッシングラボ

Rssフィード

Track Back

Search

QRコード

QR

Blog Ranking Clic Here ↓

Blog Ranking Banner 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ